フォーカスの最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

フォーカスとは?

「フォーカス」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からフォーカスを知る事ができるまとめサイトです。

フォーカスとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 フォーカス」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 フォーカス」に関する質問集です。

フォーカスの知りたいことや、みんなが疑問に思っている フォーカスに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので フォーカスへの疑問が解消されます

ロードバイクについて 現在コガのキメラUDの2011モデルに乗っておりますが、この度新車を購入しようと思っております。
キメラの前はLOOK565に乗っていましたが下りの腰高感とセッティングしてもどうもしっくりこなかったため手放しました。
キメラはフィット感と下りの安定性は抜群なのですが、どうも購入当時からペダリンングの重さというか引きずり感が気になっていました。
ホイールもレーゼロやレースピ等反応の良いホイールに変えて大分改善されたと思います。
しかし最近妻にフジのミドルグレードカーボンロードを購入し乗り比べたところ1キロ以上重くホイールも大したものではないフジのほうがペダリングが軽く良く進むことにショックを受け新車購入を考えています。
セカンドバイクで持っているフォーカスのカイヨやメリダのリアクトも同じく重量は重いのですが登りはキメラより軽く感じます。
BBハイトが影響しているのかもしれませんが安定感を取るか、ペダリング軽さを取るかどちらか犠牲になるのかもしれませんが次に候補として考えられるモデルがありましたら先輩方にお教えいただけると幸いです。
身長171cm、体重69kg、ロードバイク歴13年程度。
(行きつけのショップはあまり乗り味等の情報がない)

他人のカスタムを貶し罵る人って余裕なさすぎません? (笑) 車にもバイクにも言えることですが、 比較的嗜好性が高まるスポーツカーであったり、バイクで言えば移動の足の範囲を超える排気量帯(250cc~くらい?)のバイクに乗っている時点で個人の趣味ですから、他人がどうこう言う筋合いもないですよね。
さらにカスタムとなればザ・趣味ですから、他人のそれに文句なり批判なり言うのはナンセンスもいいところだと思うのですが。
他人を見下して、自分を落ち着かせようという 心の余裕がない人だと思いません?(笑) 嗜好性という言葉にフォーカスすれば、例えばシャコタン(今風に言えばローダウンか?)だったり鬼キャンだったり、バイクで言えばロケットカウルや三段シートなどが、この嗜好性の範疇の極点とも言えるでしょうか。
(…実際、嗜好性というより、という感じもしますが(笑)) 私個人の意見として正直言いますと、それらをカッコイイとも思いませんし、やろうとも思いません。
ただ、個人が好きでやってるんですから、それらをどうこう言おうとも思いません。
というか 繰り返すようになりますが、どうこういう筋合いもありませんよね。
だってアナタとは関係ない他人の趣味なんだから。
感性というのは人それぞれですから、カッコイイ可愛いカッコ悪いダサい あるでしょうけど、 そんなの心の中で勝手に思っときゃいい話だと思うのですが。
わざわざ口に出して批判することに意味がありますか? 自分好み以外のカスタム、車、バイクなどを無くすためのデモですか? 先ほどは極端な例として挙げましたが、例えばトヨタのプリウスだったり ホンダのカブだったり、それらが嫌いだ、という人がいれば 全く同じことが言えます。
他人に迷惑をかけるカスタム、例えば直管だったり車幅が規格外だったり というのは勿論容認すべきでないというように考えていますが、 ただの個人の好き嫌いで他人の乗り物及びカスタムにあーだこーだ出すのは違うでしょ、と思います。
少し長くなりましたが、皆さんはどのようにお考えですか? 彼らのような人は、心に余裕のない小さな人間だと私は思いますが。

フォード・フォーカス

フォード・フォーカス

フォード・フォーカス(Focus)は、フォード・モーターが製造・販売するセダン型、ハッチバック型、ステーションワゴン型の自動車である。

1998年、ヨーロッパでフォード・エスコートの後継車として発表された。

フォルクスワーゲン・ゴルフやオペル・アストラなどのライバルと差別化するため、それまでのフォード車の印象を一新する、動感ある平面と鋭角で構成されたニューエッジデザインが特徴である。ボディ形状は3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、5ドアワゴン、そして4ドアセダンで構成される。

足回りに前マクファーソン・ストラット、後マルチリンク式サスペンションを特徴とした新開発プラットフォームを採用しての登場だった。その一方で、シートの着座地点を上げ、それに伴って視界や操作感覚などを改善した『コマンドポスト』コンセプトを採用するなど、人間工学面で当時の第一級水準の研究成果が盛り込まれていた。これらのデザインや設計、走行性能などは、Cセグメントの代名詞とも言えるゴルフと並び称された。

エンジンは当初、1.4L/1.6L/1.8L/2.0Lのガソリンエンジンと1.9Lのディーゼルエンジンが用意された。生産は主にスペインのバレンシア(日本仕様を生産)工場とドイツのザールルイス工場が担当した。

このフォーカスは批評家や自動車専門誌からの高い評価を背景に、1999年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーなど欧州各国のカーオブザイヤーを受賞した。同年メキシコの工場でも北アメリカの安全基準に合わせた改変の上で生産が開始されてアメリカ合衆国、カナダでも販売され、2000年に北米カーオブザイヤーを獲得した。ただし、ヨーロッパと北米ではグレード名が異なり、当初、北米ではエンジンは2.0Lのみ、5ドアも用意されていなかった。フロントウィンカーの位置やリアウインカーの色、内装のデザインなども異なっている。ほかに、アルゼンチンの工場でも生産されるなど、世界中で製造、販売された。

日本では、2000年3月に1.6Lの5ドアハッチバックと5ドアワゴンが輸入され、グレードは最高級仕様の「ギア(Ghia)」のみだったが、2000年10月、2.0L仕様も追加された。この年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでは輸入車部門でメルセデス・ベンツ・Cクラスに次ぐ2位の投票を得た。
またこの2年間、シリーズ生産台数がゴルフを抜いて世界一にもなった。

2002年、フロントマスク等に変更が加えられ、アメリカでもその前年秋(2002モデルイヤー)から5ドアが追加された。
それと前後して、2.0LDOHCターボ搭載、各部を極限に改造した台数限定のスペシャルモデル「RS」、そして自然吸気2.0LDOHC搭載の「ST170」(6速MT搭載。アメリカ等では「SVT」)が登場している。日本へはRSは正式輸入されなかった(並行輸入でわずかに輸入されている)が、ST170はフォーカスのイメージリーダー的車種として年間台数を限定して導入された。日本ではほかにも、廉価版「GLX」やスポーティな「トレンド」(共にAT)が輸入された。

2代目は2004年秋のモンディアル・ド・ロトモビルで発表された。初代フォーカスのデザインを継承しつつ、鋭さを増したスタイルと、シャーシ性能の進化、安全・快適装備の充実が図られている。

「フォード・C1プラットフォーム」をマツダ・アクセラ、ボルボ・S40、ボルボ・V50と共有する。ボディ形状は初代同様3ドアハッチバック、5ドアハッチバック、5ドアワゴン、そして4ドアセダンで構成される。「ST」と呼ばれるホットモデルも先代同様に用意され、ボルボの2.5L直列5気筒DOHCエンジンを独自に改良しターボを装着したエンジンを搭載している。これらのラインナップとは別に、「フォード・ストリートKa」を手がけたイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナとの共同開発による「クーペ・カブリオレ」がある。

車体の幅が1.8mを越えるなど、一回り大きいサイズになっている。ただしサイドミラーを含めた横幅は若干縮まっている。

派生車種については、車高を高めたミニバンの「フォード・C-Max」がある。

日本では2005年7月より2Lモデルが発売開始。12月には1.6Lモデルが導入され、後に「ST」も発売開始された。「ST」については車体の色が標準で2種類しかなかったが、2006年に世界ラリー選手権(WRC)のイベント「ラリージャパン」に関連し、インターネットでの抽選で10台限定の「ダイヤモンドホワイト」仕様が発売。抽選にはBP-フォード・ラリーチームのエースドライバー、マーカス・グロンホルムが立ち会った。

2008年にドアパネルにプレスラインが入り、フロントマスクが大幅にフェイスリフトされたビッグマイナーチェンジが行なわれた。

一方、北米では初代モデルを基に、独自にモデルチェンジされ、2.3Lエンジンの追加、ダッシュボードの改変などがされた。北米モデルは2007年1月の北米国際オートショーにて新デザインの物が2008年型として発表されている。4ドアセダンと2ドアクーペが用意され、ハッチバックとワゴンはラインナップから外れた。

3代目は2010年の北米国際オートショーで、まず4ドアセダンと5ドアハッチバックが発表され、翌月のジュネーブ・モーターショーで5ドアワゴンがお披露目された。翌2011年から販売が開始。フォードの新グローバル経営戦略「One Ford」コンセプト商品の第1弾となった。生産拠点はヨーロッパ、アジア、北米と世界7箇所におよび、約120ヶ国で販売されるグローバルカーである。

外観は、フォードの新しいデザインテーマであるキネティックデザインを採用。さらに洗練されたスタイルと、シャーシ性能の進化、安全・快適装備の充実が大幅に図られている。北米仕様は2代目の後半から別デザインのモデルが投入されていたが、3代目登場と共に再び世界共通デザインに戻された。

2012年上半期には、単一車種として世界で一番売れた自動車となっている。

エンジンはエコブースト・ガソリンが5種、デュラトルク・ディーゼルが3種、トランスミッションはパワーシフト6速・DCTの他6速マニュアルと5速マニュアルが用意される。

日本では2013年4月から導入。初代と2代目はヨーロッパ製の車両を輸入していたが、ユーロ高の影響でヨーロッパからの輸入を止めて、タイに新たに建てられた工場で製造される車両に変更された。ウインカー及びワイパーのレバー配置はタイ仕様に準じているため、輸入車としては珍しくウインカー右、ワイパー左の日本車同様のレイアウトとなっている。世界約120ヶ国で販売されるフォーカスは上記の通り多彩なボディバリエーションやパワーユニットを誇るが、その中から日本仕様に選ばれたのは、5ドアハッチバックの「Sport」(2.0Lデュラテック直噴エンジン+6速DCT)のワンモデルのみ。

2014年3月のジュネーブ・モーターショーで、マイナーチェンジ版が発表された。外観ではフロントマスクのデザインが大幅に変更され、最新のフォード顔(“ニューデザインランゲージ”)となり、テールランプも小変更を受けやや小型化された。パワーユニットも刷新され、ガソリンエンジンはダウンサイジングで1.5Lエコブーストがメインとなり、新たに6速トルコンATを導入。シャーシの改良、先進安全装備の充実等が図られた。

日本では2015年10月3日より発売開始となり、5ドアハッチバックの「Sport」(1.5Lエコブースト+6速AT)とレーンキープアシストやアダプティブ・クルーズコントロール等のドライバーサポートシステムが充実した「Sport+」の2種を導入。ヘッドランプは全車バイキセノンHIDが標準装備になった。

しかし2016年度をもってフォード社は日本での販売から全面撤退することになったためフォーカスの新車販売も終了することとなった。

2018年4月10日、ヨーロッパ、アジア向け新型フォーカスを発表。初代誕生から20周年を迎えた。従来通りのセダン、ハッチバック、ステーションワゴンに加え、新たにクロスオーバーSUVタイプのアクティブ(Active)とフォード・ヨーロッパの他車種で既に展開済みのラグジュアリースタイル・ヴィニャーレ(Vignale)を追加。

2018年4月25日、北米市場ではセダンやハッチバック車の販売から撤退することが発表。フォーカスは、中国で生産されるフォーカス・アクティブのみが北米市場にて販売すると発表されたが、アメリカと中国との間で貿易戦争が激化。中国から輸入する車両に報復関税が掛けられることが不可避となったため、同年8月にはアメリカ国内における販売を断念している。


詳しく見る