トヨタヤリスが2020年のWRCラリー1規定に合わせたハイブリットマシンをテストする様子が公開された。WRCもEV時代に突入していくぞ

2020年に導入されるハイブリッドシステム搭載の新規則「ラリー1」のマシン開発の様子を公開。GRヤリスをベースにハイブリッド化したマシンの走りを動画で確認することができるぞ

トヨタヤリスが2020年のWRCラリー1規定に合わせたハイブリットマシンをテストする様子が公開された。WRCもEV時代に突入していくぞ

View:15245

詳細を見る

WRCラリー1マシンの開発の様子を公開

2021年シーズンのWRC(世界ラリー選手権)で絶好調の走りと成績を出しているToyotaGazooRacingチーム。 めちゃくちゃ速いラリーカーを作り上げたトヨタ。 2020年以降にWRCのレギュレーションや競技車両の方向性が大きく変わろうとしている ● 2022年のレギュレーションで ハイブリッドの導入初年度となる  ハイブリッドのシステムは、ドイツの「コンパクト・ダイナミクス社」1社    最高峰クラスのラリー1にこのハイブリッドの導入が決まっている  WECなどで多くのハイブリッドノウハウをもつTOYOTAだったが、今回の決定でドイツの「コンパクト・ダイナミクス社」一社の単独サプライヤー制になってしまう。  一部では、WRCから日本車が締め出されるという声もあるようだ。  ただし、ハイブリッドシステムと組み合わされるエンジンは、1.6リッター直列4気筒ターボエンジンの規定が流用されるようだ  ※まだ詳細は決まってはおらず、もしかするとよりパワーが劣るラリー2の規定エンジンを採用する可能性もある 今回公開された動画では、ハイブリッドシステムを搭載したヤリスWRCがダートコースを駆け抜けるテスト走行シーンが見てとれる TOYOTAのテクニカルディレクターであるトム・ファウラー氏によると、まだ現時点ではほとんどが設計フェーズ。 マシンをゼロから製造する工程とテストを繰り返すためにミュールカーを走らせているとのこと 夏に間に合うように完全なパッケージに仕上げたマシンで走行させるべく開発を進めているとのこと

マクラーレン スピードテールをイメージした時計「Richard Mille RM 40-01 」

マクラーレンスピードテールの時計が登場?!

マクラーレンが世に送り出すハイパーカー「マクラーレン スピードテール」 マクラーレン史上初となるハイパーGTカー 特徴的なのはエアロダイナミクスを意識したテール部分 流線形を意識したボディで、1050馬力を発生させるハイパーマシン💨 シートレイアウトも運転席をセンターに配置した3人乗り 今回は、このマクラーレンスピードテールをイメージした時計「Richard Mille RM 40-01 」に合わせたPV スピードテールのかっこよさが際立つプロモーションビデオだ マクラーレン スピードテール

詳細を見る

ポルシェタイカン クロスツーリスモ 2021のマシンレビュー。ツーリングワゴンとは思えない速さはEVスポーツのポルシェタイカンゆずりのパフォーマンス!

3ローターのRX-7とフェラーリ488の直線対決

ポルシェのEVスポーツ「ポルシェタイカン」 ツーリングワゴンタイプのポルシェタイカン クロスツーリスモを徹底レビュー 外観やインテリアから0-50km/hのフル加速まで徹底的にポルシェタイカン クロスツーリスモを体感できる動画がこちら EVならではの加速スピードの速さがひかるポルシェタイカン。SUVとなっても0-50km/h 加速はたったの2.8秒と圧巻のパフォーマンスを見せつけられた 0-100km/h 加速:5.1秒 最高出力:350kW / 476PS 最高速度:220km/h 価格:13,090,000円 ポルシェ・タイカン クロスツーリスモ

詳細を見る

3ローターのRX-7(FD3S)とフェラーリ488 Pistaがドラッグカー対決

3ローターのRX-7とフェラーリ488の直線対決

● MAZDA RX-7(FD3S) エンジン:3L 3ローターターボ 馬力:1033馬力 ミッション:6スピード T56 MAGNUM ● フェラーリ488 PISTA エンジン:3.9L V8ツインターボ 馬力:730馬力 ミッション:7スピード DUAL CLUTCH 2台のドラッグカー対決 ラウンド1は、圧倒的な出だしでフェラーリが圧勝 もしかしてFDがスタートをミスったのか?! ラウンド2 今度は、RX-7(FD3S)が好スタート❗️ しかしながら、勝ったのはフェラーリ❗️

詳細を見る

新型隼とZX14はどっちが速い?!直線対決「新型ハヤブサ対ZX14R対NinjaH2」

新型ハヤブサの速さを競うゼロヨン対決

スズキが発売する新型隼 隼といえば、バイクの中でも加速、最高速ともに最強😉 実際に加速がどれほど速いのか?気になる人も多い直線対決を直接実現してしまった企画は、 Motor STATION TVのもので丸山浩自らがライディングして試す💨 新型隼 VS ZX-14R 出だしのリアクションタイム(反応速度) 新型隼:0.588 ZX-14R:0.656 ゼロヨンタイム 新型隼 :10.297 ZX-14R:11.525 最高速度 新型隼 :231km/h ZX-14R:208km/h 新型隼 VS NinjaH2 出だしのリアクションタイム(反応速度) 新型隼:0.862 ZX-14R:0.536 ゼロヨンタイム 新型隼 :10.139 ZX-14R:10.852 最高速度 新型隼 :230km/h ZX-14R:222km/h

詳細を見る

ランエボのヴァーチャルカスタムがめちゃくちゃかっこいい!

三菱ランサーエボリューションのヴァーチャルカスタムがかっこいい

hycode氏が作る三菱ランサーエボリューションのヴァーチャルカスタム ノーマルでも迫力のあるランサーエボリューションにさらに存在感のある強烈なエアロを装着 ボディはワイドに広げられて、前後ともに拡張されたオーバーフェンダーと綺麗に繋がったサイドスカート サイドスカートは、フロントのリップとの統一されたデザインで、ヴァーチャルデザインとはいえかなり空気の流れを意識したデザインとなっている リアには、左右2本だしの大経口マフラーにディフェイザーが装着。 エボにしては少し控えめな大型のリアウィング カラーは、グレー、ワインレッド、ブルー、グリーンとどのカラーリングもめちゃくちゃかっこいい😉

詳細を見る

KTM X-BOW GTXとGT2コンセプト、動画で見ると惚れてしまうほどかっこいい

KTM X-BOW GTXとGT2コンセプト

バイクメーカーのイメージが強いKTM X-BOW クロスボウのレーサータイプの4輪車種を2008年に発表してから、次世代のX-BOW GTXをワールドプレミア。 走行シーンとスーパーカー並のレーシーな外観の車両 オールブラックのカラーリングのGTXとホワイトとオレンジのカラーリングで登場したGT2コンセプトの2台 ボディは全てカーボンでできたフルカーボンボディ エンジンは、ミッドシップの配置で、アウディ製の2.5リットル直5ターボエンジンを搭載 最大出力は530馬力、車両重量は1048kgという軽量のレーシングカーでパワーウェイトレシオは1.98 空力を意識したボディ形状は、レーシングカーそのものKTMの4輪車両は、常にサーキット走行を意識したレーサータイプの車両がKTMらしい KTM X-BOW GTX & GT2 CONCEPT

詳細を見る

衝突テスト 頑丈で有名なVolvo XC40とフォード マスタング March-E の衝撃テスト対決

衝撃テスト!Volvo 対 フォード

車を発売するために避けては通れない衝撃テスト 万一の事故を想定して色々な衝撃テストを行い車両の安全性をテストするもの アメリカの衝突テストは、IIHS(米国道路安全保健協会)が行うもの 衝撃テストの内容は、 ・オフセット全面衝突試験 速度は64km/h ・SUV側面衝突試験 速度は50km/h ・後突頚部傷害保護試験ルーフ強度試験ESC装備有無を評価 今回衝撃テストを受けす車両は、 安全で頑丈なイメージが強いVolvo Volvo XC40 Recharge 価格: 649万円〜 エンジン: 1.5 L 直列3気筒 バッテリー充電時間: 3時間 at 220V バッテリー: 11 kWh 326 V リチウムイオン電池 EV 走行距離: 合計 672 km ボディサイズ: 全長 4,425 mm x 全幅 1,875 mm x 全高 1,660 mm 車両重量: 1,810 kg Ford Mustang Mach-E 価格: 444万円〜

詳細を見る

どんな雪道だってへっちゃら。ワンタッチで装着できる車用キャタピラー

ワンタッチ?!脱着可能なキャタピラーで即席で車をスノーモービル化?!

車で雪道を走るには、チェーンやスタッドレスタイヤを装着して走ることができます。 ただし、本格的な雪の上を走ろうとすると、スタッドレスタイヤでは無理😭 でも車で颯爽と雪道を走りたい❗️ そんな欲望の末に生まれたキャタピラー型の足回り 雪国用の車として昔からタイヤをキャタピラーに取り替えてしまう改造車は作られてきました。 ただし、キャタピラーを取り付けてしまうと、雪道以外の走行が難しくなってしまう。 今回の映像に出てくる車用キャタピラーは、脱着式。 しかも、ワンタッチで脱着可能なようで、キャタピラーの上にタイヤを乗せて固定するだけでOK そのまま雪道に走り出すと圧雪されていない雪道も爽快に走り抜けることができます。 雪道だけではなく、圧雪された道や道路もそれなりのスピードで走れてしまう優れもの。 足回りをキャタピラーにしてしまうだけで、雪道走破性が最強になってしまう わざわざスノーモービルを購入しなくても、これさえあれば雪国の生活が楽になるかも

詳細を見る

RB26DETTを2.8リッターにボアアップ!R33 スカイラインGT-Rのエンジンが奏でるRBサウンド

RB26DETTを2.8リッター化して850馬力を絞りだすR33 GT-R

日産が世界に誇るスポーツカーGT-R RB26DETTを搭載するR33スカイラインGT-Rのエンジンを2.8リットル化してRB28DETTにチューニングして850馬力を発生させるモンスターマシンをチューニングした 海外のR33大好きオーナーが愛車のスカイラインGT-Rを紹介❗️ ベース車両は、ワインレッドの日産スカイラインGT-R V-Spec R33型 見た目は、フロントに見えるインタークーラーが目立つくらいで、比較的大人しめな印象。 この大人しめのR33に秘められたパワーは、なんと850馬力❗️ まさに羊の皮を被った狼といった状態だろう。 海外オーナーのスコッティ氏が愛車を紹介するこちらの動画 彼の日産スカイライン(R33 GT-R)は、ストリートモンスターだ。 エンジンは、SpoolImportsがチューニングを行い、2.8LRB ECUで調整されたエンジンは8500回転以上、心地よいエンジンサウンドを響かせてくれます。 ※見て楽しかったYouTube動画をご紹介しています

詳細を見る

HKS GRヤリス(谷口信輝選手)がおわらサーキットのコースレコードを更新

GRヤリス 最速タイムアタック

GRヤリスのサーキットタイムトライアル企画 富山県富山市にあるおわらサーキットで行われたサーキットのタイムアタックチャレンジ HKS GRヤリス(4WD) ドライバーは谷口信輝選手 目標タイム59秒081を目指し、小雨の降るなかタイムアタックを開始💨 48秒700のタイムを記録して コースレコードを更新❗️ HKS GRヤリスのパフォーマンスと谷口選手のドライビングテクニックであっさりとコースレコードを更新してしまう すごい GR ヤリス RZ"High performance"でもタイムアタック 52秒970を記録 続いて、D1ドライバー斎藤太吾選手がタイムアタックに挑戦 FAT FIVE RACING GR ヤリス ドリフト仕様のFR化されたマシンでマシンパワーは1000馬力❗️ タイムは、51秒284 続いて谷口信輝選手が斎藤太吾選手のGRヤリスを借りて走行 タイムは、50秒717 GRヤリス楽しそうな車ですね ※見て楽しいYouTube動画をご紹介しています

詳細を見る