前後・上下左右に動く最先端のアクティブリアウイングの動きがこれ(ゼンヴォTSR-S)

ブラウザが動画の再生に対応していません。

リアウィングの動きがやばすぎるZENVO(ゼンヴォ)TSR-Sに取り付けられたリアウィングは、上下左右と前後にまで動く未来的なリアウィング。実際にリアウィングが動く様子を捉えた動画



Twiiterで5729いいねを獲得!バズって話題になった動画がこちらです。

ゼンヴォTSR-Sのアクティブリアウィング


アクティブすぎる動きを見せるゼンヴォTSR-Sのアクティブリアウィング

ここまで動くのか?!というほど動きまくるリアウィング。
マシンよりもリアウィングの動きの方が目立ってしまう最新ハイパーカーの「ゼンヴォTSR-S」

リアウィングの動きと動きによるメリットは?

減速時:リアウィングはエアブレーキとして機能するように立ち上がる動きを見せる
加速時:ダウンフォースを最大限に引き出す角度に
コーナリング:ここまで動かすか!ってくらいの動きをします。コーナリング時の内輪に思いっきりダンフォースを与えるための内側に向けて大きく傾きます。S字コーナーでは左右に大きくふれていきます

● ゼンヴォTSR-S
エンジン:5.8リッター V8
最高出力:1177馬力
0-100km:2.8秒
最高速度:325km/h



ゼンヴォTSR-Sのリアウィングの動きをたっぷり堪能できる動画


ネットのコメント


「えぇ...(困惑)」

「ウイングどうこうよりも
車のデザインが好み(^^)」

「めっちゃロマンある」

「だべどドリ車につけたら邪魔になりそう」

「所詮はロードカードなんだからそんな空力デバイスに頼らなくても良くね?」

「20年前の技術ですな。」

「なんか飛んでいきそうで…笑
外れるなんてことは滅多にないだろうけど
これが本当に何百キロも出したとき取れないのが凄い」

「アクティブウイングですか?」

「外れてるじゃんw
って動き見てたらこれ動作に合わせて動いてますよね?
Σ(゚Д゚)」

「六〇年代のカンナムカーの方が過激だった。
シャパラル2G。」

「可動空力付加物は禁止のはず」

「常にダウンフォース変わるから乗ってて気持ち悪そう。でも絶対乗り方わかったら速い」

「電子制御か
ハンドルと連動してるのか」

「壊れてるのかとオモタ」

「ドライバーの人にとって、固定されたダウンフォースのある車と、各場面によって変動するダウンフォース、どちらが運転しやすいんだろうね」

「性能の良し悪しは分かりませんが、少々みすぼらしいですね。」

「何も説明が無かったら両面テープで固定してるかと思う」

「ときめかないなあ。」

「天候やコーナーでの変化する風を稼働するウイングでダウンフォースとして捉えるって考えると理にかなった形ですねぇ……だけど低速コーナーだとウイングの重みで動いてるようにも見えますね」

「ついにアスラーダ入り?」

「ゼンヴォやっけ?」

「なんかとれそう笑笑」

「すげぇ・・・
リアウイングって生き物でしたっけ?
(激しく困惑)」

「前後にパタパタしてるのはみたことあるけど左右に動くのは初めてみたわw」

「すげぇウネウネ動いてる」

「ついにサイバーフォーミュラの時代か!?でも風とか車体姿勢は無視でステアリングだけの動きっぽいからなんか乗りにくそう(笑 
グッドウッドだから見せる為にわざと遅く走ってるかもしれないけど。」

「刻々と変化するカーブ時の風流をどう最適に可変でとらえる(ダウンフォース=グリップ力増加)のだろうか??
見た目、貧弱で耐久性が心配なのと
リトラクタブルライトが廃れたように
可動装置付けてる分だけ重量増マイナス。
それでも「効果が有る」というなら、キチンとした検証結果が欲しい」

「ちゃんと取り付けしてないようにしか見えない…」

「トランクの中から人力説」

「可変ウイング…ブラックセイバー!?」

「これ、車体のロールを減らすためかな」

「ちなみに、こちらの車種はなんですか?
ランボに見えるのですが…」

「It looks broken」

「で、このウイングを動かしているシステムを外すと、何キロ軽量化できるのかな?」

「空力で軽くもなるんやぞ」

「アンダー鈴木たのシルビア…( -∀-)」

2020-03-08 5729

GoAuto公式Twitter

安心と信頼のフォロワー8万人以上!
毎日車・バイク動画を投稿!
月間1000万のアクセス数!
車、バイク好きが集まる!
広告Tweet一切なし!

最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。

いいね1000以上のバズ動画

話題の乗り物ニュース速報

SNSで話題になっている乗り物ニュース速報
もっと見る