ドイツツーリングカー選手権の最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

ドイツツーリングカー選手権とは?

「ドイツツーリングカー選手権」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からドイツツーリングカー選手権を知る事ができるまとめサイトです。

ドイツツーリングカー選手権とは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 ドイツツーリングカー選手権」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 ドイツツーリングカー選手権」に関する質問集です。

ドイツツーリングカー選手権の知りたいことや、みんなが疑問に思っている ドイツツーリングカー選手権に対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので ドイツツーリングカー選手権への疑問が解消されます

ドイツツーリングカー選手権

ドイツツーリングカー選手権

ドイツツーリングカー選手権(Deutsche Tourenwagen Masters、略称:DTM)は自動車レースの1カテゴリー。市販車をベースにしたツーリングカーで争われるドイツ独自のレース。

Deutsche Tourenwagen Meisterschaft(DTM 第1期)は1984年から1995年までドイツ国内で開催された選手権。ドイツには欧州の主要な自動車メーカーが集積していることもあって、毎年のようにドイツの自動車メーカー同士による激闘が繰り広げられ、そこに他国の自動車メーカーが殴り込みをかけてくる欧州きっての熾烈なタイトル争いが繰り広げられるツーリングカー選手権として知られる。
当初はグループA規定に沿った市販車をベースとした改造範囲の狭いレギュレーションの中で行われていたが、1993年シーズンからFIAのクラス1規定(2.5L)に基づきベースマシンの大幅な改造が許されるようになった。4WD化はもちろんのことABS・トラクションコントロールなど、ハイテクデバイスを満載したマシンの迫力や、独自のウェイトハンディキャップ制を導入するなどの要素がシリーズを盛り上げ、よりF1に近いツーリングカー選手権としてドイツ国内は元より欧州を中心に世界中で絶大な人気を誇った。

その絶大な人気ぶりから、1995年にはFIAの梃入れでDTMに倣った国際ツーリングカー選手権(International Touringcar Championship 通称ITC)が新設され、DTMと平行して行われるようになる。1996年シーズンよりDTMはITCと統合し、引き続きメルセデス、アルファロメオ、オペルの3メーカーがワークスチームとして参戦した。しかし、かつてのシルエットフォーミュラやプロトタイプ並に先鋭化した結果、あまりのコスト急騰からメーカーの撤退が相次ぎ、同年限りで選手権は廃止となった。
3年の休止期間を経て、2000年より再開。過去の行き過ぎた失敗に基づいて、第1期のようなワークスチーム同士による過度なコスト高騰競争に陥らないようにレギュレーションを改め、一方で大会を盛り上げるための様々な要素を取り入れ、名称も新たにDeutsche Tourenwagen Masters(DTM)とし、メーカー間の協力の元復活した。

2001年シーズンからそれまでの2レース制を廃止し、予選レース、決勝レース制に変更し、独自のシリーズとして発展に努めている。

2005年シーズンにはドイツ国内のほか、ベルギー・トルコ・オランダ・チェコの国外のサーキットも転戦した。新たなルール変更としてウェイトハンデ制があり、1レース勝利すると勝利した車両のメーカーのその年度版の全車に対して10kgのハンデがつくようになった。

2006年シーズンはオペルの撤退以外にも、予選方式が昨年までのスーパーポールから、F1に準じたノックアウト方式へと変更された。

2016年シーズンにはメルセデスが撤退。2019年のみアストンマーチンが参戦したものの一年限りで撤退し、2020年シーズンを最後にアウディも撤退を表明した。

2020年11月6日、2021年に向けてグループGT3車両をメインカテゴリーとして導入するほか、グループGT4車両を導入するDTMトロフィー、かつてのレーシングカーで争われるDTMクラシック、eスポーツの要素を取り入れたDTM Eスポーツに関して発表されたほか、2023年より電動レーシングカーを導入する予定であることが発表された。

以下は第2期の概要について述べる。第1期については旧ドイツツーリングカー選手権を参照のこと。

旧DTMに対し、コスト高騰を防ぐためさまざまな制限やイコールコンディション化がされた。エンジンはレース専用設計のエンジン(2018年までは自然吸気の4L V型8気筒、2019年からは2L 直列4気筒 + ターボ)をシーズン開幕前に刻印された3基のみが利用可能、リストリクター(φ28mm×2個)の装着が義務づけられ出力が制限されている。ギアボックスは事前に承認を受けたヒューランド製かエクストラック製のどちらかのみが使え、駆動輪はリアのみ(4WDは禁止)、ABS・トラクションコントロールなどの電子デバイスの使用も禁止されている。

車体は、2004年から2011年のシーズンでは4ドアに限定。2012年からは大幅に更新され、全参加車輛共通のカーボンモノコックと鋼管フレームで構成したシャシに衝突時に潰れるための要素(crash elements)と各メーカーの市販車のエクステリアを付けた車輛となっており、シリーズ名こそツーレンヴァーゲン (ツーリングカー) を引き継いでいるが、実態はシルエットタイプカーである。

タイヤは基本的にワンメイクで、2010年まではダンロップが供給していたが、2011年よりハンコックタイヤに変更になった。その後、DTM(ドイツツーリングカー選手権)は、ハンコックタイヤ(ハンコック)とのタイヤ独占供給契約を2016年、さらに2023年まで延長することを決定している。2019年現在のタイヤは、絶対的なグリップを求めていない仕様となっている。

2000年のシリーズ発足当初からメルセデス、オペル、アウディというドイツを代表する3メーカーが参戦し(当初はザクスピードが開発したボルボS80をベースに製作されたマシンが参戦予定でテストが進められていたが参戦に至らず)、激戦を繰り広げていた(ただし、正確にはアウディのワークス参戦は2004年から。それ以前はプライベーターのチーム・アプトが、TTクーペに無限エンジンを搭載し参戦していた)。2005年よりMGローバーが新たに参戦する予定だったが、シーズン開幕直前に起こった同社の経営破綻により結局参戦を取りやめている。またオペルも2005年限りで撤退し、2006年から2011年までの6年間はメルセデス、アウディの2メーカーによる参戦が続いていた。

1994年シーズンを最後にDTMから撤退したかつての雄BMWは、2007年に発表したスポーツカーBMW M3 セダンがDTMのレギュレーションに合致していた事から(2011年シーズンまで参加車両は4ドアセダンに限定されていた)、このM3 セダンを駆ってDTMへ復帰するのではないかと噂されていた。しかし、度々参戦を噂されながらもなかなか参戦に踏み切らないまま、DTMのレギュレーションがやSUPER GTと歩調を合わせる方向で変更され、2012年シーズンよりDTMの参加車両が再び2ドアクーペに統一されることになった。これによりBMWはM3 セダンではなくを駆って2012年シーズンからDTMに参戦することになった。

2012年シーズン以降のDTMは、メルセデス、BMW、アウディ(フォルクスワーゲングループ)といったドイツを代表する自動車メーカーが久方ぶりに揃い踏みした選手権となり、2012年はBMWが復帰初年度にしてドライバー、チーム、マニュファクチャラーの三冠を達成した。

メーカー間の競争の激しさが政治性の強さにも繋がっている。ダニエル・ジュンカデラはメルセデスが予めチャンピオンにする一人を決めておき、残りはデータ取りやサポートに徹している内情を暴露した。またBMWのマーティン・トムチェクも、DTMから離れる理由として「あまりに政治的になりすぎた」ことを述べている。

2018年限りでメルセデスが撤退するものの、2019年からスイスのRモータースポーツがアストンマーティン・ヴァンテージで新たにDTMに参戦することになり3メーカー体制が維持された。

しかし、そのRモータースポーツが参戦からわずか1年でまさかの撤退。さらに加えて、アウディも2020年限りでの撤退を決定した。

メルセデス・ベンツ(2000年~2018年)

アウディ(2000年~2020年)

オペル(2000年~2005年)

BMW(2012年~)

アストンマーティン(2019年)

ドイツを中心に選手権が行われるためドイツ人ドライバーが多く参加しており、中でもベルント・シュナイダー(2008年限りで引退)は過去4回(第1期も含めると過去5回)シリーズチャンピオンを獲得するなどの圧倒的な強さから「ミスターDTM」の異名を取っていた。またトップカテゴリーとしては珍しく女性ドライバー(バニーナ・イクス、スージー・ヴォルフの2名)が参加している。

ジャン・アレジ(2002年~2006年)、ハインツ=ハラルド・フレンツェン(2004年~2006年)、ミカ・ハッキネン(2005年~2007年)、ラルフ・シューマッハ(2008年~2012年)、デビッド・クルサード(2010年~2012年)といった元F1ドライバーも、F1引退後に参戦している。ちなみに前述のベルント・シュナイダーも元F1ドライバーである。F1からの転向が多いのに対し、2010年チャンピオンのポール・ディ・レスタや2015年チャンピオンのパスカル・ウェーレインのようにF1に転向する者もいる。

日本からは2003年に金石勝智がシーズンフル参戦を果たしているが、マシンがメルセデスの前年型だったことなども影響してか成績は振るわなかった。

第1期DTMが国際シリーズ化とそれに伴う参戦コスト高騰などによりシリーズ消滅に至ったという経緯から、従来第2期DTMは一応国際シリーズではあるもののあくまで「ドイツがメインの国際選手権」という独自のスタンスを保持してきたが、2010年代に入り主催者側ではこのスタンスを崩すような新たな施策をいくつも発表している。

まず2010年10月には、2012年から北米大陸でNASCAR及びグランダム・シリーズの主催者と共同でDTMのレギュレーションを使用したシリーズを開催すると発表した。同レースは基本的にNASCARやグランダム・シリーズのサポートレースとして開催される予定とされたが、実際にはシリーズ発足には至っておらず、2015年のシリーズ発足を目指していた。

日本のSUPER GTを主催するGTアソシエイション(GTA)と技術規定の統一に向けた話し合いを行い、2012年10月16日に2014年からSUPER GT・GT500クラスの技術規定を2012年のDTMの車両規定と基本的に同一の物にすることで契約を締結したことが発表された。これにより共通のモノコックやパーツを使用することでコストダウンが図れるようになるほか、両シリーズへの日本・ドイツの各メーカーの参戦が可能となり、将来的には両シリーズの交流戦も可能となる。当面エンジン(DTMは4L V8・NAなのに対し、2014年以降のSUPER GTは2L 直4・ターボ)、タイヤ(DTMはワンメイクだがSUPER GTはマルチメイク)など、一部規定が異なる部分も残されるが、2017年に規定を「Class1」の名で完全統合する予定とした。その後、2019年シーズンよりDTMもエンジンをSUPER GTと同一の2L 直4・ターボとすることを正式に発表されたことに加え、2017年10月13日・14日のDTMドイツツーリングカー選手権最終戦ホッケンハイムではGT500車両が、同年11月11日・12日のSUPER GT最終戦もてぎではDTM車両がデモ走行を行った。

2019年10月6日、公式戦でもあるDTM最終戦ホッケンハイムリンクに、GT500の3メーカーのテスト車両がDTMのレースへの参戦を果たした。最終戦であるホッケンハイム戦はDTMのランキング争いに関わるものなので、非常に興味深いとされていた。

同年の11月23日・24日に富士スピードウェイで、GT500車両15台とDTM車両7台の計22台によって交流戦が行われた。富士の方はあくまでもジョイントイベントなのでDTM及び、SUPER GTのランキング争いには関係ない。



詳しく見る