フォーミュラ・ドリフトの最新ニュースをまとめて一気に見るならこちら👇

最新ニュースまとめ

レース毎に「動画付きレース結果」「放送予定」「ニュース記事」をクリックして見ることができます。右にスクロールできます。

2021年 フォーミュラ・ドリフト年間カレンダー・スケジュール

開催期間 レース名 結果 放送 記事

イベント内容

フォーミュラドリフトとは、全米で行われるプロドライバーによるドリフト競技

■ ドリフトの審査基準
走行ライン:25点+スタイル10点
角度:25点+スタイル10点
スタイル:30点
最高得点は、100点

基本となる走行ライン。コース上に定められたクリッピングポイントを走行できているか、コースからはみでていないか?

次に角度。ドリフト走行のかっこよさを示すドリフトの切れ角です。

そして、ドリフトのスタイル。競技の中で最も主観によるものですが、パフォーマンスの事。追走であれば、車両との距離。ドリフトであれば、極端な切れ角や壁との距離など加点される要素で審査されます。

■ ドリフトの競技進行
予選は単走を2回
上位32位が決勝で追走バトルを戦う


フォーミュラ・ドリフト公式サイト

フォーミュラ・ドリフトの公式ページ,Twitter,Instagram,Facebook,YouTubeなど最新の フォーミュラ・ドリフト情報をみることができる公式ページのリンクです。

ここさえ見ればレースが楽しめる情報をとことんまとめました。

レース年間スケジュールとは

フォーミュラ・ドリフトのレース日程をまとめてカレンダーで見ることができるレース開催日程まとめです。


レース放送日程まとめ

フォーミュラ・ドリフトのレース開催日だけではなく、 フォーミュラ・ドリフトのレースをもっと楽しめる基本情報と気になる放送日程を合わせて調査しまとめています。
レースの放送日程は、CS放送のJsportsやBS放送局、有料のHuluなどレースのプラクティス走行、予選レース、決勝レースの放送が始まる時間を調査しまとめています。
最近では、YouTubeなどで無料配信されるLive配信や、 フォーミュラ・ドリフトのレースを見逃しても楽しむことができるハイライト動画も調査しまとめています。
フォーミュラ・ドリフトのレース日程を軸にしたテレビ放送のカレンダーです。


レースニュースまとめ

フォーミュラ・ドリフトのレース結果や予選速報などオリジナルの記事を配信。メジャーなモータースポーツ関連のニュースから フォーミュラ・ドリフトの記事をまとめて配信しています。
フォーミュラ・ドリフトのレース開催日と放送日程が分かり、 フォーミュラ・ドリフトの動画やニュースもまとまっているので120% フォーミュラ・ドリフトを楽しむことができるサイトです。

日本国内・全世界で行われるモータースポーツのレース日程とテレビ放送・ネット配信の情報をまとめて見ることができるレーススケジュールまとめです。

フォーミュラ・ドリフトの知っておきたい情報

フォーミュラ・ドリフトに関する基本的な情報まとめです。

フォーミュラ・ドリフトとは?

フォーミュラ・ドリフト

フォーミュラ・ドリフト(Formula Drift)は、アメリカ合衆国で行われる、市販乗用車を改造した車両によるドリフト走行により競われるモータースポーツのカテゴリー。通称はフォーミュラD(Formula D)。

主催はスポーツカークラブ・オブ・アメリカ(SCCA)と、アメリカのマーケティング企業である「Slipstream Global Marketing」傘下のFormula Drift Inc.が手がけている。

日本の全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)の成功や、映画ワイルド・スピードシリーズのヒットに刺激される形で、2004年にカテゴリーが発足。

2014年現在、個人戦の「Formula Drift Pro Championship」シリーズ(2011年は全7戦)をメインに、下位カテゴリーに当たる「Pro/Am Series」、東南アジアを舞台としたアジアシリーズ(2008年発足)などでシリーズが構成されている。2014年には「FORMULA DRIFT JAPAN」がエキシビジョンで開催され(ただし富士ラウンドはアジアシリーズの1ラウンド扱いとなっており、アジアラウンドのポイントが付与されている)、2015年には正式なシリーズ戦としてスタートしている。さらに2015年はPro Championshipの上位クラスとしてFormula Drift World Championship」シリーズが追加されている(2015年は全10戦でProシリーズなどとの共催であるが、富士スピードウェイや中国などこのシリーズ限定のラウンドも設定されている)。

以前は日本のいかす走り屋チーム天国に相当する「Team Drift」イベントなども行われていたが、2011年現在は開かれていない。また2008年11月には、本シリーズ以外にD1グランプリなど世界各国のドリフト戦シリーズの上位入賞者を集めた「Red Bull Drifting World Championship」がスペシャルイベントとして開催された。

Pro Championshipシリーズは、オーバルコースのバンクを利用したコースレイアウトが最大の特徴となっている。そのため決勝トーナメントの追走ではそのバンクをうまく利用したか否かが評価の対象となるという他のドリフトイベントとは違うポイントといえる。またクリッピングポイントにセンサー付きのパイロンが設置されており、そのセンサーが反応したかどうかでクリッピングポイントを通過したかを判断している(これは決勝トーナメントが日が暮れた夜間に行われることも関係している)。

日本からは吉原大二郎が2004年のカテゴリー発足当初から参戦しており、2011年にはシリーズチャンピオンを獲得した。2009年シーズン以降、三木竜二・植尾勝浩らD1グランプリのシリーズチャンピオン経験者も参戦するなど、日本人参加者が大きく増加しており、2012年には斎藤太吾が吉原に次いで日本人2人目のシリーズチャンピオンとなった(斎藤はこの年アジアシリーズのタイトルも獲得し2冠を達成している)。

日本へ逆輸入という形で2015年より開催。

植尾勝浩や末永直登、益山航などD1やドリフトキングダムの他大会と並行して参戦するケースも多いが、松川和也や林和樹に寺町邦彦など舞台を移しての参戦も出ている。

D1やフォーミュラ・ドリフト ジャパンに参戦していた田口和也が、18年よりアメリカのフォーミュラ・ドリフトに参戦している。



詳しく見る

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 フォーミュラ・ドリフト」の最新情報が見れます。