世界ラリークロス 第6戦ラトビア(リガ)

開催日:09月18日(土)〜09月19日(日)

詳細を見る

全日本ラリー第9戦 ラリー北海道2021 GRヤリス勝田優勝 SUBARU WRX STI 新井大輝が2位、鎌田卓麻が3位獲得

北海道十勝地方で9月11〜12日、全日本ラリー選手権第9戦「ラリー北海道」が昨年に続いて無観客で開催され、SUBARUWRXSTIの新井大輝/小坂典嵩(ADVANKYBAMSSTI)が2位、3位にも鎌田卓麻/松本優一(WinmaXDLシムスWRXSTI)が入って、SUBARUWRXSTI勢はダブル表彰台を獲得した。優勝は、トヨタGRヤリスの勝田範彦/木村祐介(GRYARISGR4Rally)。もう1台のSUBARUWRXSTIを駆る新井敏弘/田中直哉(富士スバルAMSWRXSTI)は、無念のリタイアに終わっている。

詳細を見る

早くも新型スバルWRXの動画レビュー登場!問題の「樹脂フェンダー」は実効スリットや空力テクスチャが使用された力作である反面、エントリーグレードの内装があまりにダサいと話題に

海の向こうでは新型スバルWRXが発表され、早速カーメディアによる実車レビューが登場。 ぼく的に新型スバルWRXはかなりイケてると考えているのですが、どうも評判は芳しく無く、アメリカでは「失敗が目に見えている」と表するメディアも登場しています。

詳細を見る

【動画】どうにもデザインへの批判が収まらない新型スバルWRX。一人のデザイナーが「気に入らない」部分をフォトショで修正してみた

そのデザインが批判にさらされている新型スバルWRX新型(ぼく自身はかなり高く評価している)。 あるカーデザイナーがそういった声に対し「どうすれば新型WRXはもうちょっと格好良くなるのか」を考え、そのデザインをフォトショップにて調整しています。

詳細を見る

どうやら新型スバルWRXのデザインが批判の的となっているようだ!「変わってない」「安っぽい」「ホイール小さすぎ」etc. ただしボクが「スバルのデザイナーはよくやった」と考えるワケ

| スバルのデザイナーたちは、制約の多いスバルの中で、長い時間をかけて自分たちの存在意義を示し、ここまで来た | 一方、新サブブランド「ウィルダネス」の評判はすこぶる良いようだ さて、スバルは新型WR

詳細を見る

新型WRX、「北米ではウケそう」としながらも「日本仕様は樹脂パーツをやめて」の声【みんなの声を聞いてみた】

7年ぶりにフルモデルチェンジし、米国にて世界初公開されたスバル新型WRX(ダブルアールエックス)」。国内では特にそのレヴォーグや新型レガシィアウトバックに似たデザインや、搭載される水平対向4気筒2.4リッター直噴ターボエンジンに不満の声が少なくない。今回は、そんな新型WRXのデザインについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

詳細を見る

新型WRX、デザインやスペックに不満の声「これはSTIへの前振りか!?」【みんなの声を聞いてみた】

スバルは2021年9月10日(金)、新型WRX(ダブルアールエックス)」の2022年モデルを米国にて世界初公開した。インプレッサ時代から数え4世代目となる新型では、レヴォーグや新型レガシィアウトバックに似た外観や内装を備え、パワートレインには水平対向4気筒2.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。米国では2022年発売を予定している。ここでは、そんな新型WRXについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

詳細を見る

スバル、新型『WRX』を世界初公開。2.4L水平対向エンジン採用の新世代AWDパフォーマンスカー

 スバルのアメリカ法人、スバル・オブ・アメリカは9月10日、新型『スバルWRX』の米国仕様車を世界初公開した。

詳細を見る

スバル 新型WRX S4はアイサイトX搭載、新型WRX STIは待望のアイサイト採用へ! 日本発売は2022年度内か!

2021年9月10日に北米で発表されたスバル新型WRX(ダブルアールエックス)。レヴォーグや新型レガシィアウトバックに似たエクステリアデザインや内装となるなど、大幅に質感がアップした印象だ。そこで今回は未だ明らかにされていない新型WRXの日本仕様を徹底予想!結論からいえばMTモデルにもアイサイトが装備される見込みだ。

詳細を見る

スバル 新型「WRX(北米仕様)」をアメリカでワールドプレミア【動画】

スバルofアメリカは2021年9月10日、先進的な機能、最新のデザイン、パフォーマンスを備えた2022年型の5代目「WRX」を世界初公開しました。新型WRXは本来8月19日に開幕するニューヨーク国際モーターショーでベールを脱ぐ計画でしたが、新型コロナウイルス感染再拡大のため中止され、スバルofアメリカが改めてワールドプレミアを行なったという経緯があります。

詳細を見る

スバル、新型WRXを世界初公開! 2.4リッター直噴ターボ+新世代プラットフォームに刷新したスポーツ4WDセダン、2022年に発売

スバルは2021年9月10日(金)、米国で新型「WRX(ダブルアールエックス)」2022年モデルを世界初公開した。WRXは、世界ラリー選手線(WRC)参戦で名を馳せた「インプレッサWRX」の流れをくむ4WDスポーツセダン。インプレッサ時代から数え4世代目となる新型では、水平対向4気筒2.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。新世代スバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造ボディと組み合わせた。米国では2022年発売の予定。

詳細を見る

スバル WRX 新型発表「SUV風セダン」デザインに2.4Lターボ、新ATも

スバルオブアメリカは9月10日、スポーツセダンの新型『WRX』を発表した。WRXとして初めてスバルグローバルプラットフォームを採用。6速マニュアルトランスミッション(6MT)に加え、新たなオートマチックトランスミッション(AT)「スバルパフォーマンストランスミッション」を採用するなど、全域で進化した。

詳細を見る

スバルが新型WRXを発表!ボク的には今いちばん「カッコいい」セダン、これで売れなければセダンはもう終わりだと考えていい

スバルが5代目WRXを発表。 新しいプラットフォーム(SGP)を採用し、さらには内外装を一新したフルモデルチェンジとなりますが、シャープでダイナミックなスタイルを持ち、ぼく的には「現行スバルのラインアップでは一番なんじゃないか」と思います。

詳細を見る

スバルが新型WRXを世界初公開。北米仕様は2.4Lターボを搭載し、アグレッシブなデザインに

2021年9月10日(米国現地時間)、スバルは新型「WRX」の米国仕様車を米国で初公開した。日本仕様については、まだアナウンスされていない。

詳細を見る