新型GR86をHKSがチューニングした「GR86 HKS CONCEPT」の動画が公開

GR86に新たな価値を与えるHKS GR86 CONCEPTのPR動画。まさにGR86の未来の車を予感させる

新型GR86をHKSがチューニングした「GR86 HKS CONCEPT」の動画が公開

View:45118

詳細を見る

GR86 HKS CONCEPTプロモーションビデオ

映像をみて、どことなく感じるもの。 そう、ナイトライダーの登場シーンに似てない⁉️ どことなく未来感のある演出で登場するのはHKSがチューニングを施したGR86コンセプト 現代に輝くピュアスポーツカー GR86に新たなる価値を与える HKSのGR86プロジェクト HKSが提案するGR86のチューニングコンセプト 軽快感を際立たせるエキゾーストマフラー「Hi-Power SPEC L2」 走り心地をさらに極める車高調「HIPER MAX S」 HKS流のインパクトと機能美を与えるオリジナルエアロ BODY-Kit マシンパワーを扱いやすくするGT2スーパーチャージャー HKSが提案するGR86コンセプトかっこいいね

限定500台!話題の2022年モデルのGRスープラを動画レビュー

2020年にはトヨタの伝説的なスポーツカー、スープラが20年以上ぶりに復活したことは記憶に新しい。 先代同様、この新しい新型スープラは、5代目モデルとして明確な使命で自動車業界を揺るがした さらに新型スープラは、レースエンジニアリングのパフォーマンスの高さも魅力の一つだった😉 一般的なスポーツカーファンとしては、何よりも純粋なドライビングの楽しさを簡単に達成できる車。 そしてついに、2022年モデルのGRスープラのラインナップが発表されました❗️ 新しい特別モデルである A91-CF Editionは、限定600台 これまでのスープラの中でも極めて限定ヴァージョンとなる Mark 5 Supra です。 他の5代目スープラのラインナップと同様にA91-CF Edition は、見事にバランスの取れたハンドリングを提供します そしてタイヤ溶解性能も極めて魅力的 搭載されるパワーユニットは、 ターボチャージャー付きの3リッター直列6気筒 最大出力は、382馬力 0 - 60km/h加速はわずか3.9秒。 2022年モデルのGRスープラ特別版は、さらに多くのパフォーマンスを高める機能を搭載しています カーボンファイバーでできた外装のアクセントが盛り込まれており、名前にも「CF」が含まれています。 フロントに新しいカーボンファイバーのフロントスプリッターを採用 側面の大きなカナードも特徴的です。 カーボンファイバーサイドロッカーを側面に沿って装着。 トランクにかけてカーボンファイバー加工が続き、上部の空気をキャッチするダックビルスポイラーで、下のカナードが下を向いています。 GRスープラに装着されるエアロキットは見た目だけではなく、機能性が重視されダウンフォースの向上を目指したエアロ設計になっています。 毎日のドライブ中の安定性、そしてローカルトラックの周りのホットラップを実現してくれます。 ホイールは、独自の19インチ鍛造アルミホイール カラーは、マットブラックでストイックな質感を表現しています。 GRスープラ特別限定者のA91-CF Edition には、マットグレーのファントム塗装色、およびアブソリュート ゼロ ホワイトとナイトロ イエローのカラーがオプション選択可能。 インテリアは、赤と黒をテーマにアルカンターラとレザーでトリミングされています。 特別限定車には、 パドルシフト付き8速トランスミッション、 アダプティブ バリアブル スポーツ サスペンション そしてアクティブリアスポーツディファレンシャル、 赤いキャリパーを備えたフロント ブレンボ ブレーキも とシルバーのトヨタスープラのロゴ。 が装着されます もちろん、通常のドライビングを快適にするために素晴らしいエンターテイメントと利便性も提供してくれます。 12スピーカーのJBLオーディオシステム ヒーター付きの 14Wayパワー調節可能シート。 GRスープラは、トヨタのモデルでこれほどまでにないスタイリッシュなモデル パフォーマンス、テクノロジー、そしてそれを実現する多くのエキゾチックなスポーツカーをしのぐ価格で。

詳細を見る

新型GR86を動画レビュー。新型GR86の魅力を徹底解剖

全世界のスポーツカーファンが喜んだ「次世代のトヨタ GR 86」が動画で初お披露目! 今回のGR86 2022年モデルは、 サーキットにおける長年の厳しいテストをクリアして誕生した究極のスポーツカー。 GR86ほど、運転の楽しさと運転の興奮を体現する車両は少ない 現状のGR86と同じくらい徹底的に走りを追求した2022年モデルは、 まったく新しいバージョンになっても、その精神を最大まで堪能できるスポーツカーに仕上がっています😉 映像からもわかるようにGR86の走りは、限りなくエネルギッシュでトヨタの86イズムを継承したいます。 トヨタ社長豊田章男本人も納得の新型GR86😉 彼は、トヨタ自動車の社長かもしれませんが、レーシングヘルメットをかぶると、彼はモリゾーになる。 トヨタのリードマスタードライバーとしての彼の分身がモリゾー。 モリゾーもドライブした2022年の新型GR86は、 GAZOO Racing (GR)の称号を与えるに十分すぎるパフォーマンスを出しているのだ 2022年のGR86のラインナップとしては、2つのグレードが提供される予定。 GR 86 と GR 86 プレミアム、 どちらの車両もこの時代に6速マニュアルを装備できます✌️ もちろん、パドルシフト付きオートマチックトランスミッションの設定もあり、好きなタイプを選ぶことができる GR86の走りのパフォーマンスは、絶妙なバランスのハンドリング、 そして大幅に改善されたエアロダイナミクス シャーシは、以前の86よりも 50% 近く硬くなった GR86のパワーユニットは、ボクサーエンジン(自然吸気) NAならではの見事なレスポンスを発生 排気量は、2.4リットルのサイズに変更☝️ 最大出力は、7000rpmで、なんと228馬力❗️ わずか 3700 rpm で 184 ポンドフィートのトルクを発生する 駆動はFRの後輪駆動 リアにパワーを効率的に送るため、トルセンリミテッドスリップデフを搭載 GR 86のスピードを抑えるためのブレーキシステムも強化 ベンチレーテッド ブレーキを搭載し、フロント11.6インチ、リア11.4インチ。 2022年のGR86の新しいデザインは、 外観から洗練さが感じとれる。 フロントエンジンによる運動性能、後輪駆動を意識したFRスポーツカーのプロポーション。 ボクサーエンジン搭載により、低く、広く、長いボンネットの後ろにキャビンが設定されています。 さらにスポーティーなデザイン要素を盛り込み、アグレッシブなスタイリングを次のレベルに引き上げている 機能的なエアインレットやフロントのブレーキ冷却を意識したダクト、 ホイルーは、18インチ 後部のトランクには、ダックテールスポイラーを装着 気になるエクステリアは、 車両へのアクセスを容易にするスマート キー システムを搭載 標準で LED 照明が搭載 プレミアム モデルのアダプティブ フロント ライティング システム。 2022年モデルのGR86のキャビンは現行と同様だが、 第2世代として、非常にドライバーに焦点を当てたエクステリアに変貌 3つのモードを切り替えられるデジタル インストルメンテーションによってさまざまなデザインが提供されます 3つのモードは、 ノーマル スポーツ トラック 運転席・助手席に備わるフロントシートは、 走行時のアクション性を備えたサイドボルスター付きのディープバケットデザインのバケットシート ドライバーのみならず、同乗者も本気のコーナリング時でも体をしっかりとホールドしてくれます 他にも パーキングブレーキのレザートリムのアクセント シフトブーツ オートマチック車用ステアリングホイール スポーツカーであろうとなかろうと、GR86 はまだ日常のドライブに必要な実用性を兼ね備えている。 オートエアコンを標準装備 2×2の座席配置 86のラゲッジスペースも確保されており、タイヤ4本を積むことも可能 GR86のインテリアは、センターに備え付けられた 8 インチ タッチスクリーン オーディオ システム これによって多くのエンターテイメントの提供が可能です。 他にも2つのUSBポートがあり、Apple CarPlayの標準互換性だけでなく、 ドライバーを Apple Music、マップ、iPhone からのメッセージやその他のお気に入りのアプリと接続が可能 もちろん、Android Auto対応 Android デバイスとの接続を簡単に維持できます。 パフォーマンスドライビングを重視する車の場合、安全性も極めて重要です。 すべてのトヨタ車と同じく、GR86 には STAR 安全システムが含まれています。 オートマチックトランスミッションモデルがさらに一歩進んだ 標準のアクティブセーフティシステム付き プリクラッシュセーフティシステムのように、車線逸脱警報、 オートマチックハイビーム、アダプティブクルーズコントロールの機能が備わっています。 GR86には、 7つものエアバッグを備えつけられており、衝撃時にドライバーや同乗者を守ってくれます。 この2022年モデルのトヨタGR86は、応答性が高く、運転が楽しくなる新時代の到来を告げます。

詳細を見る

GYMKHANA 2020 スバルWRX STIに対決するビッグタービンを搭載したツインターボ コルベットC5

GYMKHANA 2020 スバルWRX STI VS コルベット

SUBARU WRX STI 2020年をベースにジムカーナ仕様にチューニングを施したマシン と シボレーコルベットをベースにチューニングされたツインターボのマシン を対決させてしまう動画 馬力は、 GYMKHANA 2020 スバルWRX STI  862馬力  6SPEED SEQUENTIAL 2,623 LBS 2.3L 4気筒水平対向ターボ AWD コルベットC5 は850馬力  T56 6SPEED 3,200 LBS V8 ツインターボ RWD ボンネットに収まりきらないビックタービンを搭載したツインターボコルベット まずは、お互いのマシンを徹底的に解説 その後、対決に入る。動画では8分以降 ラウンド1の対決では、圧倒的な加速でスバルWRX STIが勝利 スタートダッシュの加速の速さとその後の加速の伸びが半端ない 続いてラウンド2 コルベットは後方から加速 スバル WRXが後からスタートしていく形、徐々に追いついていくが、ギリギリ追いつけずコルベットが勝利 いずれにしてもこの2台のチューニングカーの速さは半端ない

詳細を見る

新型カローラクロス2022 動画レビュー。トヨタの新型SUVが初公開

新型SUV カローラクロスの動画が公開

2022年にトヨタが北米に投下する新型SUV「カローラクロス」 動画で見る新型カローラクロスとは カローラクロスのサイズ感としては、トヨタが提供しているSUVでは、 RAV4以下、C-HRの上 両者の中間として投入されるのがカローラクロス 名前の通りカローラシリーズのSUVとしてアグレッシブな外観 カローラに比べても全体的にひとまわり大きめのサイズかんで登場するカローラクロス 2.0リッター4気筒のNAタイプで169馬力を発生 CVTと組み合わされた4WDシステム

詳細を見る

BMW 新型i4動画。BMW i4の価格は、55,400ドル。BMWのEV車両の投入が加速

BMWのEV車両「i4」が登場

BMWがEV車両として発表した「i4」 BMWが新型i4の動画を公開しました。 エクステリアは、BMWらしく大型のグリルを備えた印象。 少しだけ特徴のあるホイールとなっている iシリーズは、BMWのEVシリーズで今後はiシリーズを中心とするEV車両へシフトしていくBMW BMWによるとi4の価格は、55,400ドルという設定 EVシフトに拍車がかかりそうなほど意外と安価な設定 気になるBMW i4のスペックは、 モーターをリアに1つ搭載するモデル それでも最高出力は335馬力 バッテリーは81.5kWh 0-100km/h加速:5.7秒 最高速度:189km/h 4WDのi4 M50の設定もあり、こちらは、価格が65,900ドル 540馬力 0-100km/h加速:3.9秒 最高速度:225km/h

詳細を見る

WRCで活躍したスバル インプレッサ GC8 WRC2000(S6)。藤原文太も愛したGC8の魅力的に走行する動画

スバル インプレッサ S6 WRC2000

故リチャード・バーンズが世界ラリーで多くの勝利を収めたスバル インプレッサ S6 WRC2000 2000年の世界ラリー選手権のラウンド3に使用されたシャシー#11 リチャード・バーンズとロバート・リードによって勝利を収めたラリーカー 現在のオーナーの協力の元、21年ぶりに撮影されたPR動画がこちら マシンだけではなく、オリジナルのペースノートやFIAゴールドログブック、FIAタグ、身分証明書、通信用ヘッドセットなどもそのまま維持されている 当時そのものスバルインプレッサ WRC2000は、ボディにも傷がそのまま残っており、オリジナルのままのエンジン、トランスミッション、コンピューターも当時のまま 世界で最も保存状態の良いWRCカーの1台

詳細を見る

ロータリー大好きのプロドリフトドライバー「マッド・マイク」が今までにパフォーマンスをしてきた場所を一気見してみよう

ロータリー仕様のドリフトマシンで繰り返されるマッド・マイクのドリフトパフォーマンス

ドリフトが好きな人なら一度は聞いたことがあることでしょう プロドリフトドライバー「マッド・マイク」の名前を ニュージーランド出身のドリフトドライバーのマッドマイクは、 MAZDAのロードスター、RX-7、RX-8などのロータリーエンジンのマシンをドリフト仕様に改造することでも有名 彼は、4ローター化され1000馬力を越すドリフトマシンを操り世界中でドリフトパフォーマンスを見せてきた RedBullがスポンサーとなって全世界で行われたマッドマイクのドリフトパフォーマンスを一気に見ることができる 峠を封鎖して行われた峠ドリフトパフォーマンスなどなど神業のドリフトパフォーマンスを見ることができるのだ

詳細を見る

トヨタヤリスが2020年のWRCラリー1規定に合わせたハイブリットマシンをテストする様子が公開された。WRCもEV時代に突入していくぞ

WRCラリー1マシンの開発の様子を公開

2021年シーズンのWRC(世界ラリー選手権)で絶好調の走りと成績を出しているToyotaGazooRacingチーム。 めちゃくちゃ速いラリーカーを作り上げたトヨタ。 2020年以降にWRCのレギュレーションや競技車両の方向性が大きく変わろうとしている ● 2022年のレギュレーションで ハイブリッドの導入初年度となる  ハイブリッドのシステムは、ドイツの「コンパクト・ダイナミクス社」1社    最高峰クラスのラリー1にこのハイブリッドの導入が決まっている  WECなどで多くのハイブリッドノウハウをもつTOYOTAだったが、今回の決定でドイツの「コンパクト・ダイナミクス社」一社の単独サプライヤー制になってしまう。  一部では、WRCから日本車が締め出されるという声もあるようだ。  ただし、ハイブリッドシステムと組み合わされるエンジンは、1.6リッター直列4気筒ターボエンジンの規定が流用されるようだ  ※まだ詳細は決まってはおらず、もしかするとよりパワーが劣るラリー2の規定エンジンを採用する可能性もある 今回公開された動画では、ハイブリッドシステムを搭載したヤリスWRCがダートコースを駆け抜けるテスト走行シーンが見てとれる TOYOTAのテクニカルディレクターであるトム・ファウラー氏によると、まだ現時点ではほとんどが設計フェーズ。 マシンをゼロから製造する工程とテストを繰り返すためにミュールカーを走らせているとのこと 夏に間に合うように完全なパッケージに仕上げたマシンで走行させるべく開発を進めているとのこと

詳細を見る

マクラーレン スピードテールをイメージした時計「Richard Mille RM 40-01 」

マクラーレンスピードテールの時計が登場?!

マクラーレンが世に送り出すハイパーカー「マクラーレン スピードテール」 マクラーレン史上初となるハイパーGTカー 特徴的なのはエアロダイナミクスを意識したテール部分 流線形を意識したボディで、1050馬力を発生させるハイパーマシン💨 シートレイアウトも運転席をセンターに配置した3人乗り 今回は、このマクラーレンスピードテールをイメージした時計「Richard Mille RM 40-01 」に合わせたPV スピードテールのかっこよさが際立つプロモーションビデオだ マクラーレン スピードテール

詳細を見る

ポルシェタイカン クロスツーリスモ 2021のマシンレビュー。ツーリングワゴンとは思えない速さはEVスポーツのポルシェタイカンゆずりのパフォーマンス!

3ローターのRX-7とフェラーリ488の直線対決

ポルシェのEVスポーツ「ポルシェタイカン」 ツーリングワゴンタイプのポルシェタイカン クロスツーリスモを徹底レビュー 外観やインテリアから0-50km/hのフル加速まで徹底的にポルシェタイカン クロスツーリスモを体感できる動画がこちら EVならではの加速スピードの速さがひかるポルシェタイカン。SUVとなっても0-50km/h 加速はたったの2.8秒と圧巻のパフォーマンスを見せつけられた 0-100km/h 加速:5.1秒 最高出力:350kW / 476PS 最高速度:220km/h 価格:13,090,000円 ポルシェ・タイカン クロスツーリスモ

詳細を見る