LFAのエキゾーストサウンドが聞きたいならどうぞ。LFAエキゾーストサウンド動画

管楽器のような甲高いサウンドが特徴的なレクサスLFAのエキゾーストサウンド。音に拘って作られてLFAのV10サウンドが聴ける動画がこちら

LFAのエキゾーストサウンドが聞きたいならどうぞ。LFAエキゾーストサウンド動画

View:1234

詳細を見る

管楽器サウンドと称されるLFAのエキゾーストサウンド

レクサス LFAのエキゾーストサウンドは、音に拘って作られただけあって聞いた人を魅了する管楽器のような上質なエキゾーストサウンドを実現している。 4.8L v10 560馬力のレクサスLFA 心臓部分のエンジンは、楽器メーカーでありバイクメーカーでもあるYAMAHAが担当 エキマニやマフラーは、トヨタグループの株式会社三五 エキゾーストサウンドについては、この三五独自の音色開発手法によるチューニングが施されたことにより 管楽器のような上質なエキゾーストサウンドの実現に至った レクサス x YAMAHA x 株式会社三五 LFAのイメージといえばYAMAHAが関わって作ったイメージが強いが、このエキゾーストサウンドについては、 株式会社三五の実績が大きい

ネットのコメント

「当方トレーラーで左車線走行中の横浜ベイブリッジで 中央車線からぶっちぎってった白いLFAのブリッフィングエギゾーストノートは心地よかった2つのハート 後にも先にも この一度しか遭遇した事はありません天使の赤ちゃん」 「ヤマハが金管楽器の技術を用いて音のチューニングを行なってます」 「音めっちゃええ」

最高速度230km/hのスーパーカート。フォーミュラ並のオンボード映像が話題

最高速200kmオーバーのスーパーカート

車好きなであれば、レーシングカートに乗ったことがある人も多いのではないでしょうか? レーシングカートといえば、フレームにエンジンとタイヤをつけた非常にシンプルなもので レーシングスーツとヘルメットなど生身に近い状況でサーキットを走るスポーツ。 その中でもスーパーカートとは最高速度が230km/hにも達するマシン オンボード映像だけでも速さが伝わる映像。 映像だけでもそのスピード感に圧倒され、ネットでも話題になった動画です スーパーカート(フォーミュラカート)とは? 国際サーキットでも走行が可能なカートのカテゴリで、アマチュアからプロドライバーまで幅広く行われている クラッチは、シーケンシャル6速トランスミッション、4サイクル250cc

ネットのコメント

「楽しそう!!やってみてぇ〜〜〜」 「横Gに耐えてるってのがすげぇ 耐えれるようになったら面白いだろうなぁ....」 「生身さらけ出したままとか怖すぎ クラッシュしたら即死じゃん笑」 「一発終了な感じ 危険過ぎます」 「オチッコ チビリます」 「体感速度尋常じゃないんだろーな」 「目線低いからもっと体感 すんごい事になってそう」 「エンジン何積んでるんだろ、、、」 「よくこんな小さいタイヤでグリップしてるよな」 「首がおかしくなりそう」 「インか?アウトか?、、、アウトだとぉぉ!」 「((( ;゚Д゚))) ゾクゾクする!!」 「これホッケンハイムですかね? ヤベェ速いですねww」

詳細を見る

ハチロク好きな人多いんじゃないかな。40年前のAE86で華麗にドリフトする海外ユーザーが話題に

AE86の華麗なドリフト

AE86といえば、1983年(昭和58年)に発売された車両 正式名称は、トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ 生産された台数は、 トレノが3万5949台 レビンが6万6000台 と10万台弱の車両が生産された物の40年前の車両のため、なかなか見かけることも少なくなった車両の1台 海外のAE86オーナーがチューニングを施し華麗にドリフト走行する映像に 日本のAE86ファンならずともワクワクを感じた人が多いのではないでしょうか。

ネットのコメント

「かっけぇ」 「当たり前」 「綺麗なドリフト!!流石です!!」 「俺は嫌い!」 「渋い」 「楽しそう」

詳細を見る

このくらい軽々とバイクコントロールできたら楽しいだろな

アメリカンバイクを自由自在にコントロールするスゴ技

アメリカンスタイルのバイクを軽々とウィリーさせ、 しかも片手でバイクを扱う凄技 ウィリーした後もタイヤをホイルスピンさせそのまま加速 ツナギを着ている訳でもなく軽装のままバイクを自由自在に操ってしまう神業がネットでも話題に

ネットのコメント

「巨摩郡なら…」 「良い音♪」 「死ぬなら誰にも迷惑かけずにさっさと死んで欲しい」 「公道ではダメですね。。。」 「逝くときは一人でね」 「そういうのはレース会場でしてくれや…」 「尻擦ってる(°Д°) いや技術は羨ましいけど公道でこれやられたら周りのがビビりますね(*^^*)」 「これこそ!!ヘアピンサーカス (ヘアピンじゃねーけど)。怪我なきようにお願いします。」 「脇から飛び出されたらなんも出来ひんやん?」

詳細を見る

タービン動かしとったんはお前か!ブーストアップの正体が判明した瞬間驚きの事実が発覚しました

タービン動かしとったんはあいつか

スポーツカーのチューニングでは定番のターボチューニング タービンを変更し過給圧をアップしてチューニングするのだが、 タービンに仕込まれた原動力の正体が判明・・・ なんと、タービンを動かしていたのはハムスター! このファニーな動画が面白おかしくネットでも話題に

ネットのコメント

「「馬力」じゃなくて「鼠力」だったのか」 「可愛いな~(ノ´∀`*)」 「音源にちょっと腹たった」 「どのくらいの過給圧まで加給できるのでしょうか?」 「最大0.1ですね ブーストの立ち上がりも滑らかで ターボラグが少なくNAと同じような感覚で乗れます(F外失)」 「ハムー」 「ブローオブバルブの音 www」 「チューインターボでしたか」 「最後一瞬ほんもn(((殴」

詳細を見る

まるでワイルドスピード?!バックから回転して方向転換するアメ車のワイルド感が半端ない

アメ車が繰り広げるバックスピンターン

アメ車が繰り広げるバックスピンターン。 バックでスピードを上げて走行して、一気にハンドルをきり車体を回転した後に ギアをドライブに入れホイルスピンさせながらマシンの状態を整えて前進する 映画やドラマでよく見かけるシーン。 アメ車で実施するとめちゃくちゃワイルドで半端なかった

ネットのコメント

「めっちゃ連続再生した」 「こんな運転できる人マジ尊敬します かっこいい!」 「Someone overlay the Dukes music please...」

詳細を見る

めちゃくちゃシンプルな電動一輪車が登場!絶対にこれは欲しい

電動一輪車がシンプルでかっこいい

みた瞬間にお洒落で近未来感のある一輪車 電動で軽々と移動ができるモビリティとして開発されたもの 乗ってみたいとネットでも話題に

ネットのコメント

「日本だと、ヘルメットとウィンカーとナンバープレート必要だろうなぁ…」 「when are you guys getting these rotiforms in stock?」 「that’s pretty rad actually」 「楽しそう」 「ドラゴンボールとかに出てそう」

詳細を見る

身体能力たかっ。ハイサイドを力でねじ伏せる驚異的な身体能力

ハイサイドを身体能力で乗り切るライダー

バイクレースでよくある転倒原因のハイサイド 多くのライダーはハイサイドに陥るとマシンをコントロールするどころか、体ごと投げ出されてしまうことも多いのではないのではないか 映像をみる限り、マシンがコントロールを失った直後にライダーがハンドル操作と全身を使い直感的にマシンを押さえ込んで転倒を防ぐシーン。 もちろん偶然であり奇跡的な光景なのだが、そもそも身体能力が高くなければできない神業としてハイサイドをリカバリしたライダーの映像が話題に

ネットのコメント

「マモラの再来 Randy Mamola highside save 1985 500cc San Marino Grand Prix Misano」 「凄い!なの体勢のなかスロットル戻してロックさせない程度にブレーキングしてる」 「すげぇ..」 「あれ?この後バイクに乗る映像じゃないΣ(゜Д゜) あれも凄かったけど…」

詳細を見る

手押し一輪車にエンジンを搭載した激速一輪車。乗ってみたい一輪車として話題

エンジンを搭載した一輪車

これ乗りたい人多いんじゃないかな 人力が当たり前、手押しの一輪車にエンジンを搭載し、運転することができるように改造をおこなった強者 映像でみる限りでは、作れてしまいそうなものだけに、なんで今までこうゆうものがなかったのか?!とネットでも話題に

ネットのコメント

「早っ!Σ( ̄□ ̄;)」 「朝キックしすぎて鼠蹊部部分の腰関節痛い」 「そんなに難しくなさそうだな… 作るか?」 「なるほど。スクーターのエンジンをネコにくっつけるのか」 「車椅子に取り付けたい 買い物に便利そう(切実)」 「テーラーみたいだし作れそう」 「作業が進むね」 「なんだろう、凄いけど、何がとても 違うんじゃないかっていう気がする 外から失礼。」 「乗りたい!」 「高校の時芝刈り機にリアカー括り付けて走ってましたね!」

詳細を見る

オフロードに強いはずの4WD車がラフロード走行でバラバラに・・・

ラフロードに強いはずの4WD車が木っ端微塵に

意外すぎてワロタw ありがちなラフロード走行をする4WD車 この程度なら楽々走破できるはずなのだが、共振してしまったのか、 ボディとシャーシが分離してしまう動画 まさかの展開にネットでも意外に

ネットのコメント

「フレームのだけ永遠に走り続けるのかな....トマルンジャネエゾ.....」 「まるでラジコンみたいですねw」 「なかなかしっかりしたシャーシですねwww」

詳細を見る

R34は絵になる!本当に絵に書いたR34がうますぎる動画

描かれたR34 GT-Rがかっこいい

車の絵をえがく動画 今回の動画では、リアリティのある絵を描いてしまう神業 出来上がりは、写真に近いクオリティを出してしまいネットでも話題に 題材にされたのは日産スカイラインGT-R R34 出来上がりまでのプロセスが録画されており、ペインティング過程がみて取れ、ついつい出来上がりまで見入ってしまう魅力的な動画 しかも下書きもなく一気にかき揚げていく姿は一見の価値あり

ネットのコメント

「うますぎる」 「うまっ」

詳細を見る