バンブルビーの可変ヘルメットがかわいすぎると話題の動画(再生回数77万回)

まさに映画「トランスフォーマー」のバンブルビー?!自動でフルフェイスに変形するヘルメットの動きとデザインが可愛いと話題に

バンブルビーの可変ヘルメットがかわいすぎると話題の動画(再生回数77万回)

View:44238

詳細を見る

バンブルビー可変ヘルメットが可愛い

再生回数77万回! いいね数4.4万回! ネットでかわいいと話題になった可変ヘルメット オーナーの自作ヘルメットと思われる可変ヘルメットのクオリティと動きが可愛くて話題に ヘルメットのデザインは、映画「トランスフォーマー」に出てくるバンブルビーに似せたもの 全自動でフルフェイスのヘルメットに可変する動きも全自動で美しく、まさにトランスフォーマーそのもの この可愛さは動画でしか伝わらないのでぜひ見て欲しい

ネットのコメント

「これ?って見えてるんかい」 「事故ったら死にそう」 「注目度間違いなし」 「最高です」 「もしヘルメットから見た映像で、情報を取得したり共有、ナビゲーションとか他者との会話出来たりすれば、すげぇなぁ まさにターミネーターの視界」 「欲しい( ☆∀☆)」 「バンブルビーだ〜」 「オプティマス欲しいな」 「面白いけど、使用しちゃダメな奴。」 「これユニコーンガンダムバージョンないのかなーそしたら欲しい。」 「前見えてなくねwめっちゃ手探りしてたけどw」 「バンブルビーだ!可愛い欲しいな!」 「何回でも見ていられる映像」 「なんか、スライダーガールってこんな感じだよね」 「欲しくなったけど 通販で¥5万とかだった…(;ω;)」 「ダルすぎて仕事休んでもうた…」 「このバイク加速やばいからあのまま行ったらヤベーな」 「メットよりこのカフェレーサーが気になります」 「でもこれ観てて 可変時に髪長い人は仕舞われていくパーツに 髪の毛が巻き込まれて持ってかれる事もありそうで… そうなったらもう地獄だなこれ と ちょっと怖かった:;(∩´﹏`∩);:」

大自然の中バイクトライアルの神業を見せつけるトライアルライダーがすごすぎる動画

バイクトライアルの神業

バイクトライアルといえば、室内で行われる大会から大自然の中で行われる大会も多数ある ライダーの練習方法も様々だと思うのだが、今回の動画はバイクトライアルライダーのテクニックを大自然で披露された動画 こんなにも軽々とバイクを操り自然の中を走破していく様は本当に感動を覚えるレベル いつまでも見ていたくなる動画 バイクトライアルの最高峰レースの「トライアル世界選手権」に参加しているトニー・ボウ選手

ネットのコメント

「うまいもんやなぁ ホンマ感心するわ~ お見事」 「これだけ乗り回せたら本当に楽しいよね…羨ましい……。゚( ゚இωஇ゚)゚。」 「凄すぎる・・・」 「手足のように......」 「全身バネの方々です」 「1:10ぐらいまでの人はトニー・ボウだね」 「リアルIDATEN翔」 「トライアル楽しいです♪」 「人馬一体・・ジンバイクいったい・・・?」 「同じ乗り物と思えない・・・」 「凄すぎて、良く分からん涙出た!(・ω・)」 「トニー・ボウはやっぱり頭オカシイ!(褒め言葉)」 「トニーボー最強!」

詳細を見る

超クリーンなレースを繰り広げるちっちゃなMINIと大きなマスタングのレースバトル動画

ミニvsマスタングのレースバトル

ミニマスタングのレースが話題 軽量ボディのクラシックミニとアメリカンマッスルカーのフォードマスタングシェルビーが同じコースでレースする映像 ドライバーのテクニックの差もあるだろうがめちゃめちゃクリーンなレースを繰り広げている コーナー入り口では、軽量ボディのミニが優勢になるもののコーナー出口からの立ち上がりから直線ではマスタングの圧倒的なパワーでスピード差が大きい どちらのドライバーも抜きつ抜かれつでストレスが溜まりそうなレース展開だが、見ている方としては、車両のメリット・デメリットがわかりやすい。 どちらを応援したくなるかは賛否両論だが、本当に良いレース 可哀想なくらい直線で速さの違いがでてるダッシュ

ネットのコメント

「パワーで勝る相手をコーナーで追い回すのが楽しいんじゃないですか(´ー`)」 「可愛い」 「MINIかわいい!(ू•ω•ू❁)」 「えっ!?可哀想なくらいコーナーで速さの違いが出てるって見方もしてー!」 「昔、シビックでGTRを追いかけてた時 こんな感じだった」 「クリーンなバトルで気持ちいいですね。」 「ミニがんばえー!」 「峠のダウンヒルなら、ミニクーパーの方が速い。」 「直線番長とはこの事ですね!」 「これは峠なら勝ってたとかいうアレじゃん。」 「ミニはモンテカルロラリー3度の覇者ですから、あながち嘘ではないんですけどね…」 「2台ともめっちゃ楽しんでそう」 「絶対に二人とも楽しんでますよね。 すごく面白そう。」 「ミニクーパーが大排気量車を追い抜く・・・ 1967年のモンテカルロラリーで当時最強と言われてたワークスポルシェ911をチュリニ峠で抜いていったミニクーパーが有名ですな」 「これは見ていて楽しいですね。 ムスタングがインを閉じに行かないので、お互いの見せ場を尊重して、面白がりながら走っているのかも?」 「名作「サーキットの狼」の中に「Aライもぎレース」(模擬ではなくもぎ)というエピソードがあるのですが その中で大排気量ハイパワーのライバル車にコーナリング性能で上回るロータスで必死に戦う主人公があっさり直線で抜かれる展開を思い出しました 実際にあったらこんな感じなんでしょうね」 「大型犬と小型犬のかけっこみたいな」 「この年代のマスタングに右ハンドル…?(゚ω゚)初知り…」 「次はミニvsハチロク(ae86)とか見てみたいねぇ」 「普通にハチロクが負けると思う…」 「ボディの小ささを活かした走り」 「アメ車派としてはデカいアメ車がこういうレースに出てるの滅多に見ないので楽しいですね(๑>◡<๑)」 「馬力は凄いけど全っ然曲がらないんですよ! 30キロでもスキール音がでます…」 「ストレートスピードの差を考えたらミニはめっちゃ頑張ってますよね」 「クーパーやべー」 「やはり軽さは武器だ」 「www. シェビーさん苛苛してそう~」

詳細を見る

NASCAR公式の動画が斜め上いっててすき。マリオカート化したNASCAR動画

マリオカート化したNASCAR映像

最近のモータースポーツ界隈で流行っているは、リアルなレース映像にゲームのアニメーションを掛け合わせる動画 そしてNASCARの公式SNSがマリオカートとのコラボレーション動画をアップ 常にクラッシュが多発するNASCARの映像にマリオカートのお邪魔キャラをかけあわせただけでめちゃくちゃ面白くなる

ネットのコメント

「WECでもこんなのあったような」 「私も #NASCAR 大好き」 「マリオカートの曲とコラボで良い感じ」 「ロガーノはいつもこんな走りなんで好きじゃない」 「6000ccは伊達じゃない」

詳細を見る

信号がスタートシグナル!海外のスタートダッシュバトルがやばすぎる

スタートダッシュバトル

赤信号の交差点で先頭に並んだ2台の車。 ドライバーは女性 隣の車(女性)が気になるのか、青信号をきっかけにスタートダッシュバトルが勃発しそうな雰囲気が満載 Rは、レーシングのR? 女性が選んだギアはなんとRだった。その結果はwww・・・

ネットのコメント

「笑い」 「わぁ〜煽り運転だぁ!(笑)」 「DのつもりがRになっとる」 「ニュートラじゃなかったんかい!笑」 「これが初心者女性初心者ドライバーがイキった末路 (c" ತ,_ತ) (爆)」 「なぜRに入れた」 「バックトゥーザフューチャー のあの、シーンがよぎった」 「期待したのに面白くなかった・・・」 「バックトゥーザフューチャーのあれか?ww」 「R(リバース)をR(レーシング)と勘違いしたのかな?w 珍しいギアチェンジミスですねぇww」 「二人共?」 「そっちか〜〜〜〜い」 「ハミルトンとアロンソの意地の張り合いCMを彷彿させます。」 「トラックかなんかのミッション載せ替え?(笑)」

詳細を見る

このワイルド感好きだなぁ。公道を埋め尽くすアメ車のワイルド感がまさにワイルド・スピードそのもの

アメ車のワイルド感あふれる映像

公道を走行するアメ車 ダッジ・チャージャーなどのアメ車が公道を快走 公道を横並びで走行するアメ車のワイルド感は、まさに映画のワイルド・スピードそのもの 日本では、なつかしい西部警察のオープニングも圧倒的なワイルド感があって思い出される

ネットのコメント

「かっこいいです!」 「よき良き( •ω•。)وナイス!」 「ワイルドス●ード」

詳細を見る

オフ車で砂丘を快走して大ジャンプ!爽快すぎる動画が話題に

オフ車で砂丘を快走

砂丘を走るオフ車 ダカールラリーなどでもよく見られる光景で 海外や中東では当たり前のように行われているらしいが、オフ車であれば砂漠でも気持ちよく走行できる。 さらには、砂丘を利用した大ジャンプまで 最後はパラシュートで人もマシンも大空へジャンプ

ネットのコメント

「その発想はなかったわw」 「バイクもパラシュート開くの良い!」 「死んだと思った」 「着地ないよなーって思ったら…」 「やば笑笑」 「やりて~」 「ひゃは~」

詳細を見る

2JZで1000馬力のトヨタハイラックスだとぉw驚愕のエンジンパワーを手に入れたハイラックスがやばすぎる

1000馬力のトヨタハイラックス

さすがアメリカ 車をとことんハイパワー化してしまうアメリカのチューナー トヨタハイラックスにトヨタの2JZエンジンを搭載 2JZエンジンといえば80スープラなどに搭載されたエンジンでドラッグカーやドリフト仕様のマシンに搭載することが多いエンジンなので スワップされることは多いエンジンなんだが、、、 まさか まさか 今回はトヨタのハイラックスに2JZを搭載し1000馬力オーバーのハイパワー化してしまったのだ

海外だけじゃなかったチームトーヨー・トヨタGazooRacingもおんなじことやってたのさ

ネットのコメント

「楽しそう()」 「最速の運搬車…」 「スープラの音!」 「リアのトラクションが気になる」 「日本車も、好きなエンジン乗せかえで、乗れたらいいのに。車の魅力が若者にも」

詳細を見る

前後・上下左右に動く最先端のアクティブリアウイングの動きがこれ(ゼンヴォTSR-S)

ゼンヴォTSR-Sのアクティブリアウィング

アクティブすぎる動きを見せるゼンヴォTSR-Sのアクティブリアウィング ここまで動くのか?!というほど動きまくるリアウィング。 マシンよりもリアウィングの動きの方が目立ってしまう最新ハイパーカーの「ゼンヴォTSR-S」 リアウィングの動きと動きによるメリットは? 減速時:リアウィングはエアブレーキとして機能するように立ち上がる動きを見せる 加速時:ダウンフォースを最大限に引き出す角度に コーナリング:ここまで動かすか!ってくらいの動きをします。コーナリング時の内輪に思いっきりダンフォースを与えるための内側に向けて大きく傾きます。S字コーナーでは左右に大きくふれていきます ● ゼンヴォTSR-S エンジン:5.8リッター V8 最高出力:1177馬力 0-100km:2.8秒 最高速度:325km/h

ゼンヴォTSR-Sのリアウィングの動きをたっぷり堪能できる動画

ネットのコメント

「えぇ...(困惑)」 「ウイングどうこうよりも 車のデザインが好み(^^)」 「めっちゃロマンある」 「だべどドリ車につけたら邪魔になりそう」 「所詮はロードカードなんだからそんな空力デバイスに頼らなくても良くね?」 「20年前の技術ですな。」 「なんか飛んでいきそうで…笑 外れるなんてことは滅多にないだろうけど これが本当に何百キロも出したとき取れないのが凄い」 「アクティブウイングですか?」 「外れてるじゃんw って動き見てたらこれ動作に合わせて動いてますよね? Σ(゚Д゚)」 「六〇年代のカンナムカーの方が過激だった。 シャパラル2G。」 「可動空力付加物は禁止のはず」 「常にダウンフォース変わるから乗ってて気持ち悪そう。でも絶対乗り方わかったら速い」 「電子制御か ハンドルと連動してるのか」 「壊れてるのかとオモタ」 「ドライバーの人にとって、固定されたダウンフォースのある車と、各場面によって変動するダウンフォース、どちらが運転しやすいんだろうね」 「性能の良し悪しは分かりませんが、少々みすぼらしいですね。」 「何も説明が無かったら両面テープで固定してるかと思う」 「ときめかないなあ。」 「天候やコーナーでの変化する風を稼働するウイングでダウンフォースとして捉えるって考えると理にかなった形ですねぇ……だけど低速コーナーだとウイングの重みで動いてるようにも見えますね」 「ついにアスラーダ入り?」 「ゼンヴォやっけ?」 「なんかとれそう笑笑」 「すげぇ・・・ リアウイングって生き物でしたっけ? (激しく困惑)」 「前後にパタパタしてるのはみたことあるけど左右に動くのは初めてみたわw」 「すげぇウネウネ動いてる」 「ついにサイバーフォーミュラの時代か!?でも風とか車体姿勢は無視でステアリングだけの動きっぽいからなんか乗りにくそう(笑  グッドウッドだから見せる為にわざと遅く走ってるかもしれないけど。」 「刻々と変化するカーブ時の風流をどう最適に可変でとらえる(ダウンフォース=グリップ力増加)のだろうか?? 見た目、貧弱で耐久性が心配なのと リトラクタブルライトが廃れたように 可動装置付けてる分だけ重量増マイナス。 それでも「効果が有る」というなら、キチンとした検証結果が欲しい」 「ちゃんと取り付けしてないようにしか見えない…」 「トランクの中から人力説」 「可変ウイング…ブラックセイバー!?」 「これ、車体のロールを減らすためかな」 「ちなみに、こちらの車種はなんですか? ランボに見えるのですが…」 「It looks broken」 「で、このウイングを動かしているシステムを外すと、何キロ軽量化できるのかな?」 「空力で軽くもなるんやぞ」 「アンダー鈴木たのシルビア…( -∀-)」

詳細を見る

色あせない昭和の名車「日産シルビアs14後期」が思いっきりドリフトする動画

s14シルビア後期がドリフトする映像

s14シルビア後期いいなぁって思った人多いんじゃないかな 昭和の名車日産シルビア 2リッターFRスポーツとしてドリフト車両のベースとされることが多かったシルビア s14シルビア後期は、フロントフェイスがシャープな顔つきに変更された車両でいまだに人気のある車種 今回は、s14シルビアが峠を爽快にドリフトして登場するシーン。 見ているだけでカッコ良い

ネットのコメント

「ライトチューンっぽい外観やのに、RBなんですね(^^) 1Jか2Jかも知れませんが…」 「ここまでのレベルになるのは、ワテだと大変❗Σ(>Д<)」 「不人気な理由がよく分からない 14は後期、これさらなり。 13のデザインが好評だった からの 14だったから 車体そのものは 13よりアドバンテージが あってもデザインや ハイキャスの舵残り問題とかで 当時ボロクソでした R33同様 当時の日産の迷走っぷりに 翻弄された車体ですね」 「自分は、14より15の方が好き」 「タイヤ削れそう笑」 「非常に印象的なクール」 「平目のセリカなんかの時も思ったけど後期形のデザインが先に出てたら売れたのでは」 「レブあててるように聞こえるのは俺だけかな」

詳細を見る

新種バトル?!アフターファイアを競い合う80スープラとRX-7(FD3S)

詳細を見る