F1 2021 フェラーリ「SF21」新型F1マシン発表

開催日:03月10日(水)

詳細を見る

【津川哲夫F1新車私的解説】変更少なく苦しいウイリアムズ。ハースと同じく開発の焦点は2022年か

 カラーリングを大きく変更して登場したウイリアムズの新車FW43B。昨年のFW43の今シーズンレギュレーション対処型であり、発表写真は開くまでもプレス用で実車ではないはずだが、おそらく実車もそれほど大きな変更なく現れるはずだ。

詳細を見る

DAZN、明日(3月12日)から始まる2021F1プレシーズンテストを生配信決定、実況・解説付き

F1情報通より DAZN、明日(3月12日)から始まる2021F1プレシーズンテストを生配信決定、実況・解説付き のページ

詳細を見る

DAZNで今週末のF1バーレーンテストの配信が決定。全セッション日本語の実況・解説付き

 F1にF2をはじめサッカーや野球など、各種スポーツを楽しめる動画配信サービス『DAZN(ダゾーン)』が、2021年シーズンのF1開幕を前に3月12日(金)からバーレーンで行われるプレシーズンテストを全セッション、ライブ配信することを公式ツイッターで発表した。

詳細を見る

2025年以降のエンジンパートナーについて可能性のある企業と話し合い中だとレッドブルF1マルコ博士

F1情報通より 2025年以降のエンジンパートナーについて可能性のある企業と話し合い中だとレッドブルF1マルコ博士 のページ

詳細を見る

ハースF1、バーレーンで2021年型マシン『VF-21』を初始動。ホワイトの新レーシングスーツも披露

 ハースF1チームが、2021年型マシン『VF-21』の初始動を行い、その動画を公開した。さらに、カラーリングが一新されたレーシングスーツを身にまとうミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンの姿も披露している。

詳細を見る

フェラーリ2021年型F1マシン『SF21』:リヤエンドを大幅変更し、ワイドノーズを維持。パワーユニットは一新

 スクーデリア・フェラーリの技術責任者たちが、2021年型F1マシン『SF21』および搭載するパワーユニット『065/6』の改良点について語った。マシン開発が厳しく制限された今年、フェラーリは、リヤエンドの改良に重点を置いたということだ。

詳細を見る

過去と未来を示す2種類のレッドに彩られたフェラーリ『SF21』。11日にルクレール&サインツによりシェイクダウン

 2月26日にチーム体制発表会をオンラインで実施したスクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウは、3月10日、2021年型F1マシン『SF21』を初披露した。

詳細を見る

2021年型F1マシン「SF21」をフェラーリF1が動画で公開。2021年シーズンはトップ争いに絡めるか

SF21を発表したフェラーリF1。2021年シーズンを戦う新型のF1マシン「SF21」を公開。2021年シーズンは優勝を目指し復活なるか

詳細を見る

ハースのマゼピン、自身のドライビングを伝説のF1王者アイルトン・セナになぞらえる

F1情報通より ハースのマゼピン、自身のドライビングを伝説のF1王者アイルトン・セナになぞらえる のページ

詳細を見る

フェラーリF1、2021年型マシン『SF21』を初公開。競争力を取り戻し、再びチャンピオン争いに絡めるか

 3月10日(水)、スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウは、2021年型の新マシン『SF21』を発表した。フェラーリは2月末にチームが新体制で動き始めている様子を動画で公開しているが、新車が披露されるのはこれが初めてだ。

詳細を見る

【F1新車発表】フェラーリが2021年型マシン「SF21」を発表【悲報】事前にリークされる

F1情報通より 【F1新車発表】フェラーリが2021年型マシン「SF21」を発表【悲報】事前にリークされる のページ

詳細を見る

【津川哲夫のF1新車私的解説】復活のアストンマーティン、潜在能力&安定感高くチーム史上最高の年になる可能性も

 アストンマーティンを名乗っての復帰最初のF1マシン。もちろん、ベースはレーシング・ポイントの昨年型RP20の新レギュレーション対応型である。実際、アストンマーティンの新車AMR21は、昨年のRP20からエアロを今シーズン型にアップデートしたマシンだ。

詳細を見る

フジテレビNEXT契約してると2021年もF1を4Kで見られるみたいだ

F1情報通より フジテレビNEXT契約してると2021年もF1を4Kで見られるみたいだ のページ

詳細を見る

【動画】ロータス エヴァイヤの走行音に、1960年代のF1マシン「タイプ49」のエンジン音を使用

2021年3月10日、ロータスは、F1マシン「タイプ49」のエンジンサウンドにインスパイアされた英国の音楽プロデューサーと協力して、ハイパーEVスポーツカー「エヴァイヤ」のさまざまなサウンドを開発していることを発表した。

詳細を見る

レッドブルF1でリザーブを務めるアルボン、2021年はほぼ全戦に帯同「代役を務める準備はできている」

 レッドブル・ホンダのリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは、2022年にF1のグリッドに復帰することを目論んでいるが、その前に長引く新型コロナウイルスの流行が、戦線に戻るチャンスにつながる可能性があると述べている。

詳細を見る

フェラーリF1、イタリアのファッションブランド、ジョルジオ・アルマーニとのパートナーシップ契約を発表

 スクーデリア・フェラーリは、3月9日、イタリアのファッションブランド、ジョルジオ・アルマーニS.p.A.と複数年にわたるパートナーシップ契約を結んだことを発表した。

詳細を見る

【2021年F1新車技術解説】レッドブルRB16B:サスペンションに見られる変化。開発トークンをリヤエンドに投入か

 2021年F1プレシーズンテストが近づくなか、各チームのニューマシンが次々に発表され、シェイクダウンが行われている。F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが、レッドブル・レーシングの2021年型マシン『RB16B』の分析を行った(全2回後編)。

詳細を見る

3/14 JNCC阪下はOff1.jpブースでプロテクトJ1を無料体験

Off1.jpでは2021年3月14日、大阪府プラザ阪下で開催されるJNCC阪下に出店します。そこでは各レースのスタート前にOff.1jpブースに来ていただいたライダーに「プロテクトJ1」をサンプル塗布させていただきます!

詳細を見る

F1バーレーンテスト・ドライバーラインアップ:フェルスタッペンが初日に登場。ウイリアムズはテストドライバーを起用

 3月12日から14日の2021年F1プレシーズンテストに向けて、いくつかのチームがドライバー走行スケジュールを明らかにした。レッドブル・レーシングは、初日にはマックス・フェルスタッペンを新車RB16B・ホンダに乗せることを決めている。

詳細を見る

ポルシェが、e-fuelならF1復帰するかもとか言ってるみたいだけど

F1情報通より ポルシェが、e-fuelならF1復帰するかもとか言ってるみたいだけど のページ

詳細を見る

メルセデスF1代表、予算制限の導入に伴いチーム運営を再考「パフォーマンス上のアドバンテージになる」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフは、今年導入されたF1の予算制限によって、チャンピオンシップを制したメルセデスはチームの運営方法を再考することを余儀なくされたが、その変化によってパフォーマンス上のアドバンテージがもたらされる可能性があると述べている。

詳細を見る

F1「2021年からスタッフの使い捨てペットボトル使用停止」「サステナブル」「カーボンニュートラル」

F1情報通より F1「2021年からスタッフの使い捨てペットボトル使用停止」「サステナブル」「カーボンニュートラル」 のページ

詳細を見る

メルセデスAMGが2021年シーズン向け「史上最速のF1セーフティカー」AMG GT Rニューバージョンを公開!メディカルカーとしてC63 Sワゴンも

この記事のもくじ1 | ボディカラーはAMGを表現する、そしてパートナーであるクラウドストライクのコーポレートカラー「レッド」 |1.1 新しいカラーによって視認性が向上1.2 AMG GT R「セー

詳細を見る

大注目の新人F1ドライバー、マゼピンって決して遅いドライバーじゃないと言われているね

F1情報通より 大注目の新人F1ドライバー、マゼピンって決して遅いドライバーじゃないと言われているね のページ

詳細を見る

24年ぶりにF1ペースカーへメルセデス以外のブランドが採用!アストンマーティンがカスタム仕様のヴァンテージ、メディカルカー仕様のDBXを公開

アストンマーティンがF1向けのセーフティカーとしてヴァンテージを導入すると発表。 2021年シーズンよりF1へと参戦することになりますが、そのF1マシンと同じグリーンへとペイントされ「ライム・エッセンス」のハイライトが用いられています。

詳細を見る

F1、2021年シーズンよりアストンマーティンのセーフティカー&メディカルカーを使用。メルセデスも継続

 F1は、2021年シーズンよりオフィシャル・セーフティカーとオフィシャル・メディカルカーにアストンマーティンの車両を使用する。セーフティカーはスポーツカー『Vantage(ヴァンテージ)』をベースにした車両、メディカルカーにはアストンマーティン初のSUV『DBX』が選ばれた。

詳細を見る

ベッテルは土曜スプリントレース案に反対「F1改善のためには、その場しのぎでなく根本的な問題解決を」

 アストンマーティンF1チームのセバスチャン・ベッテルは、土曜日の午後にスプリントレースを行うというF1の計画の背後にある考えが理解できないと述べ、このアイデアは単なる“つぎ当て”であり、“意味をなさない”と主張している。

詳細を見る

F1復帰のアストンマーティンが、チューンド「ヴァンテージ」をセーフティカーに供給【モータースポーツ】

2021年3月8日(イギリス現地時間)、アストンマーティンの「ヴァンテージ(Vantage)」と「DBX」がF1(FIAフォーミュラ1世界選手権)のオフィシャルセーフティカーおよびメディカルカーに採用されることが明らかになった。アストンマーティンは今シーズンからコンストラクター/レーシングチームとしてF1に正式復帰するが、レースをサポートする重要な役割も担うことになった。2020年シーズンまではメルセデスAMGの車両が採用されていた。

詳細を見る

【2021年F1新車技術解説】レッドブルRB16B:不安定さの一因、ノーズ下のケープを修正

 2021年F1プレシーズンテストが近づくなか、各チームのニューマシンが次々に発表され、シェイクダウンが行われている。F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが、レッドブル・レーシングの2021年型マシン『RB16B』の分析を行った(全2回)。

詳細を見る

マセラティ、史上初の女性F1ドライバー〝マリア〟を讃える

マリア・テレーザ・デ・フィリッピスは、史上初の女性F1ドライバーとして、マセラティ250Fのステアリングを握ってグランプリに出場を果たした女性だ。彼女の人生は、情熱と大胆さそのものであり、マセラティは3月8日の国際女性デーを祝して彼女を讃えている。…

詳細を見る