コロナの最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

コロナとは?

「コロナ」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からコロナを知る事ができるまとめサイトです。

コロナとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 コロナ」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 コロナ」に関する質問集です。

コロナの知りたいことや、みんなが疑問に思っている コロナに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので コロナへの疑問が解消されます

トヨタ コロナ 1996年式 1760cc ATの不具合について。
最近上記の車を購入しました。
既に約170000km走っておりタイミングベルトは2008年130000km時に交換したそうです。
問題ですが 試乗時 には気にならなかったのですが、40km〜60kmで走行すると時折エンジン回転数のメーターが1.5から2の辺りで頻繁に動き運転していてもガクン、ガクンと変な反動を感じます。
これも常時ではありませんが90kmから更に加速しようとするとアクセルを全開に踏んでもフラットなのにスピードがでないことがあります。
カーサービスに持って行きましたがエンジンに問題は見当たらず、強いていえばスパークプラグが適したものでないと言われたので交換をお願いしましたが改善は見られませんでした。
日本ではここまで走った古い車は乗らないのが普通ですが、こちらは海外で古い日本車がとても活躍しています。
再びカーサービスに持っていっても良いのですが、高額のサービス料を取られた上で改善が見られなかったため躊躇しています。
そこでこちらのサイトでこれらの情報から問題点を指摘して頂き、その作業をメカニックに依頼できたらと考えています。
日本のメカニックのように腕が良い人を探すのがとても難しいのが海外です。
どうかお知恵をお貸しください。
宜しくお願い致します。

元東京の坂井勝二投手を知ってますか? 1964年 プロ入り六年目で初の20勝を飾った坂井には今秋結婚を約束したフィアンセ藤田好美さん(19)がいる。
東京・文京区原町にある藤田さんの家に坂井が下宿したのが知り合ったきっかけ。
昨年秋には福岡にいた両親を呼んですぐ近くへ新居を構えた。
だがいまでも東京で試合があるときは好美さんが愛車のコロナを運転して坂井を迎えにくる。
登板するときは好美さんは必ずスタンドから応援する。
チームメイトのだれもがうらやむような仲のよいカップル。
「彼女がみていたからといって別にどうということはないね」と笑うが、坂井の20勝のあとを球場別にみてみると東京は12、日生3、大阪2、神宮、後楽園、平和台1と圧倒的に東京地区で多い。
坂井は「家から出てくる方がからだの調子でも、気分的にもずっと落ち着けますからね。
それで東京の方が勝てるんでしょう」とテレながら弁解した。
ニックネームはミーコ。
長いマツゲと柔和な顔立ちからついた。
マウンドでの往復のときもションボリと肩を落として歩く。
女性的な坂井のどこに20勝の力が秘められているのかと首をかしげたくなる。
「ぼくはよけいな力は使わないようにしている。
だからみんなにファイトがないなどとおこられるんですよ。
きょうも初回に大量点してくれたからリキまずに投げました。
19勝あたりでウロウロするのではないかと思ったらあっさり勝たしてもらっちゃった。
自分でもよく20勝できたと驚いている。
もちろん初めてですからうれしいですね」とそれがクセの長いマユゲをパチパチさせた。
昨年の14勝が最高。
ことし20勝できた理由は「小山さんが入団したことによるライバル意識」と「いままで夏場に勝てなかったが、ことしはオールスター後5勝2敗とシーズンでも一番調子がいい。
小山さんに夏バテの調整法をいろいろと聞いてそのとおりにやっているのがいいのかもしれない」のだそうだ。
こんなところにも小山の東京移籍のプラスはあった。
大阪・天満橋の宿舎満寿美に帰った坂井はさっそく好美さんに電話をかけ、20勝の報告をした。

トヨタ・コロナ

トヨタ・コロナ

コロナ (CORONA)は、トヨタ自動車が1957年から2001年まで生産・販売していた、セダンを中核とするCDセグメント相当の乗用車である。トヨタ車として初めて日本国外でも生産された車種である。また、本項ではシリーズ11代目となるコロナ プレミオ (CORONA PREMIO)についても便宜上、記述する。

カローラ、マークII(→マークX)、クラウンとともにトヨタの伝統的なセダンであり、中核的な位置づけになる車種である。高度経済成長期には日本のマイカー代表車種として、広く親しまれたクルマである。

特に地方都市では 小型タクシーとしても多く用いられた。1960年代から1970年代、コロナの競合車種は日産自動車のダットサン・ブルーバードであった。このブルーバードとコロナが繰り広げた熾烈な販売合戦が「BC戦争」と呼ばれるものである。

1957年7月の初代以来11代の系譜をたどったが、1996年以降は「コロナプレミオ」となったことで無印コロナ名義としては1996年で消滅。コロナプレミオがブランド終了となったあとは「プレミオ」として系統を継承している。

なお、本稿ではコロナプレミオ以外の以下のモデルについても便宜上記述する。

1950年代半ば以降、日本の乗用車市場ではトヨタ自動車が1500cc車のクラウンで中型タクシー市場を、日産自動車が860-1000cc車のダットサン・110/210で小型タクシー市場をそれぞれ押さえるという構図ができ上がっていたが、日本の二大メーカーである両社は、それぞれ相手の領域に食い込もうと新型車開発を続けていた。

コロナはこうした状況で誕生したトヨタの対ダットサン対抗馬である。しかし、本格的な商品として企画されていたのは 2代目のT20系であり、初代T10系はそれまでのつなぎとしての企画であった。
この背景には、当時 乗用車の設計に強い発言力を有していたタクシー業界が20系の完成を待てず、そのニーズにこたえる必要のあったトヨタ自動車販売の意向で、開発・発売を急がせたという事情があったという。すなわち、T10系は クラウンの信頼性の高さが立証されて存在価値が薄まり1956年に生産を中止されていたクラウンのタクシー用姉妹車 トヨペット・マスター(前輪固定懸架)の車体中心部ボディプレス、クラウンの足回り、そして1940年代後期から使用され、乗用車用としてはすでに時代遅れになっていたSV式のトヨタ・S型エンジン(最高出力33PS/4500回転、最大トルク6.5kgm/2800回転(グロス値))などといった 既存のコンポーネンツを寄せ集めて、マスターの開発・製造を担当した関東自動車工業(現・トヨタ自動車東日本)で急遽開発された車であった。ただし唯一画期的であったのは、関東自動車工業がトヨタ本体とは独立して独自に1950年代前半から研究を続けていたモノコック構造が、トヨタの量産乗用車として初採用されたことであった。このため、車両重量はようやく1000kgの大台を割っている。

3代目の生産台数は57万8534台。
5代目の販売終了前月までの新車登録台数の累計は80万5528台。
ハードトップ:1982年 - 1985年、セダン/バン:1982年 - 1987年 、 タクシー:1982年 -1998年
8代目の販売終了前月までの新車登録台数の累計は63万5185台。

 グレードは上から「GT-R (2.0・3S-GE)」「EXサルーンG (2.0・3S-FE)」「EXサルーン (1.8・4S-Fi/1.5・5A-FLU/2.0ディーゼル・2C)」「SX-R (2.0・3S-FE)」「MX (1.8・4S-Fi/1.5・5A-FLU)」「GX (1.8・4S-Fi/1.5・5A-FLU/2.0ディーゼル・2C)」「DX (1.5・5A-FLU)」「STD (1.5・5A-FLU)」。

ボディカラーは「スーパーホワイトII」「グレーメタリック」「スーパーレッドII」「レッドマイカメタリック」「ミディアムベージュメタリック」「ライトブルーメタリック」「ダークブルーマイカメタリック」の計7色が設定された。

英語の「太陽冠」から。
「真赤に燃える太陽、そのまわりの淡い真珠色の光。太陽の冠。」という意味。
明るく親しみのもてるファミリー・カーにふさわしいように名づけた。


詳しく見る