ルポの最新ニュースまとめ。動画と写真が集まったニュースまとめなら😏

次へ

ルポとは?

「ルポ」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報からルポを知る事ができるまとめサイトです。

ルポとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 ルポ」の最新情報が見れます。


ユーザーが疑問に感じている「 ルポ」に関する質問集です。

ルポの知りたいことや、みんなが疑問に思っている ルポに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので ルポへの疑問が解消されます

スキーのビンディング特にTECビンディングについて質問です。
当方、フリースキーヤーです。
基本パウダー狙い、降らない日や午後はゲレンデをフリーラン・パークライディング・サイドカントリー狙い・たまにコブ滑り。
現在はパウダー板2本とゲレンデ板2本を所有し、前者にはマーカーのデューク(バターナイフ(ベクターグライド))とツアーF12EPF(春登り用、セミファット(センター100mm程度))を使い、後者にはマーカージェスター及びグリフォンをつけています。
ゲレンデから山へと滑走区域を広げていくうちにバックカントリーの楽しさに魅了され、CATツアーやバックカントリーツアーにたまに参加するようになりました。
そうしていく中で他の参加者さんがつけているTECビンディングの歩行性能の高さに驚くことが多々あります。
自分はマーカーをずっと使用してきたこともあり、近年発売された「KING PIN」に興味が出てきました。
かなり高価な品であり、使用するには適合するブーツも必要になるため、一気にそろえることができるかどうかはわかりませんが、現在検討中といった段階です。
現在は ダルベロのルポという歩行モード付のアルペンブーツを使用しています。
ルポのTEC対応ブーツも発売されたので、ゆくゆくはこちらを購入してから、ツアー用の板にKING PINのようなTECシステムを導入してみたいなと思っています。
今の私の体力や道具では、丸一日登り続けたりということはまだ経験がなく、せいぜい3~4時間が限度です。
通常は2時間程度登って降りてきてしまいます。
(サブアイテムでTUBBSのスノーシューもあり、斜度がきついときやスノーボーダーと一緒の時はそちらを使って登ることもあります。
) KING PINやその他TECビンディングをお使いの片で、地形であてこんだり、マッシュで飛んでしまったり(狙っていても狙っていなくても)、それなりに激しい滑りをしてみての誤解放やその他トラブルが起きることというものは結構な頻度であるのでしょうか?それとも近年のTECビンディングはかなり改善されそのようなトラブルはあまりなくなってきたのでしょうか?? また、どのくらいまでなら思いっきり滑っても大丈夫なものでしょうか?? (なんて聞かれても困りますよね?(笑)印象で構いません) 多少のこぶや飛んでも大丈夫という人もいれば、ゆるーいカービングまで、という人もいます。
おすすめの機種やブーツ(ブーツに関してはできれば今のダルベロから変えたくないです)、セッティングなどありましたら、教えていただきたいです。

フォルクスワーゲン・ルポ

フォルクスワーゲン・ルポ

フォルクスワーゲン・ルポ (Lupo) は、ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲン社が製造、販売していたコンパクトカー。

デビューは1998年で、ボディ形式は3ドアハッチバックで乗車定員は5名もしくは4名。日本では2001年デビュー。フォルクスワーゲン・ポロより小さなクラスに位置し(全長はポロ比で20cm以上短く、フィアット・パンダなどと同等)、ルポ販売時のラインナップのうちで最も小さなモデルである。2004年には後継たるフォルクスワーゲン・フォックスの製造が開始されており、欧州や中南米ではルポからフォックスにバトンタッチされている。ただし、メキシコではフォックスもルポの名で販売されている。日本でも2006年にラインナップから姿を消した。

車名のルポ(LUPO)とは、イタリア語で「狼」の意。ラテン語ではルプス(Lupus)。 

フォルクスワーゲン本社のあるニーダーザクセン州のヴォルフスブルク(Wolfsburg)はドイツ語で「狼の城」と言う意味である。ラインナップ最小のコンパクトカーに、本社のある街にちなんだ名前を与えたと言われる。

(日本向1.4リッターモデルのシート生地には、可愛くデフォルメされた狼のキャラクターが描かれている。)

ルポの発表に先駆けて、まずVWグループ内のセアトからアローザ () として発売された。

ルポに搭載されるエンジンは種類が多く、ガソリンエンジンが6種(1.0から1.6リッター)、ディーゼルが3種(1.2から1.7リッター)の計9種にのぼる。中でも特徴的なものに、ディーゼルのうち最小排気量となる1.2リッターエンジンを積む低燃費モデル3L TDIと、ガソリンエンジンのうち最大排気量となる1.6リッターを積むスポーティモデルGTIがある。

日本では1.4リッターガソリンエンジンモデル (AT車) と1.6リッター・6速マニュアルのGTIが投入されたが、欧州市場でメインとなった3L TDIをはじめとするディーゼルエンジン搭載モデルは投入されなかった。
小柄ながら高速安定性は高く長距離も難なくこなすが、目玉であったディーゼルエンジンに対し、ガソリンエンジンの燃費は並(同クラスの日本車より悪い)である上に燃料タンクが小さい(34L)ため、航続距離が短い。

ユーロNCAPにおいて、超小型車としては当時最高の4つ星を獲得する高い安全性能を誇った。また日本仕様においてはフルサイズエアバッグを前2席に、このクラスでは珍しいサイドエアバッグをも備え、フォースリミッター付きシートベルトテンショナー、ISOFIXチャイルドシート固定装置なども標準で装備していた。

1.2リッター3気筒ディーゼルエンジン搭載の 3L TDI は「3リッターカー(100kmの距離を3リッターの燃料で走破できる車)」としてフォルクスワーゲン社の技術力をアピールした。グレード名にある"3L" も、3リッターカーであることに由来している。フォルクスワーゲングループ会長フェルディナント・ピエヒは「21世紀までに3リッターカーを市販する」とかねてから公言しており、このルポ 3L TDI の販売が1999年から開始されたことでそれが果たされた。燃料(軽油)の廉価さに加えて、二酸化炭素の排出量の少なさからディーゼルエンジンに対して評価の高いヨーロッパを中心に販売された。

標準より薄いガラスや軽量素材(アルミニウムやマグネシウム)の採用による軽量化が施され、車重は標準モデル比でおよそ200kg軽い830kgとなっている。ATには"ECO" と呼ばれるモードが用意され、このモードが選ばれている間は停車時にアイドリングストップシステムが作動、走行中は積極的に高いギアを選択する制御プログラムとなり、燃費向上を助ける。ほかにも、ボディ前面の空気取り入れ口の形状見直しによる空気抵抗の低減、転がり抵抗の小さいタイヤの採用など、燃費向上のための設計は多岐にわたる。

3L TDI の低燃費をアピールした広告(映像、および紙媒体)は、2000年のカンヌ国際広告祭で金賞を受賞した。

元来フォルクスワーゲン・ゴルフのスポーティーグレードとして設定されてきた GTI がルポにも設定された。1.6リッター直列4気筒DOHCエンジンに6段マニュアルトランスミッションが組み合わされる、いわゆるホットハッチである。最高時速は205km/h。

外装ではセンター出しマフラー、15インチのアロイホイール、ボディ同色のバンパー(標準モデルは下半分が艶消し黒)バイキセノンガスディスチャージヘッドライトなどがGTI専用装備となる。内装では赤いシートベルト、前席のみならず後部座席もセミバケット形状(カーブを走行中に乗員を保持するタイプのシート)を採用し、標準モデルでは3人掛けとなる後席がGTIでは2人掛けとなるため、乗車定員は4名である。見た目にはわからないが、標準タイプと比べアルミ素材を各部に採用しワンクラス上のエンジンを搭載しているにもかかわらず重量アップは最小限で、その他重量バランスを考慮しバッテリーを後部に移動したりと小技を効かせている。 ドアは「アルミ」であったが、2005年モデルの後期より「鉄」に変更されたため、やや重量増となった。

GTIをベースとした車両を用いたワンメイクレース、「ルポ GTI カップ」が、フォルクスワーゲン主催で開催された。このレースに参加できるのは、ロールケージなどのサーキット走行に即した装備を装着したルポ GTI カップカーのみで、参戦希望者にのみ販売された。なお、このカップカーは純粋なレース専用車両ではなく、販売される国の保安基準に適合した設計になっており、ナンバープレートを取得して公道上を走行することが可能である。


詳しく見る