見ているこっちがもどかしくなってしまう運転がヘタクソすぎるドライバーがヤバイ

ピットに入庫するドライバーの運転技術が下手くそすぎて、ガレージ、車共にボコってしまう動画。もう見ているこっちがもどかしくなってしまう動画

見ているこっちがもどかしくなってしまう運転がヘタクソすぎるドライバーがヤバイ

View:3453

詳細を見る

駐車技術が低いドライバーって見てれらない

ピットに誘導され、運転するドライバー ピットが狭いわけでもないのだが、誘導通りに車を動かせない 切り返しも車両感覚がなくもどかしい 誘導員の誘導が悪いのか? ドライバーも誘導通りに動作をしているものの、なぜか上手く伝わらず、最終的には車とピットの入り口をボコってしまう

ネットのコメント

「下手に糞が付いて来るな」 「ジジーー!!マーク怒りマーク誘導が下手なんじゃ怒りマークもっと体張らんかドアホ」 「ゼブラ模様が段差に見えた」 「(爆)(*^^*)」 「一回止まった段階で右に名一杯ハンドル回せばミラー擦らずに済んだのに…(´・ω・`)」 「コントかよ」 「運転変わってあげなよ…w」 「最早、ドリフのコントレベルですね汗マーク。あそこまでバラバラにはなってないですが 誘導してる親父の態度よ」 「大体の奴はこんなもんでしょう。」 「なぜ免許がとれた・・・。」 「海外でしょ? 金さえ払えば即免許発行の国もあります」 「素朴な疑問です。 誘導してるおじさん、運転代わってあげればいいのに…」 「下手なのもあるかもしれないけどそもそも工場の作りが悪い不安な顔 曲がって地下掘り式に入るのは中々難易度高いし危険…」 「飽きれる前に替わろうや」 「曲がりが浅い気がする。入り口を作る場所を間違えたな笑」 「これ、運転してるの、小学生じゃない?」 「決して厳しい事を言うつもりはありませんが、2度と運転しない方が良いと思います。」 「下手すぎるわw 外で切り返せば行けるw」 「そもそも入るときから失敗してんだよ そこそこ真っ直ぐ入らないとね こんな余裕ある入り口で何をしている 教習所こらやり直しなさい」 「運転席から見ると落ちるように感じるから慣れてないと上手く入れれないと思うな〜私も最初はヘタだったし嬉し泣き何台も入れてくうちに慣れるけどさ嬉し泣き」 「あーあーもうモドカシイ」 「笑えない、私もヘタクソだから 私だったら運転替わってもらう」 「もっと目一杯バキッと切り込んで来ないとまっすぐは入れませんな入口はひろめだから入り方によっては切り返さなくても入れるはず」 「ワロタ∩^ω^∩」 「教習所行って覚えてこい」 「もっと大回りして来いよ!爆笑」 「いい方法を伝授して差し上げます。」 「まず、1回で入れる と、言う、考えを捨てる。 2回で入れましょう。 1回目は、入口を狙うのでなく、 入口向こうを狙う。 で、ハンドル末ギリバーーック!!! さすれば、 直進状態で入口に入れるよん♪」 「最初の段階で左により過ぎててやり直すべきレベル」 「免許取り立て人みたいな まぁ人のこと言えないけどねw 僕も取り立てやから」 「なぜ大回りしなかった」

エキゾーストサウンドが最高のフェラーリF50GT

フェラーリ・F50GTのエキゾーストサウンド

フェラーリ・F50GT(Ferrari F50 GT) ル・マン24時間レースなどGT1クラスに参戦するレーシングカーとしてフェラーリF50をベースに制作されたのがフェラーリF50GT ちなみに、1996年シーズン直前でフェラーリがF50GTの計画を凍結したため、3台の試作車のみが実在する そのためフェラーリF50GTが走行するシーンは非常に珍しい ● フェラーリ・F50のスペック 販売期間:1995年から1997年 エンジン:4.7L V12気筒DOHC 駆動方式:MR 最高出力:520ps 最大トルク:471Nm ちなみに試作車のため「モータースポーツ競技車両としては使用しない事」が条件となっているため、 レースへの参戦はできない

太田哲也氏がドライブするフェラーリ・F50GT

ネットのコメント

「まさに暴れ馬」 「公道を走れる2シーターF1だからね。」 「しびれる」 「太田哲也氏ですかね。」 「レース車両はエキゾーストよりドグミッションの音の方が好きなんだよなぁ。 エキゾーストならノーマルF50にマフラー入れただけの方がいい音がする。」 「一台だけ明らかに音がおかしい」 「ああ〜ドグミッション車の音ぉ〜!!(◍´꒳`◍)」 「自分もミッションの音が気になりました。」 「デザインは40の方が好きだけど、音は50には勝てんね」 「そりゃF1直系のV12エンジンだもの...」

詳細を見る

1989のF1 セナ と 2010年 F1 シューマッハが鈴鹿サーキットを走るオンボード映像比較

F1新旧比較セナvsシューマッハ

鈴鹿サーキットを走るF1マシンのオンボード映像比較 しかも比較する年代は、20年差の1989年と2010年 1989年の日本グランプリ鈴鹿サーキット ポールポジションを獲得したのは、アイルトン・セナ タイムは、1分38秒041 マクラーレンMP4/5 ホンダ 3.5L V10エンジン(NA) 最高出力:820馬力 一度引退し2010年に復帰したシューマッハ が見せた鈴鹿サーキット タイムは、1分28秒954 2.4L V8エンジン(NA) 最高出力:740馬力

ネットのコメント

「S字コーナーまではホンダパワー炸裂してたけど、それ以降はやっぱり技術革新には勝てなかった」 「スムーズさが全然違うな〜セナのねじ伏せるような走りも良いけど」 「シューマッハは神業+電子制御 セナは神業+神業 でも日々進歩する技術の前ではさすがに人間の神業は届かなくなるのか… でもアイルトン・セナは素晴らしい。 彼を今も尚追いかけているシューマッハはタイムで抜いていてもまだセナは前に出てまま…天国でも…」 「毎年何やかんやで昨年より速いマシンを作るメカニック、凄いな。」 「セナの方が速い!?と思ったら徐々にシューマッハが…」 「シケインの角度の鋭さが全然違う(^_^;)」 「タイヤの性能が違う 車の空力も違う 鈴鹿の舗装も違うの差」 「これでもパドルシフトとHパターンですからね。」 「マシンの挙動が全然違う♫20年のF1の進歩の差がタイムに出ている。」 「セナのアクセルは神わざ」 「マジで出来ることならセナに最新のマシンに乗って欲しい」 「単純なタイムの比較ではなく、ちょっとでも気を抜こう物なら簡単に暴れてしまうマシンをねじ伏せながら走るセナと、挙動の安定しているマシンを安定して転がすシューマッハ、という対比だな。20年という時がここまでマシンを進化させてしまうのか。」 「セナに最新マシン乗せたらどーなるか見たかったなー」 「セナのアクセスワーク久しぶりに聞きました マイケルの方がマシーン安定してる」 「マシンの安定性が全然違う。シューマッハは勿論凄いが、セナの神業は卓越」 「1・2立ち上がりまで同等かと思いきやコーナー抜ける度にシューが徐々に差を広げるのとコーナーでセナの修正蛇が多いのも電子制御の恩恵なのだろうと納得ですがこういう見方ができるのは有り難い」

詳細を見る

リバティウォークのLB-ER34スーパーシルエットスカイラインが箱根ターンパイクを激走する話題の動画

LB-ER34スーパーシルエットスカイライン x 箱根ターンパイク

リバティーウォークが東京オートサロン2020で公開した「LB-ER34 Super Silhouette SKYLINE」が実際に走る走行シーンが話題に 箱根ターンパイクで撮影された走行シーンは、サーキットの伝説のマシンが日本の峠を激走すると話題。 L型エンジンに載せ替えられているため、エキゾーストサウンドもL型サウンドで心地良すぎる R34スカイラインをベースにR30スカイラインターボスーパーシルエットのデザインにした新旧スカイラインカスタムのLB-ER34 カスタムカーの祭典東京オートサロン2020でも異例のカスタムで一躍注目を集めたリバティウォーク 渾身の一台 デザインのみならず、エンジンもR34のRBエンジンでhなく、L型エンジンが搭載。キャブ式のNAエンジンだと見られる

東京オートサロン2020一気見動画

ネットのコメント

「タイトルは「伝説再び」…ですかね」 「カッケー( ゚д゚)」 「ターンパイクですか?150キロくらいでコーナリングしているのかな?速ー。」 「インスタの動画ではこんなに早くなかったので、早送りのような気が...」 「めっちゃめっちゃカッコイイです 僕の考えた34はいかがでしょうか?!」 「レーシングラグーン思い出す…」

詳細を見る

レイトブレーキングでコーナーのインに突っ込むガチバトルにテンションが上がってしまう話題の動画

話題のコーナーでのガチなオーバーテイク

オーストラリアで開催されているSUPERCARSのレース中に起こったガチバトルの様子 コーナー手前までぴったりとテールトゥノーズで後追いしていたマシンのオーバーテイクポイントは、コーナー手前でインに飛び込んで追い抜くパターン。 スリップストリーム状態からマシンをコーナーイン側に向けて飛び出した瞬間、思いの外スピードが出過ぎてしまい、レイトブレーキングどころか白煙が出るほどのハードブレーキング。 コーナーインに突っ込むもののクロスラインで抜けずに終わるかとも思いきや、ブレーキングと気合いでコーナーのイン側をキープし続け、ちょっと強引なオーバーテイクを見せてくれた。 抜かれたドライバーに取っては、強引すぎるオーバーテイクで納得いかないかもしれないが、見ているモータースポーツファンとしてはこのくらい気合の入ったガチバトルの方が見ていて楽しいことは間違いない。 Twitterでもいいねが3600以上も集まっている

ネットのコメント

「イィね・ 先日、一般道・でそんな場面ありキラキラ (一般の方を巻き込んでしまい大変申し訳ございませんでした。 キラキラでも犠牲者より・プラスですキラキラ (利己的ですいません)」 「フロントタイヤロックさせながらオーバーテイクとか狂ってますなぁ」 「これぞレース」 「ロックした瞬間刺さったと思ったけど オーバーテイクってすご」 「キレてますね(^ ^)」 「限界超えた バトル  しびれる」 「レースドライバーってこんな危険で高度な事を仕事にしてるんだからやっぱり頭おかしいと思う。でもカッコ良くて憧れるw」 「ゲームでよくするやつやww」 「確かにそれです笑」 「リアルカーズの再現みたいだ」

詳細を見る

バンブルビーの可変ヘルメットがかわいすぎると話題の動画(再生回数77万回)

バンブルビー可変ヘルメットが可愛い

再生回数77万回! いいね数4.4万回! ネットでかわいいと話題になった可変ヘルメット オーナーの自作ヘルメットと思われる可変ヘルメットのクオリティと動きが可愛くて話題に ヘルメットのデザインは、映画「トランスフォーマー」に出てくるバンブルビーに似せたもの 全自動でフルフェイスのヘルメットに可変する動きも全自動で美しく、まさにトランスフォーマーそのもの この可愛さは動画でしか伝わらないのでぜひ見て欲しい

ネットのコメント

「これ?って見えてるんかい」 「事故ったら死にそう」 「注目度間違いなし」 「最高です」 「もしヘルメットから見た映像で、情報を取得したり共有、ナビゲーションとか他者との会話出来たりすれば、すげぇなぁ まさにターミネーターの視界」 「欲しい( ☆∀☆)」 「バンブルビーだ〜」 「オプティマス欲しいな」 「面白いけど、使用しちゃダメな奴。」 「これユニコーンガンダムバージョンないのかなーそしたら欲しい。」 「前見えてなくねwめっちゃ手探りしてたけどw」 「バンブルビーだ!可愛い欲しいな!」 「何回でも見ていられる映像」 「なんか、スライダーガールってこんな感じだよね」 「欲しくなったけど 通販で¥5万とかだった…(;ω;)」 「ダルすぎて仕事休んでもうた…」 「このバイク加速やばいからあのまま行ったらヤベーな」 「メットよりこのカフェレーサーが気になります」 「でもこれ観てて 可変時に髪長い人は仕舞われていくパーツに 髪の毛が巻き込まれて持ってかれる事もありそうで… そうなったらもう地獄だなこれ と ちょっと怖かった:;(∩´﹏`∩);:」

詳細を見る

大自然の中バイクトライアルの神業を見せつけるトライアルライダーがすごすぎる動画

バイクトライアルの神業

バイクトライアルといえば、室内で行われる大会から大自然の中で行われる大会も多数ある ライダーの練習方法も様々だと思うのだが、今回の動画はバイクトライアルライダーのテクニックを大自然で披露された動画 こんなにも軽々とバイクを操り自然の中を走破していく様は本当に感動を覚えるレベル いつまでも見ていたくなる動画 バイクトライアルの最高峰レースの「トライアル世界選手権」に参加しているトニー・ボウ選手

ネットのコメント

「うまいもんやなぁ ホンマ感心するわ~ お見事」 「これだけ乗り回せたら本当に楽しいよね…羨ましい……。゚( ゚இωஇ゚)゚。」 「凄すぎる・・・」 「手足のように......」 「全身バネの方々です」 「1:10ぐらいまでの人はトニー・ボウだね」 「リアルIDATEN翔」 「トライアル楽しいです♪」 「人馬一体・・ジンバイクいったい・・・?」 「同じ乗り物と思えない・・・」 「凄すぎて、良く分からん涙出た!(・ω・)」 「トニー・ボウはやっぱり頭オカシイ!(褒め言葉)」 「トニーボー最強!」

詳細を見る

超クリーンなレースを繰り広げるちっちゃなMINIと大きなマスタングのレースバトル動画

ミニvsマスタングのレースバトル

ミニマスタングのレースが話題 軽量ボディのクラシックミニとアメリカンマッスルカーのフォードマスタングシェルビーが同じコースでレースする映像 ドライバーのテクニックの差もあるだろうがめちゃめちゃクリーンなレースを繰り広げている コーナー入り口では、軽量ボディのミニが優勢になるもののコーナー出口からの立ち上がりから直線ではマスタングの圧倒的なパワーでスピード差が大きい どちらのドライバーも抜きつ抜かれつでストレスが溜まりそうなレース展開だが、見ている方としては、車両のメリット・デメリットがわかりやすい。 どちらを応援したくなるかは賛否両論だが、本当に良いレース 可哀想なくらい直線で速さの違いがでてるダッシュ

ネットのコメント

「パワーで勝る相手をコーナーで追い回すのが楽しいんじゃないですか(´ー`)」 「可愛い」 「MINIかわいい!(ू•ω•ू❁)」 「えっ!?可哀想なくらいコーナーで速さの違いが出てるって見方もしてー!」 「昔、シビックでGTRを追いかけてた時 こんな感じだった」 「クリーンなバトルで気持ちいいですね。」 「ミニがんばえー!」 「峠のダウンヒルなら、ミニクーパーの方が速い。」 「直線番長とはこの事ですね!」 「これは峠なら勝ってたとかいうアレじゃん。」 「ミニはモンテカルロラリー3度の覇者ですから、あながち嘘ではないんですけどね…」 「2台ともめっちゃ楽しんでそう」 「絶対に二人とも楽しんでますよね。 すごく面白そう。」 「ミニクーパーが大排気量車を追い抜く・・・ 1967年のモンテカルロラリーで当時最強と言われてたワークスポルシェ911をチュリニ峠で抜いていったミニクーパーが有名ですな」 「これは見ていて楽しいですね。 ムスタングがインを閉じに行かないので、お互いの見せ場を尊重して、面白がりながら走っているのかも?」 「名作「サーキットの狼」の中に「Aライもぎレース」(模擬ではなくもぎ)というエピソードがあるのですが その中で大排気量ハイパワーのライバル車にコーナリング性能で上回るロータスで必死に戦う主人公があっさり直線で抜かれる展開を思い出しました 実際にあったらこんな感じなんでしょうね」 「大型犬と小型犬のかけっこみたいな」 「この年代のマスタングに右ハンドル…?(゚ω゚)初知り…」 「次はミニvsハチロク(ae86)とか見てみたいねぇ」 「普通にハチロクが負けると思う…」 「ボディの小ささを活かした走り」 「アメ車派としてはデカいアメ車がこういうレースに出てるの滅多に見ないので楽しいですね(๑>◡<๑)」 「馬力は凄いけど全っ然曲がらないんですよ! 30キロでもスキール音がでます…」 「ストレートスピードの差を考えたらミニはめっちゃ頑張ってますよね」 「クーパーやべー」 「やはり軽さは武器だ」 「www. シェビーさん苛苛してそう~」

詳細を見る

NASCAR公式の動画が斜め上いっててすき。マリオカート化したNASCAR動画

マリオカート化したNASCAR映像

最近のモータースポーツ界隈で流行っているは、リアルなレース映像にゲームのアニメーションを掛け合わせる動画 そしてNASCARの公式SNSがマリオカートとのコラボレーション動画をアップ 常にクラッシュが多発するNASCARの映像にマリオカートのお邪魔キャラをかけあわせただけでめちゃくちゃ面白くなる

ネットのコメント

「WECでもこんなのあったような」 「私も #NASCAR 大好き」 「マリオカートの曲とコラボで良い感じ」 「ロガーノはいつもこんな走りなんで好きじゃない」 「6000ccは伊達じゃない」

詳細を見る

信号がスタートシグナル!海外のスタートダッシュバトルがやばすぎる

スタートダッシュバトル

赤信号の交差点で先頭に並んだ2台の車。 ドライバーは女性 隣の車(女性)が気になるのか、青信号をきっかけにスタートダッシュバトルが勃発しそうな雰囲気が満載 Rは、レーシングのR? 女性が選んだギアはなんとRだった。その結果はwww・・・

ネットのコメント

「笑い」 「わぁ〜煽り運転だぁ!(笑)」 「DのつもりがRになっとる」 「ニュートラじゃなかったんかい!笑」 「これが初心者女性初心者ドライバーがイキった末路 (c" ತ,_ತ) (爆)」 「なぜRに入れた」 「バックトゥーザフューチャー のあの、シーンがよぎった」 「期待したのに面白くなかった・・・」 「バックトゥーザフューチャーのあれか?ww」 「R(リバース)をR(レーシング)と勘違いしたのかな?w 珍しいギアチェンジミスですねぇww」 「二人共?」 「そっちか〜〜〜〜い」 「ハミルトンとアロンソの意地の張り合いCMを彷彿させます。」 「トラックかなんかのミッション載せ替え?(笑)」

詳細を見る

このワイルド感好きだなぁ。公道を埋め尽くすアメ車のワイルド感がまさにワイルド・スピードそのもの

アメ車のワイルド感あふれる映像

公道を走行するアメ車 ダッジ・チャージャーなどのアメ車が公道を快走 公道を横並びで走行するアメ車のワイルド感は、まさに映画のワイルド・スピードそのもの 日本では、なつかしい西部警察のオープニングも圧倒的なワイルド感があって思い出される

ネットのコメント

「かっこいいです!」 「よき良き( •ω•。)وナイス!」 「ワイルドス●ード」

詳細を見る