パガーニ・ウアイラとは

「wikipedia」に記載されているパガーニ・ウアイラの情報を元にパガーニ・ウアイラの内容を詳しく知ることができます。

パガーニ・ウアイラ

ウアイラ(Huayra )はイタリアのパガーニ・アウトモビリが2011年に発表したスーパーカーである。

2010年に生産を終了したパガーニ・ゾンダの後継機として発表された。100台のみの限定生産。車名はケチュア語で風を意味し、南米の先住民族が信仰する神の名でもある(パガーニの創業者、はアルゼンチン出身)。

ゾンダと同様にAMG製V型12気筒エンジンを搭載し、さらにツインターボによる過給がある。トランスミッションは近年高級スポーツカーにおいて主流となっているデュアルクラッチ式ではなく7速シーケンシャルである。

ドアはゾンダと異なりベンツ・300SLのようなルーフ部分にヒンジがあるガルウィングドアである。モノコックフレームはカーボンとチタンを組み合わせた新開発のものである。車体の前後部には合計4枚の可変フラップがあり、空力性能の調節やエアブレーキの機能を持つ。

タイヤはピレリ製の専用のものである。

イグニッションキーは同車のミニチュアを形どっており、中央から二つに分けて使う。片方は鍵で、もう一方のパーツは車載オーディオに対応したUSBスティックである。

また、スピードメーターは415km/h(260mph)まで刻まれている。

最大出力730PS/5,000rpm、最大トルク1,000Nm/3,500rpmを発生、パワーウェイトレシオは1.85Kg/PSである。

0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は370km/hとV12エンジン搭載スポーツカーではトップクラス性能を持つ。
輸入車販売店のビンゴスポーツがパガーニの正規ディーラーになっているため、保証付きで購入できる。

2011年8月、アメリカ高速道路交通安全局(以下NHTSA)はウアイラのエアバッグが国の基準を満たしていないものとしてアメリカでの本機の販売を許可しないと発表した。パガーニ側は少量の台数を輸入するメーカーに対してエアバッグの基準適用を免除する特例措置を申請したが、NHTSAはそれを却下した。
これを受けてパガーニは400万ユーロをかけてエアバッグの改良を行い、アメリカでの販売は2013年からに延期された。

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「パガーニ・ウアイラ」の情報を元にしております。万一情報が古い場合や、間違いがある場合がありますので予めご了承ください。


パガーニ・ウアイラ

パガーニ・ウアイラの新着ニュースまとめ

「 パガーニ・ウアイラ」に関するニュースまとめ。記事から最新の情報がたくさんわかります。
次へ

【速報】車・バイクニュース

完全無料で話題の車・バイクニュースがすぐに読める(すべて見る)

見て楽しむ動画ニュース

【動画だから100倍楽しめる】見て楽しむ車・バイクニュース(すべて見る)

パガーニ・ウアイラに関するよくある質問

ユーザーが疑問に感じている「パガーニ・ウアイラ」に関する質問集です。

パガーニ・ウアイラの知りたいことや、みんなが疑問に思っている パガーニ・ウアイラに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので パガーニ・ウアイラへの疑問が解消されます。