シティの最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

シティとは?

「シティ」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からシティを知る事ができるまとめサイトです。

シティとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 シティ」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 シティ」に関する質問集です。

シティの知りたいことや、みんなが疑問に思っている シティに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので シティへの疑問が解消されます

『アーセン・ヴェンゲル』監督は、今年こそ解任されますか? ( ̄▽ ̄) アーセナルの悪運も、ほぼ尽きましたなぁ…( ̄▽ ̄) かつてはプレミアの優勝候補だったらしいですが… 私が欧州サッカーに興味を持ち始めた頃(10年前くらい)には既に… ( ̄▽ ̄) 「"毎年、UEFA CL出場権だけは"、手にするクラブ」 となっており…( ̄▽ ̄) 優勝候補からは程遠いクラブとなっていました。
( ̄▽ ̄) チェルシーやユナイテッドでさえ、ポロポロとCL出場権すら落としてる中で… 「毎年CL出場権だけ」でも手にするのは、実は凄い事だとは思いますが…( ̄▽ ̄) 今季は流石にもう無理でしょう。
( *´艸`)クククク エバートン以下の7位となり、EL出場権さえ逃す事も、今の状況なら充分にあり得ます。
( ̄▽ ̄) ※あ、いや… 別にグーナー(アーセナルファン)達を煽ってる訳ではないので。
( *´艸`) ☆ さて…( ̄▽ ̄) ここ数年、「ヴェンゲルの限界」が語られて来ましたが 流石に今季このまま『CL出場権』を逃すと、ヴェンゲルは解任され、チームも刷新されるのでしょうか? ま、『チェルシー』、『ユナイテッド』、『シティ』、『リヴァプール』、『アーセナル』、『トッテナム』と…( ̄▽ ̄) プレミアは、「強豪リーグの中では、圧倒的にCL出場権を確保するのが難しいリーグ」だとは思いますが…( ̄▽ ̄) 特に、(日本に多いとされる)アーセナルファンの方々は、「いい加減、解任して欲しい」と思っているのですか?( ̄▽ ̄) 私自身は、「代えれば、もっと悪くなる可能性もまた高い」と思っていますが…( ̄▽ ̄)

俺が持っているワールドサッカーダイジェストを引用するなど墓穴を掘ったな。
このマヌケは。
お前が慣例、慣例と宣って引用しているロベルト・ロッシのたった3ページの記事にあるのは単にインテンシティをアグレッシブなハイプレスを実行する表面的な現象を表現しているだけで具体的なフィジカルの説明など一切、無い。
だがその中でも短い記述でこうある。
アグレッシブなプレスを続けるには肉体的なフィジカル、コンディション以上にメンタルが重要になってくると最後のページにあるのをお前は見落としているのか、無視しているのか? 残念だったな。
これでお前が詐欺師である事が確定したな(笑) 何れにせよこんな記事は表面的で抽象的な説明でしかなくこの程度を慣例などと呼んで思考停止しているお前がいかに浅はかで時代遅れな愚か者かを証明する切っ掛けになったな。
そんなお前みたいな奴への当て付けのように今月号のfootballistaがサッカーとメンタルの具体的な特集を組んできた。
現代フットボールでは脳=フィジカルと認識するのが常識でありフットボールの攻守の切り換えが速くなったのは脳トレの発達によるのが大きな要因であり、そのメソッドがいくつも紹介されている。
心の筋肉を鍛えるという概念。
エモーショナルマッスル。
ドイツではホッフェンファイムのような中小クラブも導入しているIT技術を駆使した周辺視野を鍛えるトレーニング。
イタリアではトリノでも取り入れている認知、判断力を鍛える統合型の戦術トレーニング。
など。
お前のようなあの程度のチンケな記述しか慣例と称して引っ張ってこれないような奴がいかに時代遅れなカビの生えたゴミかよく分かる最先端メソッドだ。
お前のような奴がそんなものについていけるはずもないのに話が噛み合う訳がないだろうが。
おまけに長文で表すほどの内容でもないのに表現するのが面倒くさいなどと言って脳の力が低い事実も自分で証明している事にも気付かない体たらくでますます滑稽千万だな。
スポーツにも役立つ知能指数が低くない事を証明したのか何だか知らんがまるでフットボールでは使えない脳の持ち主である事も証明してしまったな(笑)

日本語が苦手なので教えて下さい。
. football_intensityが「インテンシティという言葉はフィジカルではなく脳の強度という意味で使われている」と言い張るので、フィジカルの強度という意味で使われている例として、下に引用した記事を見せたのですが、未だに言い張っています。
これをどう読んだら「脳の強度」になるのでしょうか? また、football_intensityによると「具体的なフィジカルの説明など一切、無い。
」とのことですが、僕にはフィジカルについて記載されているようにしか見えません。
【引用】―――――――――――――――――――――――――― そこで再確認されたは、テクニックや戦術的オーガナイゼーションという観点において同等のレベルにあるならば、体格、パワー、スピード、持久力といった広義のフィジカル能力で上回る方が、つまり、より高いインテンシティーでプレーする方が、より優位に立ちやすいというシンプルな事実だった。
(WORLD SOCCER DIGEST No.422 45項) https://www.amazon.co.jp/dp/B00O3GPS2M/ ―――――――――――――――――――――――――――――― football_intensity「インテンシティとは脳の強度」 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12172528457#a422182253 football_intensity「[(WORLD SOCCER DIGEST No.422 45項に)具体的なフィジカルの説明など一切、無い。
」 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11173083551

ホンダ・シティ

ホンダ・シティ

シティ(City)は、本田技研工業が生産・販売している小型自動車である。

また、本項では下記のモデルについても便宜上記述する。
当時の主力小型車であったシビックよりも更に小さいコンパクトカーとして開発され、初代は「トールボーイ」と呼ばれる斬新なデザインが話題を呼び、一大ブームを巻き起こした。1986年に2代目にフルモデルチェンジし、1995年に販売終了となった。

その後、1996年に東南アジア地域向けに開発されたBセグメントクラスに相当する4ドアのコンパクトセダンとして復活した。4代目は、日本でフィットアリア、6代目は日本ではグレイス(2020年7月10日を以って生産終了)、中国では初代グレイズとしてそれぞれ投入された。

日本・欧州向けのハッチバックモデルだった初代・2代目とも3ドア車のみであった。当時の同じクラスの他社の車種(トヨタ・スターレット、日産・マーチ等)には5ドア車も用意されており、販売終了まで5ドア車が設定されなかったのは極めて異例である。
1986年10月31日に発表・発売された。キャッチコピーは「才能のシティ」。

このモデルチェンジにおいて、コンセプトに大きな変化があり、「クラウチングフォルム」と呼ばれたロー&ワイドなデザインとなり、軽量な車重(ベーシックグレードは680kg)と相まって、走行性能の向上がなされた。エンジン構成はD12A型(1カム4バルブのSOHCエンジンは1986年当時、国産車としては初のメカニズム)のみで、装備品等の違いによって「GG」/「EE」/「BB」の3グレードで商品展開を行った。

1988年10月、マイナーチェンジが行なわれ,主力エンジンはD13C型に変更された。この時従来のシングルキャブ仕様に加え、PGM-FI仕様が追加された。シングルキャブ仕様は、1.2Lの「BE」の他1.3Lの「CE」/「CG」が設定され、PGM-FI仕様は「CR-i」/「CZ-i」の2グレード構成となった。

中期には販売力強化を目的に、「CE」の装備を充実させたお買い得グレード「CE Fit」、PGM-FI仕様では「CR-i」ベースの限定高級グレードである「CR-i Limited」が投入され、後期には「CZ-i」グレードにマイナーチェンジが施される。

最終的に販売終了時点では、グレードの統廃合により「Fit」/「CR-i」/「CZ-i」の3グレード構成となる。

初代と大きく変化したエクステリアや、ターボ車・スポーツグレードの未設定といった商品力の乏しさがユーザーには受け入れられず、売れ行きは低迷し1994年3月に生産中止、翌1995年12月末を以って販売終了。シティという名称を持つ国内モデルはこの代で途絶え、GA系車両としては1996年に「ロゴ」(GA3/5)が実質的な後継車種として発売された。生産終了前月までの国内新車登録台数の累計は16万7521台。

1996年、東南アジアをターゲットに開発された(いわゆるアジアカー)小型セダンで「シティ」の車名が復活した。

EK型シビックセダン(シビックフェリオ)をベースにしているが、さまざまな改良・コストダウンが図られている。1996年4月にタイのアユタヤ市に建造した新工場で、70%の部品を現地調達により生産が開始された。1997年2月までには14,352台がタイ国内で販売され、1996年の45万バーツ以下のセグメントにおいて66%のシェアを得ている。タイでの生産を手始めに、台湾、フィリピン、マレーシア、パキスタン、インドで次々に生産が開始された。

エンジンは当初1.3Lのみであったが、後に1.5Lが追加された。グレードは主に「LXi」、「EXi」の2種類がある。下位グレードの「LXi」はパワーステアリングやパワーウィンドウ、カーラジオなどが省かれた最低限の仕様となっている。前期型のバンパーは輸送コストを抑えるため3分割構造となっていた。

2000年にフェイスリフトが行われ、「City Type Z」と名称が変更された。3分割バンパーは一般的な一体成形に変更される。2001年に登場した「VTi」は、115hpのSOHC16バルブ VTECエンジンが搭載され、四輪ディスクブレーキや、リアスタビライザーが付くなどスポーティな仕様となっている。

2002年発表。フィットをベースに、東南アジアのみならず中国市場などもターゲットにした国際戦略車種として開発された。ホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッドや広汽ホンダなどで生産され、日本でもタイからの輸入車がフィットアリアの名前で販売されていた。タイとインドではフェイスリフト後は「City ZX」とネーミングされているが、その他地域は「City」のままである。当初、1.5Lモデルは8バルブ仕様のみであったが、後にVTEC・16バルブ仕様のほか、1.3Lも追加された。それぞれMTとCVTがあり、グレード構成は国によって異なる。後席はベースとなったフィットから“ウルトラシート”が継承されているが、インド向けではコストダウンおよびLPGタンク搭載を前提とし、固定式に変更されている。

2005年9月にはフェイスリフトを行った新型が発表され、10月にタイ、マレーシアで発売された。一番の変更点は新しいエクステリアで、フロントグリル、ヘッドライト、フォグライト、テールライト、バンパーが新しくなり、フロントエンドが65mm、リアエンドが15mm長くなった。ドアミラーは電動格納式に変更。i-DSI、VTECの両グレードとも15インチのアルミホイールが標準となった。インテリアの変更点はわずかだが、ドライバーアームレストの改良やマップライトの追加がある。

エンジンは変わらないが、インテークマニホールドが改良され、吸入空気の温度が10%下がっている。サスペンションもアップグレードされた。タイ、フィリピン、パキスタン、シンガポール、マレーシアではi-DSI、VTEC 両グレードにCVTを用いている。CVTは7速マニュアルモードを持つ、パドルシフトが付く。

2008年5月末には全世界での累計販売台数が100万台を超え、ホンダの基幹車種と位置付けられている。

中国では、現地合弁会社の広汽本田が自主ブランド「理念」(Everus)の最初の市販車として、シティをベースにした理念・S1を2010年末の広州国際モーターショーにて発表し、2011年4月18日に発売した。

2008年9月10日発表。エクステリアはコンパクトながら存在感のあるフォルムを、インテリアは開放感と安心感との両立を目標にデザインされた。エンジンは2代目フィットと共通のL15A型を搭載し、出力・燃費・環境性能の進化を目指した。フィリピン、パキスタンなどでは1.3L、中国では1.8Lもラインナップされる。

インドではシティが2008年の発売以来中型セダンのベストセラーとなり、これまでシティの最大のマーケットであったタイを凌ぐまでになった。2010年10月には内装にレザーシートなどを装備するラグジュアリー仕様の「エクスクルーシブ」が発表された。なお、先代型のインド仕様において省略されていたウルトラシートは、今回も採用されていない。

2009年2月オーストラリアにおいてシティが発表された。1.5Lの「VTi」と「VTi-L」の2モデルが用意されタイから輸入される。2009年からブラジルでも生産が開始され、。搭載されるエンジンは1.5L SOHC16バルブ i-VTECのみで、フレックスフューエル対応が施されている。

南アフリカでは2011年より新型バラードとしてシティを販売する。

2011年9月にフェイスリフトが行なわれ、フロントグリルや前後バンパー、テールランプデザインが変更されたほか、全長が20mm伸び、最低地上高が160mmから165mmになった。内装にも手が加えられている。デュアルエアバッグが標準装備となった。

ホンダが進めるグローバルオペレーション改革の一翼を担う車両として、3代目フィットをベースに開発され、2013年11月25日にインドで発表された。インド向けの生産はホンダカーズインディア・リミテッド(HCIL)で行なわれ翌2014年1月より発売を開始した。

コンセプトは「Advanced and Cool Stunner」で、クールでスポーティなデザインと広い室内、クラストップの燃費と快適性を持った車を目指した。ボディサイズは大きく変わらないもののホイールベースが先代より50mm伸びた結果、室内空間が歴代最大の広さになった。

エンジンはそれまでのガソリンエンジンに加え、アメイズに次いでディーゼルエンジンも設定。インドでは「E」、「S」、「SV」、「V」、「VX」の5グレードの展開で、それぞれディーゼルとガソリンエンジンが選択できる。トランスミッションはガソリンモデルが5速MT、ディーゼルモデルが6速MTが標準装備となり、ガソリンエンジンの上位グレード、V、VXのみにCVTが設定される。

全グレードにマルチインフォメーションコンビネーションメーターという多機能メーターが装備され、上位モデルではタッチパネル操作エアコンや、後部座席用充電ポート付エアコンベントなども装備される。

2014年1月23日にはタイでも販売が開始された。E85燃料に対応、インド仕様にはない6エアバッグ、VSA、ヒルスタートアシストなどの安全装備が用意される。

2014年6月、台湾市場にて発表。ガソリンモデルのみ投入される。

2014年12月1日、グレイスの車名で日本市場において発売開始した。発売当初、オリジナルのセダン4代目シティと異なり、ハイブリッド専用車種であったが、2015年6月19日にガソリン車が追加発売された。

2015年4月18日、広汽本田汽車が上海モーターショーにてシティ(中国名:鋒範)を発表、同年8月28日販売開始。

2015年9月22日、東風本田汽車がグレイズ(中国名:哥瑞)を発表、同年11月7日販売開始。シティと前後デザインが異なる中国専用の姉妹車である。

2016年9月2日、東風本田汽車がジーニア(中国名:竞瑞)を発表、翌10月末発売開始。グレイズをベースに5ドアファストバックセダン化したモデルとなる。

2019年11月、タイ王国で発表。翌2020年からシンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナム市場に順次投入される。ボディサイズは先代より一回り拡大された。ホイールベースは先代と同一(ただしタイ仕様のみ11mm短縮)。

また、これまでは4ドアセダンのみであったが、2020年11月24日にはタイで5ドアハッチバックが発表され、ラインナップに加わった。一部市場ではそれまでジャズ/フィットに代わるものとみられている。ただし、シティハッチバックはフィット/ジャズより一回り大柄である。

グレードの設定は地域によって異なるが、最上位グレードとして外観をスポーティーに仕立てた「RS」が設定される。

エンジンはタイ仕様のみ同国政府のエコカー認定基準を満たすためにインタークーラー付きターボチャージャーを搭載した1.0L・直列3気筒DOHC12バルブガソリンエンジンが搭載される。それ以外と国・地域向けには1.5L・直列4気筒DOHC16バルブガソリンエンジンが搭載される。トランスミッションは全車CVTのみとなる。

また、2020年8月にはi-MMD 仕様がマレーシアで世界デビューを飾った。RSグレードに1.5L・直列4気筒DOHC16バルブアトキンソンサイクルガソリンエンジンが搭載され、Honda SENSING、Honda LaneWatchといった運転支援システムも装備される。同年11月24日にはタイでもe:HEV仕様のRSがラインナップに加わった。
現在シティはアユタヤ(タイ)、グレイターノイダ(インド)、ラホール(パキスタン)、アローガジャ(マレーシア)、広州(中国)、サンタローザ(フィリピン)、アダパザル(トルコ)などで生産されている。
2011年よりアルゼンチンカンパーナの新工場での生産を開始。2011年まではブラジルのスマレーでも生産していた。

「ターボII」によるワンメイクレース「シティブルドッグレース」が開催されていた。専用のエアロパーツを装備した戦闘的なスタイルだったが、重心の高さ、ホイールベースとトレッドとのバランス及びタイヤの設定等から転倒する車両が相次いだ。1984年にはカメラを積んでいた松田秀士も鈴鹿サーキットの1コーナーで転倒し、リタイアしている。また、走行中のハンドルの不安定さを指摘していた。

後期モデル「CR-i」(GA2型)は、軽快なエンジンフィール、軽量なボディと低重心、四隅に配置されたタイヤやシンプルなサスペンション構成を活かして、レース、ラリー、ジムカーナ、ダートトライアルといった多くのモータースポーツで活躍した。燃費性能にも優れており、N1耐久シリーズ(現:スーパー耐久)のような耐久レースでも強さを発揮した。

コーナースピードと脱出加速能力がものを言う中小規模サーキットでの走行では、上位クラスにとっても侮れない存在であり、特にジムカーナでは、2003年にレギュレーションが変更されるまでのA1クラスにおいて、この車でなければ勝てなかったと言われていた。更には高いチューニング耐性から、改造車クラスであるC1クラス(現:SCクラス)でも多数が出走した。登場から30年が経った2018年時点でも全日本シリーズに参戦している車両がある。

現在も、競技ライセンスを必要としない非公式競技では参加台数も少なくない。

この頃のホンダ車は『紙のボディ』であるとよく言われていたが、本車もボディ剛性が高いとはいえない。

3代目は、タイで「City-R」ワンメイクレースが行われていた。

1981年の初代シティ発売時には、イギリスのスカバンド・マッドネスを起用したテレビCMも話題を呼び、井上大輔作曲、マッドネス演奏・歌唱の「シティ・イン・シティ(In The City)」に「ホンダ ホンダ ホンダ ホンダ…」の合いの手が入ったCMでも有名になった。CM中でマッドネスのメンバーが踊るダンスが「ムカデダンス」(正確にはナッティー・ウォーク)として流行した。

このCMで使われた歌や「ムカデダンス」は、当時の人気テレビ番組『8時だョ!全員集合』で加トちゃんケンちゃんがギャグのネタにするほどであった。当時のホンダ四輪宣伝担当は、発売前のホンダ社内での会議で「加藤茶と志村けんにムカデダンスをやってもらいたかった」と発言していたが、加藤と志村への根回しはしておらず、またCMに2人を起用することはなかった。しかし偶然ではあったが、その発言が違う形で現実となった。

ソフト99が1982年に、初代CMのパロディCMを製作し放送。作中に本物のシティが使われた。また、1980年代には石川県の観光ホテル高州園(現・ホテルこうしゅうえん)のCMにおいても、ムカデダンス及び扇のポーズがパロディされている。
初代は発売時からホンダ店で、1985年にホンダプリモ店、ホンダクリオ店設立後はプリモ店、クリオ店の併売となり、2代目はクリオ店専売車として取り扱っていた。
https://www.honda.co.th/cityehev ホンダ・シティe:HEV(タイ仕様)]


詳しく見る