2.5億円のフェニア スーパースポーツが走ってた?!ライカンとの違いは?

Wモーターズのライカンハイパースポーツの次に発表したフェニア スーパースポーツ。同じハイパーカーメーカーの車だけにライカンに見えてしまう人もいるのではないでしょうか。ライカンとの違いも合わせて説明

2.5億円のフェニア スーパースポーツが走ってた?!ライカンとの違いは?

View:2131

詳細を見る

中東にあるスーパーカーメーカー「Wモーターズ」の新型車「FENYR Supersport(フェニア スーパースポーツ)」が目撃されました。 Wモーターズといえば、世界一高価な車として発表された Lykan HyperSport(ライカン・ハイパースポーツ)で有名になったメーカー。 一見するとライカンにも見えてしまうがフェニア スーパースポーツ 2016年ドバイモーターショーでワールドプレミアされたのがこのフェニアスーパースポーツ。 ライカンの後継モデルでもあるフェニアスポーツの性能と価格をライカンと比較しながら見てみます。 ● 生産台数    年間生産台数は25台 ● 価格    約2.5億円  ライカンは約3.5億円 ● スペック エンジンは、4.0L水平6気筒ツインターボ、913馬力。 ドイツの自動車メーカーであるRUFがチューニングしたエンジンを搭載 (RUFは、ポルシェの改造車で有名なメーカー) 時速400km/h 7速デュアルクラッチギアボックス 0-100km/h加速は、 2.7秒 シャシーは、管状軽量のアルミ製 車体全体はカーボンでできており、かなりの軽量化がはかられている 車重:1,300kg 駆動はMR ネットのコメント 「ライカンじゃなくてフェニアだと思います…」 「車はかっこいいけど なんで前と後ろのタイヤの回転方向が違うの?」 「カメラのフレームレートと、前後でタイヤの大きさが違うのかと。」 「ライカンとフェニアの間違い多くないですかね…」 「確かに見た目は似てますけどフェニアだと思いますよ!」 「皆さんの言う通り、フェニアスーパースポーツですね。」

WTCRニュルブルクリンクでおきた白熱の直線バトルを捉えた映像が話題

ニュルブルクリンクで行われたWTCRのレース。 延々と続く直線バトル。 マシンの接触が許されているWTCRだけあって、サイドバイサイドになればお互いを牽制しあって直線なのに左右に幅寄せするバトル。 2台のマシンが直線でどちらが先をいくのか競っている最中、背後から迫る1台。 2台の後ろでスリップに入ると1台だけ驚異的な加速で2台を追い抜いてしまう。 マシンにとってどれだけ空気抵抗を攻略することが大切なのか教えてくれるバトルだと話題に ネットのコメント 「ちゃっかり抜いていく件」 「湾岸の乱入対戦対戦みたいw 見てて面白かったです!」 「乱気流の影響でしょうかね? いずれにせよギリギリの攻防ですね。」 「漁夫の利」

詳細を見る

アクセルの踏み間違えによる急発進でドライブスルー洗車に突入してしまう仰天映像

アクセルの踏み間違えが社会問題になっている中、海外で良く見られるドライブスルー洗車機に車が猛スピードで突っ込んでいく様子を捉えた映像がすごい。 アクセルを踏み間違えたと思われる白のセダンが、ドライブスルー洗車機に突っ込む。 ドライバーはパニックを起こしているのか? 全くブレーキを踏むことなく、洗車機を破壊しながら突き進み 最終的には、駐車場の木にぶつかって停車する羽目に ネットのコメントでは、 「しっかり駐車スペースに入れるあたりかなりの手練れ」 「ドライブスリル」 「ブラシぶっ飛んだ後も回ってるの草😂」 「最近のは秒で洗車できるのか…技術が発達したんだろうなぁ(適当)」 「マッハ洗車!」 「まさに昨今注目されている事故そのものですね。」 「逆によく途中でつっかえずに通り抜けたなこれ」 「洗車しに来たのに洗車ブラシ壊してて草」

詳細を見る

バイクレースでちょっと危険な接触事故が発生。2台のバイクがくっついたまま離れられない

バイクレース中におきたハプニング。 危険な接触事故でライダーは骨折してしまう大事故なのだが、色々と奇跡的なことが重なった珍しいバイク事故となってしまった。 コーナーに差し掛かったところで後方から白色のバイクがインにバイクをねじこむ。 ブルーのマシンは自分のラインでコーナリングを開始。 コーナリング中にライダーやバイクが軽く接触してしまうケースや、そのまま接触して転倒してしまうケースは良くあるケース。 今回の場合は、軽く接触した際に白色のバイクが青色のバイクのフェンダーとマフラーの間にはまってしまう形で巻き込まれる。 白色のバイクのライダーはこの状況に対応しようとするも、自分の足を後輪に巻き込まれてしまうアクシデントで骨折してしまう。 オフィシャルも駆けつけライダーを救出 2台のバイクは、コーナー中央にお互いを支えあう形で直立してしまった。 後続ライダーも上手にバイクを交わしていく。 ネットでのコメント 「あのゴリ押しラインなら、もう少しタイミングずらせば青の後ろには入れたと思う コーナー直前でアウトに出るのが早過ぎたんだと思う ここで抜くべきでは無かった(^^;」 「足がマフラーとホイールの間に挟まってますね」 「白いバイクのライダーさん、大丈夫でしょうか?足が折れていなければ良いのですが・・・・・😱」 「イン側を攻めすぎましたね!」 「何故にあんな所に挟まるの? 恐怖しかない((( ;゚Д゚)))」

詳細を見る

本当にラリーはクルマを鍛えてる感じがするよな。ラリーで鍛えられたノウハウが市販車へフィードバック

市販車をベースにして参加することが義務ずけられているラリー競技。ラリー参戦の目的も踏まえて各メーカーがベースとなる市販車を考え、 そのプロトタイプとしてのマシンが世界各地の大自然を相手にラリーを行う。 荒れた路面を走行する足回り。ジャンプ後もマシンを安全に着地させる足回り。 高地や高熱帯、雪道まで過酷な状況下で荒れた路面を走行するのに耐えられるパワーユニット。 ドライバーの過激なハンドリングに機敏に反応するマシン性能などなど ラリーで鍛え抜かれた性能が市販車へフィードバックされているわけだ。 そんなマシンを鍛えているシーンをまとめた動画がネットでも話題に。 ネットでのコメント 「車の限界を無限大にしてくれてる感が凄いから大好きなのです( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )」 「どんな状況でも最善のコントロールと走り」 「危ないっ!!!と思ったら瞬時に立て直したりするあたりドライバーは皆尋常ではないという事が改めて伝わったわ…。」 「ドライバーは 正気の沙汰ではない」 「危ねぇ、キレた走り。こんな、狭い道、150キロからのアクション、痺れます。」 「車も凄いが、ドライバーも凄い・・・ 頭のネジ、何本抜けてんだ?」 「ラリーは車もドライバーも鍛えられるスポーツだと私は、思います。クラッシュしても動揺しない、パニックにならないように精神面でも鍛えられているかも知れませんね。」 「こうした場で得たノウハウが、市販車にもフィードバックされて、より安全に、より確かに走れる車が出来上がります」 「コーナーの遥か手前から横向きにブッ飛んでくるの好き」

詳細を見る

スーパーカーのオーナーは楽じゃない。かっこよさとかけ離れたスーパーカーあるある

フォードGTが駐車場を出ようとする光景。 一般の車では、ウィンドウを下げるだけで料金を入れることができる様に設計されている。 ただし、フォードGTの様な車高が低く、ワイドボディで運転席から料金精算機までの距離が遠いスーパーカーのオーナーが清算しようと するとこうなる まずは、精算機まで届かないので身を乗り出す、窓もそこまで広くないので、全開しても体がハマる。 素直にドアを開けてでる方法もあるが、もしかしたら、ドアの高さが精算機の土台に当たってしまうこともあるだろう。 もちろん、スーパーカーでなくても精算機との距離をあやまると同様のケースが起こり得るが、 スーパーカーオーナーも大変だなぁと話題に ネットのコメント 「すり抜けて行く奴がおるなかで、 身を乗り出してでも、ちゃんと精算する人もおる… 人柄が出るよな、ホント」 「見ているこっちが悲しくなる光景ですね。」 「スズキ・カプチーノに乗ってた時は何度かありましたね〜(フルバケ仕様)」 「この大変さ、わかるなぁー🤔」 「潜れそうなんですが、潜らずに支払っている?のがいいと思います。」

詳細を見る

ランボルギーニ・ウラカン・スパイダーに乗ってドライブする夢の様なひととき

真っ赤なランボルギーニ・ウラカン。 オープンモデルのスパイダー。 新車で購入したら3800万円。諸経費など入れたら4000万円は必要なスーパーカー。 購入できたとしても、車検やタイヤ交換など維持費も馬鹿高い。 年収が最低でも1000万円はなければ買えないスーパーカー。 ミッドシップレイアウトで5.2リッターV10エンジンを搭載。 オープンモデルでも空力が考えられていて、車内に乱流を発生させない。 とマシンのことを語るのは簡単だが、実際に乗れる可能性は低い。 今回の動画では、真っ赤なランボルギーニ・ウラカン・スパイダーに乗ってエンジンをスタートさせ、高速をぶっ飛ばすという 夢の様な動画だ。

詳細を見る

給油してる間にブレーキまで交換完了。耐久レースならではのピット作業だけど驚くほどはやい!

自動車レースで行われる耐久レース。24時間もの時間を走る耐久レースでは、タイヤ交換のピット作業の回数も重要になる。 トップ争いでは、同一周回で順位を競うほど白熱しており、ピット回数とピット作業のタイムが重要になっている。 耐久レースだからといって、ピット作業をゆっくりおこなって良いわけではない。 最近では、カーボンディスクの性能がアップし摩耗の低減と耐久性が向上したので、24時間のレースでも1度も交換することなくチェッカーを受けることも珍しくなくなってきました。 ただし、ブレーキ無交換はタイヤ同然に走りに与える影響も大きく、その分、ブレーキの負担を軽減する走りも求められます。 今回の動画を見るとフロントのブレーキローター・ブレーキパッドの交換作業に要する時間は1分以下。 耐久レースではレース中に4000回以上も踏まれるブレーキだけに、必要であれば交換し、なおかつピット作業タイムも考え素早く交換したいもの。

詳細を見る

実写のフォーミュラEとマリオカート?!の合わせたプロモーションが斜め上を行っていると話題

フォーミュラEの公式Twitterに投稿されたプロモーション映像が斜め上を行っていて話題に 本来レース系のプロモーションといえば、動画を編集してハイライト風にアレンジするのが一般的だったのだが、 フォーミュラEの映像には、あたかも任天堂のマリオカート?!の様な映像に仕上がっているのだ。 コース上にランダムのアイテムボックスが出現したり、クラッシュシーンでは爆弾や雷の様なアイテムが出現してレースを妨害するシーンが編集されている。 登場するアイテムは、まるでマリオカート?! アイテムボックス パックンフラワー カミナリ雲 爆弾 一般的にはマリオカート?!と思ってしまいがちですが、ゲーム界隈では、 クラッシュ・バンディクーレーシングのデザインの方が近いと情報が流れていました。 とにかくモータースポーツのプロモーションとゲームをオマージュすることで ハイライト映像がモータースポーツファンならずとも面白さが爆増して話題に プロモーション目的としては良いものの、命をかけたレースのクラッシュシーンをこの様な形でおもしろおかしくしてしまって良いのかという賛否両論はあるものの 嫌な気持ちにもならず、一気に話題になった動画です。

詳細を見る

プリウスに1jzを搭載しFR化されたドリフト仕様のプリウスミサイルが激しくドリフトしてしまう動画

海外のとあるサーキット。 日本ではエコカー・ハイブリットの代名詞であるプリウス #今日のプリウスというタグが存在するほど、プリウス乗りには問題児が多い?! 海外のプリウス乗りはさらにクレイジー。 廃車同然のプリウスをドリフトのミサイル車に改造してしまったマシンが登場。 ボディはボロボロになったプリウス。 エンジンは、1JZ-GTEを搭載。 1JZ-GTEとは 2.5リッター直列6気筒。 ツインターボで最大280psを発揮。 JZX81系のマークIIや70スープラ、Z30ソアラなどに搭載されたエンジン。 ハイパワーなエンジンにあうミッションとFRの駆動系に載せ替えると あら不思議ドリフト仕様のプリウスが完成。 プリウスとは思えないエンジンサウンドとミサイルっぽいド派手なドリフト走行が 日本人には過激に映りすぎてしまったのか、ネットで話題に ネットの反応は 「乗り潰しドリ車をミさイルって呼ぶがこれは・・・」 「1J搭載のプリウスでコンビニ入店してみた」 「プリウスの形した悪魔」 「プリウスミサイルが覚醒したWww」 「次は2JZ!!」 「プリウスには不似合いな走りやね(-_-;)」 「リヤ、逝っちゃってるし(-_-;)」

詳細を見る

日本人トップライダー「中上貴晶」が本当にトップカテゴリで戦えるまでに成長していてすごい

バイクレースの最高峰MotoGP。 HONDA,YAMAHA,SUZUKIなどの日本メーカーに加え、ドカティやアプリリア、KTMなど 各メーカーが最先端の技術を投入するワークスマシン。 年々、電子制御やら空力対応やらタイヤ性能の向上などで、 よりパワフルなマシンが登場し続けている。 マシンの性能以上に進化をし続けているのがライディングスタイル。 コーナリングでは肘をすり、ブレーキングではジャックナイフな状態でマシンをコントロールするシーンも必要になるなど、トップライダーのライディングスタイルは年々アクティブになっている 今回のシーンは、ダウンヒルストレートからのフルブレーキングで進入速度を落としてコーナーに進入するシーン。 中上もトップライダーと同様の進入を行う。 フルブレーキングするので、後輪が浮いてしまいフロントタイヤのみでマシンをコントロール。 後輪が着地した時に発生するマシンのブレも抑えないといけない。 スローで見るからこそわかる中上選手のライディングテクニック。 トップカテゴリで戦うために必要なライディングテクニックはすでに備わっているようだ 中上貴晶選手は、千葉県千葉市出身の27歳 生年月日は、1992年2月9日 MotoGPシーズンは2シーズン目

詳細を見る