ライフの新着ニュースまとめ

ライフとは?

「 ライフ」に関する基本情報から新着ニュースまで最新の情報から ライフを知る事ができるまとめサイトです。

ライフとは?

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 ライフ」の最新情報が見れます。


ライフの新着ニュースまとめ

「 ライフ」に関するニュースまとめ。記事から最新の情報がたくさんわかります。
次へ

ユーザーが疑問に感じている「 ライフ」に関する質問集です。

ライフの知りたいことや、みんなが疑問に思っている ライフに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので ライフへの疑問が解消されます

バイクに詳しい方回答お願いします(><) 3件ほどバイク屋を見て、ネットでもいろいろ見たんですが1番安価なもので質も悪くないものが売っていたのでバイク屋さんでバイクの購入を致しま した!私は22才で2輪の免許も取ったばかりで、バイクのことも無知です。
なので見に行った時はバイクの詳しい彼の父と母に付き合って頂き見に行きました。
その時のスタッフさんの対応もよく、そこで決めようと思い次の週に私だけで契約に行きました。
前回対応していたスタッフさんはお休みを頂いており、違うスタッフさんが対応してくれました。
もうどのバイクを購入するか決めていたので着いてすぐに、このバイクくださいとお願いしました。
そしたらすぐに契約になりました。
まずここで一つ目の質問です。
購入したバイクは中古なのですが、中古だと本体の傷の確認などは一緒にスタッフの人は行わないものですか? パーツの名前もわからないほどの無知なので説明が難しいのですが車体にかけてる部分があるんです。
そこをパテで直したりはして頂けないんですか?って聞いたらどこですか?って言われたんです。
中古のバイクを買うときはこういうものなのか、私が若いから甘く見られてるのか、ちょっと不信感を抱きました。
タイヤ交換も前後輪合わせて4980円と言われて、激安だから彼の父にタイヤ交換はお願いしなと言われてお願いしたら一つでその値段なので両方で倍かかりますとのこと。
言った言わないの話になってしまうのでそこは文句を言わず了承をし、契約をしました。
その契約のときも契約書の裏を読んで記入お願いしますと言われて、契約に関することの説明は一切ありませんでした。
これも質問なのですが、返品交換不可ですとか、重要なことの説明もしないでの契約は普通なのでしょうか。
何もかも初めてでもう少し詳しく教えてくれてもいいのになと思ってしまうほどの初心者なのですが、購入にあたりこれは当たり前のことなんですかね? 契約から2週間後の納車が最短ですと言われて、2週間後の日にはお休みがとれないと思うと伝えたらご来店できる日はといわれたのでその1週間後の日にちを伝えました。
納車ができたら連絡くれるとのお話だったのですが、納車の前日ならお休みが元々とれていたので早く終わるようであれば連絡をほしいと伝えお店を出ました。
3日後に再度早く納車できそうですか?と連絡をいれたら、今はまだわからないと言われたので、納車日まで待つことにしました。
前日になっても連絡がないのでこちらから連絡したら、担当の人間がいないのでわかりませんと言われる始末。
早めてほしいとも伝えてあるといったらそんな話は聞いてないとまで言われました。
私も確認を怠ったのが悪いのですが、契約書に納車日(来店)で私が行ける日が書いてありました。
だから納車日は契約書通りですと言われました。
何も知識を得ず購入した私もいけないと思いますが謝罪もなしで、対応も彼の父と母がいるときとは全く違う。
これは私が怒りたくなる気持ちもわかりますよね。
結局納車日間に合わなかったですと彼の父に伝えたら、直接電話をしてくれて、お話が違うのですがと。
そしたらすぐに謝罪。
彼の父はバイクを自分で改造するくらい好きな人なので、駆動系パーツの入れ替えもお願いしてたので、細かいパーツ色々言って、全部ちゃんと変えたか開けますよ?ってとこまで言ってくれたのですが、そしたらだまってしまいました。
そこでまた質問なのですが、バイク屋さんは皆が整備士の資格を持っているわけではないんですかね?整備士の資格を持っていなくても購入したバイクを整備し、お客様にお渡しするのは法律上問題のないことなんですかね? 長々と質問攻めで申し訳ないです。
一つ不安になると、いろいろ不安になってしまいまして。
早く納車してもらって、バイクライフ楽しみたいです✨

ホンダ・ライフ

ホンダ・ライフ

ライフ(Life)は、かつて本田技研工業が生産・販売を行っていた軽自動車である。
1970年代に生産された初代は、4ドアと、バックドア(ハッチバック)機構を持つショートカムバック型の2ドアワゴン / バンの設定があり、同じプラットフォームを使う派生車種として、セミキャブオーバー型バンのライフステップバンとピックアップトラックのライフピックアップがあった。横置きエンジン + 前輪駆動のレイアウトは、前作の「N360」や「Z」と同様であるが、エンジンは空冷から水冷に変更された。

初代の生産終了以降「ライフ」の名を引き継ぐモデルはなかったが、長いブランクを経て1997年に発表された軽トールワゴンとしてライフは復活した。2代目以降のモデルは八千代工業で製造され、その2代目はボディ形状から「ステップバンの再来」などと言われた。

1997年に軽トールワゴンとして復活して以来、長らくホンダにおける軽自動車の中心としてモデルチェンジを繰り返しながらも生産や販売が続けられた。しかしN-BOXを中心とする「Nシリーズ」の展開そしてN-WGNの生産開始を機に、2014年4月に生産・販売を終了した。

エンジンとトランスミッションを直列に横置きした、いわゆるジアコーザ式レイアウトを採用し、エンジンもN360と同様の直列2気筒ながら、空冷から水冷EA型へと変更されたことで、油臭や暖房能力の不足も解消され、快適性が大幅に向上した。翌年に発表されたシビックとの共通点も多く、その後のホンダ製乗用車の基礎が確立された時期のモデルでもある。また、ライフは日本で最初にエンジンにタイミングベルトを採用した自動車でもある。

販売期間が4年未満と短いが、初代シビックの世界的なヒットにより乗用車工場をシビックの生産に傾注させるため、ライフの生産を打ち切る決断がなされたためであった。これには軽自動車への車検の義務化や保安基準が新しくなったことにより、小型乗用車との価格差が縮まり価格的なメリットが薄れ、軽乗用車市場が縮小していたという側面もあった。シビックの最廉価グレードが40万円前半であったのに対し、ライフは最終的には最も安いグレードでさえ35万円を超えるようになっていた。これに加え生産面についても製造原価が両者はほとんど同じであったことが、製造中止の引き金になったという。

4サイクル2気筒エンジンに一次振動を消すバランサーシャフトという組み合わせは、中村良夫が東急くろがね工業時代に特許を取ったものであり、ライフ発売後、他社からも同様のエンジンを搭載した軽乗用車が販売された。
2代目トゥデイの基本コンポーネントを流用し、それまでの軽ボンネットバンから大きく変わった軽トールワゴンとして登場。パワートレイン、シャシ、内装(インパネ部)などはトゥデイとほぼ同一である。軽自動車法改正の直前に発売された影響もあり、この代は約1年半しか生産されていない。生産台数は35万8020台

エンジンはE07A型のみで、トランスミッションは5速MTと、トゥデイのギア比を見直した3速ATが組み合わせられた。

装備も充実が計られ、運転席SRSエアバッグ、熱線吸収UVカットガラス、抗菌ステアリング等が標準装備され、ABSが全車にオプション設定された。グレード体系は「B」・「G」・「T」の3グレード。

「K・ムーバー」シリーズの一つとして登場。同年10月1日に改正された軽自動車規格に伴い、ボディサイズが全長3,395mm、全幅1,475mmに拡大され、衝突安全性能の向上が計られた。合わせて、助手席SRSエアバッグも標準装備化された。

エンジンは車体の大型化に対応し、E07AからE07Zに変更。低回転域のトルクを約20%向上させながらLEV(レブ)仕様となった。トランスミッションも基本的に2代目を踏襲した5速MTと3速ATで、AT車ではコラムシフトが採用された。新たに4WDも全車に設定された。

オーディオスペースが2DINサイズに拡大される前には、オプションでコンソールボックスが用意されていたが、先代は2DINサイズであったものが、このモデルでは1DINサイズに変更された。

「ライキー」というタヌキのようなキャラクターが存在し、カタログ等に登場した。
開発コンセプトは「ハートフルテクノロジー」。主に女性をターゲットに開発され、広告展開された。「Hondaメイドのおいしいデザイン」をテーマとする丸みを帯びたワンモーションフォルムとなり、ボクシーな先代、先々代とは印象の異なるスタイルになった。全高は軽トールワゴンとしては低い1,575㎜(4WD車は1,595㎜)に抑えられ、先代の途中からオプション設定となっていたルーフレールや手回しのウィンドウ、手動ドアロック、アクセサリーソケットレスといった極端な営業車系のグレードは完全に廃止された。またFF軽では標準装備とはいかないEBD付ABSも当初は標準装備であるなど安全面も配慮された。

エンジンも新開発のP07A型が搭載され、先代と同じくNAとターボの2種類が設定された。トランスミッションはMTが廃止されATのみとなり、変速数は3速から4速となった。

多機能表示ディスプレイがスピードメーターの横に設置し、価格面よりも走りやインテリアなどの質感が重視された。どの方向からでも握りやすく、アイスクリームのスプーン等をイメージしたと言われる丸型のドアハンドルを装備し、ボディカラーもアイスクリームをイメージした「バニラクレム」「マッチャクレム」「カラメルクレム」が新開発された。先代のコラムシフトに代わり、全グレードに当時の軽自動車ではまだ珍しかったインパネシフトが採用された。

主に若い女性層をターゲットに想定していたが、走行性などにおいては重厚感を打ち出しており、現在でも評価が高い。オートカー・ジャパンの軽自動車対決テストでは2位となった。

発表時のグレード体系は「C」・「F」・「D」及び各グレードのターボ仕様(「Cターボ」・「Fターボ」・「Dターボ」)の6グレードで、先代で設定されていたターボエンジン搭載の派生モデル「ダンク」はDターボ(後のディーバ)になる形で廃止となった。2004年12月発売に、ダンク後継のスポーティ版特別仕様車「ディーバ」が人気を博し、2005年10月の一部改良を期に、カタロググレードに昇格し、専用デザインのバンパーが与えられた。同時に、「Dターボ」は「ディーバ」のターボ仕様に、2006年9月のマイナーチェンジ時に「D」は「ディーバ」の自然吸気エンジン仕様にそれぞれ統合された。

2008年9月18日に、広報発表において、エアバッグの容量を連続変化や、排気制御により、高い保護性能と低衝撃性を両立した運転席用「i-SRSエアバッグシステム」(連続容量変化タイプ)を5代目ライフから搭載することが発表された。10月からティザー広告が始まり、従来のカジュアルバージョン(事実上の標準グレード)の「G」、スポーティーグレードの「DIVA」に加え、ファッション性を高めた新グレード「PASTEL(パステル)」が加わった。

5代目では「デイリー・スマイル・テクノロジー」のコンセプトの元、特に運転のしやすさに配慮されている。細いフロントピラーやサッシュ一体型の大型三角窓、フロントワイパー位置の見直し、アイポイントとウエストラインの最適化、リアクォーターウィンドウの採用(6ライト化)、テールゲートウィンドウの大型化、後席シートバック形状の見直し、埋め込み式ヘッドレストの採用、など、前方・側方・後方すべてにおいて視界と見切りを改善している。

車両寸法は全長・全幅は相変わらず軽自動車枠一杯であるが、全高は1,610mm(FFモデル:先代比+35mm)と高めに設定されており、室内容積の拡大に貢献している。プラットフォームを一新することにより、先代比で約40kgの軽量化を実現した。また、ナンバープレートの位置は、先代のテールゲート上から2・3代目と同様、リアバンパー上に戻された。

バックモニター付オーディオが、軽自動車で初めて標準装備され(「C」を除く。後に標準装備からオプションに変更された)、これによりHondaスマートパーキングアシスト・システムは、音声案内の簡易タイプから、前後進ともにハンドル操作のアシストが行なわれるようになった(軽自動車初)。なお、モニター部分はコスト追求の面からPlayStation Portable(PSP-3000用)のものが流用された。



詳しく見る