マクラーレンの最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

マクラーレンとは?

「マクラーレン」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からマクラーレンを知る事ができるまとめサイトです。

マクラーレンとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 マクラーレン」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 マクラーレン」に関する質問集です。

マクラーレンの知りたいことや、みんなが疑問に思っている マクラーレンに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので マクラーレンへの疑問が解消されます

2017年F1開幕戦「マクラーレン・ホンダは最下位」と両ドライバー発言 ホンダ信者の方。
一言どうぞ。
ストフェル・バンドーン「マクラーレン・ホンダは最下位チーム」 http://f1-gate.com/vandoorne/f1_35555.html フェルナンド・アロンソ「マクラーレン・ホンダは最遅チーム」 http://f1-gate.com/alonso/f1_35527.html エステバン・オコン「彼はとても遅かったけど、攻撃するために十分に近づけなかった」「リスペストだよ! 神ディフェンスだった」 http://f1-gate.com/esteban-ocon/f1_35557.html 来年マクラーレンがホンダと手を切った場合 本当にザウバー・ホンダがあり得るかも知れません。
◆理由1:マノーが撤退して10チームになった。
分配金のコラム1(3年間で2度チーム10位以内)とコラム2(去年の順位・11位だとゼロだが10位でも15億円近く)が入ってくるので、ぶっちぎりの最下位でも約50億円は入ってくる。
◆理由2:ザウバーのチーム状態がひどい。
ザウバーは今、どこのエンジン積んでも10位じゃないかという程チーム力が低い。
だから「負け犬連合」としてのザウバー・ホンダはありえると思います。
来期からどこか11チーム目が参戦したり、 ザウバーが開発に成功して6~7番手の車体を作ったなら ザウバーは断るかもしれません。
今の状態。
どのエンジン積んでも10位になりそうならエンジン代タダのほうが良いし、最下位のチームなのにも関わらず単独でワークスエンジンを手に入れられます。
来年は、もしかしたら万が一・億が一ホンダが開発に成功するかもしれません。
失うものは特にありません。
唯一の不安は怒ったエリクソン様に捨てられること。

フェルナンド・アロンソついにブチギレ。
このままではシーズン中にマクラーレン離脱もあるのでは?考えられるのはウイリアムズ入りでしょうか?マッサと交代か、まだ経験の浅い新人と交代か? メルボルンで行われた2017年のF1開幕戦オーストラリアGP決勝後にアロンソが行ったコメントは、3年目を迎えてもトップ争いに加わることができないでいるマクラーレン・ホンダについに愛想を尽かしてしまったことを如実に表すものだと受け止められている。
■メルボルンでやったことを再現するのは無理 アロンソは、25日(土)に行われた予選では13番手となり、決勝では最終的にトラブルでリタイアとなったものの、ポイント圏内の10番手を走行してみせていた。
だが、アロンソは次戦以降また同じような走りを見せるのは無理だと母国スペインのテレビ局『Movistar(モビスター)』に次のように語った。
「楽観的になれるかって? 僕は今週末やれたことを再びやるのは不可能だと思っているよ」 「僕は、自分自身だけでポイントに届くことはできないんだ。
普通のサーキットへ行けば、僕たちの位置はもっと後方になるはずさ」 そう語ったアロンソは、現時点でのマクラーレン・ホンダの実力は10チーム中最下位だと、次のように続けた。
■今のマクラーレン・ホンダは最下位チーム 「僕のレースは決していいものではなかったけれど、これほど競争力のないクルマに乗るチャンスなんてめったにないことさ。
パフォーマンスに関しては、僕たちが一番下だね。
僕たちは(10チーム中)10番手だよ」 「僕の予選でのラップはものすごくよかった。
だけど普通のサーキットで普通のコンディションだったら、僕たちは一番後ろと後ろから2番目に位置するはずさ」 ■しんらつなコメントの背景にあるのは? アロンソは最近こうしたネガティブな発言を繰り返しているが、それはホンダと手を切り、早急にメルセデスからパワーユニットの供給を受けるようマクラーレン側にプレッシャーを与えるためだろうと考えられている。
さらに、最近では、もしそれが実現できなければ、アロンソが今シーズンの途中でマクラーレンから離脱してしまう可能性もあるだろうといううわささえささやかれるようになっている。

マクラーレン

マクラーレン

マクラーレン・レーシング・リミテッド(McLaren Racing Limited)は、1963年にブルース・マクラーレンにより設立されたイギリスのレーシング・チーム。

1966年よりF1に参戦し続けている。にブルース・マクラーレンの事故死後はテディ・メイヤーがチーム運営を引き継ぎ、にロン・デニスが率いる「プロジェクト4」と合併した。

シーズン終了時点で、グランプリにおける優勝回数、ドライバーズタイトル獲得回数、ともにフェラーリに次ぐ歴代2位、コンストラクターズタイトル獲得回数ではフェラーリとウィリアムズに次ぐ歴代3位の記録を持ち、F1を代表する名門チームの一角に数えられている。

その他のレースカテゴリーでは、カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(Can-Am)において1967年から1971年にかけ5年連続でタイトルを獲得した。インディ500、ル・マン24時間レースにおいても優勝を記録している。インディカー・シリーズに2017年のインディ500より他チームとのジョイント(共同チーム)体制によりスポット参戦を開始し、2020年シーズンよりシュミット・ピーターソン・モータースポーツとのジョイントによるチーム「アロー・マクラーレンSP」としてフル参戦を開始している。

2017年現在、世界三大レースである「モナコGP、ル・マン24時間レース、インディ500」の全てを制したコンストラクター(車体製造者)としても知られている(他にはメルセデスのみ)。

タイトルスポンサーはヤードレー(1972年 - 1974年)→マールボロ(1974年 - 1996年)→ウエスト(1997年 - 2005年シーズン半ば)→ボーダフォン(2007年 - 2013年)と変遷しているが、現在はタイトルスポンサーが不在のため、正式エントリー名は「マクラーレンF1チーム(McLaren F1 Team)」となっている。
1963年、ブルース・マクラーレン、テディ・メイヤー、テイラー・アレクサンダーらにより、ブルース・マクラーレン・モーターレーシングを設立。当初はタスマンシリーズなどにクーパーを走らせていた。

7月、フェラーリの元チーフメカニックであるナイジェル・ステップニーがチームから技術に関する秘密情報を持ち出し、マクラーレンのマシンデザイン部門を統括するマイク・コフランに提供したとされる疑惑である。

フェラーリはイタリアとイギリスに告発し、両国当局が捜査を進めていた。その中で家宅捜索に入ったマクラーレン関係者の自宅から、780ページ分に及ぶフェラーリの機密情報が記録されたディスクが発見されたことなどで徐々に表面化、FIAも独自に調査を開始した。
イギリス国籍のチームではあるが、チーム設立当初1968年から1971年まで、車体はマクラーレンのコーポレートカラーであるパパイヤオレンジに塗られていた。

1972年からはヤードレイ化粧品がスポンサーに付き、ボディーサイドにチームカラーのオレンジを残した白/オレンジに塗られた。

その後、マールボロとのパートナーシップにより、1974年からはマールボロのパッケージと同じ赤白に塗られたカラーリングが長らく用いられた。このカラーリングの赤の部分は、1974年と1975年にはパッケージと同じような赤で塗られたが、1976年以降はテレビや写真写りを考慮して蛍光レッドに変更された。

1997年にカラーリングが変更され、銀と黒を基調に赤をアクセントに用いるカラーリングが使用されるようになった。これは、マールボロとの契約終了に伴いマクラーレンが独自のカラーリングを施すことが可能となったことにより決められたものである。銀色は「シルバー・アロー」メルセデスへの配慮、と考えられているが、カラーリング全体については当初のタイトルスポンサーであるウェストを含め特定のスポンサーの意向によるものではない、と、ロン・デニスは述べている。ロン・デニスはことのほかこのカラーリングを気に入っており、今後(他チームやマールボロカラー当時のマクラーレンのような)色と色の境界を線で区切ったようなカラーリングは自分のチームの車体には用いたくない、と発言している。その発言通り、2006年にカラーリングを若干変更した後も、各色の境はグラデーションを用いたものとなっていた。このカラーリングを施すためには、通常の3倍の手間とコストがかかると言われている。カラーリング塗装は各GPごとに行われていた。

2015年、エンジンサプライヤーがメルセデスからホンダへ変更されたことに伴い、第5戦スペインGPからグラファイトグレーを基調とした新カラーリングに変更された。

2016年11月にロン・デニスが退陣したことに伴い、翌2017年からオレンジを基調としたカラーリングが復活した。2018年のMCL33では1968年から1971年と同じパパイヤオレンジが採用された。

上記したように、基本的にカラーリングはオレンジ色の時代、赤と白の時代、銀色の時代などに分けることが可能であるが、半世紀の歴史の中では例外もあり、1978年終盤の北米ラウンド2戦と1979年にロングビーチで開催されたアメリカ西GPではマールボロと同じくフィリップ・モリス傘下のビール会社レーベンブロイ(Löwenbräu)の水色と白のカラーリングにしているほか、1986年のポルトガルGPではマールボロの新製品マールボロ・ライトをPRするため、ロズベルグ車のカラーリングは本来は赤の部分が黄色に変更された。

マールボロとの契約終了に伴いカラーリングを変更した1996年末から1997年初めにかけてのシーズンオフと翌年のシーズンオフ、ウェストとの契約終了に伴いカラーリングに変更を加えた2005年末から2006年のシーズンオフにかけ、テストにおいて往年のオレンジ色のカラーリングを暫定のカラーリングとして用いていた。
フェラーリやマクラーレンが新人ドライバーを起用することはめったに無かったが、2007年のルイス・ハミルトン、2014年のケビン・マグヌッセン、2016年のストフェル・バンドーン(翌2017年にフル参戦)、2019年のランド・ノリスと、近年ではルーキードライバーを起用することが増えてきている。2000年代以前には1995年にケビンの父親であるヤン・マグヌッセンを1戦だけの代役として起用したこともある。

*太字はドライバーズタイトル獲得者
*斜体になっているドライバーはスポット参戦など
*枝がついているチームに車体を供給(括弧内に供給した車体の型番を記載)

(主な会社のみ)
マクラーレンは1980年代からデータ分析による効率化を徹底しており、レーシングカーやドライバーに取り付けたセンサーからリモートでデータを転送し、リアルタイムで分析する移動体テレメトリーシステムを採用している。 テレメトリーシステムには1997年から技術提携関係にあるドイツのソフトウェア大手SAPの高速データ処理プラットフォーム「SAP HANA」を使用して、タイヤ交換や部品交換が必要なタイミングを計算し、マシンを最適な状態に保つようにしている。

このシステムから得られた情報によって勝敗の90%がレース終了前に予測できるようになった。


詳しく見る