レビューの最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

レビューとは?

「レビュー」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からレビューを知る事ができるまとめサイトです。

レビューとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 レビュー」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 レビュー」に関する質問集です。

レビューの知りたいことや、みんなが疑問に思っている レビューに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので レビューへの疑問が解消されます

ラティカ7 中間レビュー。
2度練習で使ってみたので、感想を書こうと思う。
いやー正解だった。
よくとぶ。
シナリとびます。
ニッタクの性能表では、バイオリンよりとばないことになって いるけど、シナリ打ちすると、きちんととぶ。
低くてうなるような弾道。
ドライブは深くためてから打つと真価を発揮する感じで、自分が想像していた以上の物があった。
現役の頃に使っていたラケットの感覚に似ている。
苦し紛れに詰まって打ったときも、あきらめずに振り切るとすっぽ抜けずにきれいに台に収まってくれた。
リキまずに軽く振り抜くと、良かった。
1番良いなと思ったのは長短の調節が良く効くこと。
これができないと、カットマン対決は苦しい。
ドライブをめいいっぱい打ったときでもきちんと短くできるし、台奥まできちんととんで収めることも簡単だった。
これって、表板が硬くて球離れが早いラケットだと調節が難しかった。
それに厚めの7枚も。
たとえばルデアックも難しかった。
ただ、ループドライブからパワードライブの中間くらいの力加減は難しかった。
まだ慣れが必要。
当て気味にするのか、シナリとばすのかの中間になってしまうためだろう。
これはアコースティックカーボンなどのアウターカーボンでも似たようなことがあった。
クセがあるラケットではしかたないことなのかもしれない。
ツッツキはまだ慣れなくて、力加減が難しかった。
でも慣れの問題かな。
今まで、速いラケットを使っていたから、ラケットに当てすぎずに打つクセがついてしまっている。
直すのにしばらく時間がかかりそう。
ブロックは、7枚っぽさがある。
現役の頃に使っていた薄い5枚だと打ち負ける感じがあって苦労していたのに、このラケットではそれがない。
でも、はずまない・・・バックで軽くブロックして直線的にストレートでフォアに返すのが難しい。
うーん・・・すべてにおいて良いラケットなんてないんだけど。
困った。
これはもう少し練習が必要かな。
たぶん、もう少しひいた位置から一瞬ためてから当てにいくようにしてブロックをしないといけない。
良いところは今まで使ったラケットの中ではピカイチだった。
でも、欠点が多いラケットだった。
自分としては昔慣れ親しんだ感触に極めて近いので好感触。
さてと、次回の最終レビューまでに使い込んでみようと思う?

関学ラグビー メディアに露出度が高いラグビーで関学が 復活してほしいものです。
マコーミックコーチの コーチミスで弱くなってしまいました。
どう思われますか? 関西学院大が新体制で始動した。
昨年、関西大学Aリーグでは8位。
一昨年の1位から一気に最下位に転落した。
前年優勝チームが翌年ワーストになるのはリーグ戦創設とする1946年(昭和21)の4大学対抗戦(関学、京都、同志社、立命館)から数え、70年目で初めてのことである。
チームは原点に戻る。
「学生主体」 NTTドコモなど3チームの指導を経験したアンドリュー・マコーミック ヘッドコーチの退任に伴い、プロのフルタイムコーチはいなくなった。
監督には34歳のOB大賀宏輝がFWコーチから昇格する。
大賀は福岡県立東筑高校から入学。
高校の8学年上にはU20日本代表ヘッドコーチの中竹竜二がいた。
現役時代はHOだった。
現在は関学の人事課につとめる。
職員なので、通常午後5時30分から始まる練習には参加できる。
専任コーチ不在をカバーする。
「僕は学生が考え、チームを作るサポートをしている感覚です。
もちろん学生だからコントロールしないといけない部分もある。
でも最終的には彼らの自立を目指しています」 昨年の敗因を分析する 「僕は批判はしたくありません。
負けたけれど、去年やったことは生きますから。
ただ、あえて言うなら、学生たちがアンガスさんにやらされていた。
自分たちで考えることをなくしてしまっていたと感じています」 関学は伝統的に学生の意志を尊重する。
しかし、2012年から4年指揮を執ったマコーミックにすべてを委ね過ぎた。
その反省から、今年は学生とのミーティングの時間を増やした。
希望や不満を吸い上げながら、自分たちでチームの方向性を持たせるためだ。
2月7日の始動日から、木曜日をミーティング日に定め、その日以外でも積極的に意思疎通を図る。
「全体とか学年とか分けてやっています。
回数はすでに去年のシーズンより多い」 木曜日は昨年、フリー(自由練習日)だった。
今年はあいまいな日をなくし、週5日すべて練習を行う予定だ。
「学生からも練習量が少ない、とレビューが上がっています。
僕たちがやらせるのと、学生たちが理解してやるのは大きく違う」 昨年、自陣からでも展開するラグビーを模索しながら、フィットネス不足で相手を上回れなかった反省が下地にはある。
今年は、監督の上に位置するゼネラルマネジャー職を作った。
OB倶楽部副会長であり、2002年から2004年まで3年間監督を務めた大石修がついた。
大石は監督1年目に23年ぶりAリーグ昇格。
2年目は5位に入り、初の大学選手権にチームを導いた実績を持つ。
「クラブの存在意義はラグビーの専門性を高めることと人間育成。
グラウンドの指導は監督に任せて、僕は生活指導を含めた人間育成をやっていきます」 大石は61歳。
就職した大阪ガスでは関係会社の社長もつとめた。
現在は別の関係会社、アクティブライフで監査役をつとめる。
ビジネスマンとしての経験も豊富だ。
OB会報に寄稿している。
<教育が最終目標とするのは、絶えずそのステージにあった知的、肉体的、精神的な向上を志向し、絶えず人間としての成熟度を上げていくことです> 関学ラグビーの重鎮らしく、広い視野を持ち、人間成長の大切さを述べている。
「ラグビーは人生をよりよく生きるための手段の一つ。
勝ち負けももちろん大切だが、それのみが目的になってはいけません」 大石は戦術、戦略を超えた背骨をチームに貫こうとしている。
哲学があれば年々の成績の上下に関わらず、崩れることはない。
学生の相談役となるメンターには大阪ガスLPGに勤めるOB河野(かわの)素明が就いた。
41歳の兄貴分は常に笑っている。
「学生たちと一緒に考え、いけない方向に行こうとしたら助けるのが役目です。
社会人として頑張れる素地を作ります」 主将の清水晶大(あきひろ)も首脳陣の考えに同調する。
「自分たちで考えることは学生スポーツでは重要。
試合中の判断は自分たちでしないといけない。
練習中からお互いが言い合って、試合と似た状態を作っています」 関西を代表する攻撃的SOは今年の目標を現実的に定める。
「まずは意地でも上位に入ります。
2年前は関西優勝。
去年は8位。
関学は強いんか弱いんかどっちやねん、とみんな思っているはず。
この1年は関学の未来がかかっています」 予定している新入部員は約40人。
1月の全国大会で4回目の優勝を果たした大阪・東海大仰星からはCTB山本悠大とWTB中孝祐が入部する。
大量入部が見込まれる高等部は全国8強に進出した。
先行きの明るさを感じながら、関学は現役とOBが一体となり、復活に取り組む。
(文:鎮 勝也)

ラティカ7 初期レビュー。
teruさん風見出しにしてみた。
ということで、ラティカ7、買ってみた。
ばすまねえ笑 いろいろと球ツキしてみると、打球感硬め、柔らかめ、スイート スポット広め、ほぼなし等、いろんな子がいた。
ぶっちゃけ、重ささえ希望の重さならどれでもいいんだけど、もしかしたら長いつきあいになるかもしれないし、せっかく違いがわかる能力があるのだからちゃんと選ぼうと思った。
今回は、打球感ソフトでスイートスポットがあるものにした。
重量バランスはほとんど違いがなかったけど、グリップ寄りではないやつ。
硬くなるのは避けたくて、表板が柔らかめで中が詰まっている感触があるものにした。
この選択が吉と出るか凶と出るか・・・うーん、失敗したかな・・・。
まあ、ダメだったらニスを塗ろう汗 この子はたぶんスイートスポットを外すととたんにとばなくなるタイプだなあ。
いつもはスイートスポット感がないものを選ぶのだけど、これだけはずまないラケットだと、それは危険。
球ツキした感じは、明らかに5枚とは異なる7枚の打球感。
表板と2枚目はとても薄く、板厚のほとんどは3枚目と中芯で、当厚になっている。
不思議だ。
これなら5枚と同じような打ち心地になってもおかしくないと思ったが。
添え芯材ってけっこう大切な役目を果たしているんだね。
添え芯はリンバらしい。
アユースではないから興味深々だったけど、球ツキしてみて、なるほどなと思った。
これを作った人は添え芯をアユースにするかどうか迷ったのかな。
それとも何も考えなかったのかな。
聞いてみたいものだ。
強めに打つと、表板が硬いタイプのラケットに似ている。
添え芯が薄いからねぇ。
その点では表板柔らかめにして良かったのかもしれない。
はずみは軽打と比べて遜色なくはずむ。
たまに力についてこない子がいるのだけど、この子は優秀。
スイートスポットを外すと、案の定、アレ?となった。
うーん・・・まあ、このあたりはどんな子にするか、決めの問題だからいいか。
ちょっと期待が高まります。
teruさん風の終わり方?

wiki情報はありません。

wiki情報はありません。

詳しく見る