海外にもいた。マフラーをタケヤリに改造してしまう街道レーサー現る

ブラウザが動画の再生に対応していません。

昭和の自動車用語の代表的なワード竹槍マフラー(タケヤリ)。昭和の暴走族を中心に行われた車両の改造。日本では規制も厳しく見かけることも少なくなったが、海外のチューナーがタケヤリマフラーを装着したホンダのFITが発見される



Twiiterで1230いいねを獲得!バズって話題になった動画がこちらです。

タケヤリマフラーとは


海外のホンダフィットオーナーが取り付けたタケヤリマフラー。
日本では見ることが少なくなったタケヤリマフラーなのだが、そもそもタケヤリマフラーの定義とは?

タケヤリとは昭和の自動車用語で、主に暴走族の改造方法で
通常のマフラーにテールパイプを取り付ける延長したもので、
テールパイプは、斜め上に向けて1メートルから2メートルほど延長されたものが多い
典型的な族車チューニングの代表的なものとされる。

今回のホンダFitのタケヤリマフラーは、日本のタケヤリのイメージに対しては少し地味なもので
車のマフラーにバイクのマフラーを取り付けたようなレベルのもので、
センターから斜め上に向けられて作られたもの

いずれにしても、日本の族車世代にとってはタケヤリマフラーというワードに心がワクワクしてしまうのではないでしょうか

ネットのコメント


「撃てーっ!」

「野砲かよw」

「ランキーのスーパーってやってる時の腕の角度と一緒だ」

「いや、その黒煙はV8トラックのやつ〜」

「シャコタンブギや」

「竹槍にすることで後続車への被害を防いでるんですね」

2020-04-19 1230

GoAuto公式Twitter

安心と信頼のフォロワー8万人以上!
毎日車・バイク動画を投稿!
月間1000万のアクセス数!
車、バイク好きが集まる!
広告Tweet一切なし!

最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。

いいね1000以上のバズ動画

話題の乗り物ニュース速報

SNSで話題になっている乗り物ニュース速報
もっと見る