全柔連パワハラ問題…疑惑の前事務局長が通報窓口だった 当初は管理職3人に疑い

2021-02-26 19:30 74

 全日本柔道連盟(全柔連)の事務局内で、前事務局長が職員に対して威圧的な言動などのパワーハラスメント行為をしていた疑いがある問題で、同局内のハラスメントなどの通報窓口が事務局長自身だったことが26日、明らかになった。山下泰裕会長(63)の判断で、問題が明るみになる前の今年1月1日付で改定され、現在は担当弁護士が通報窓口になっているという。

配信元
デイリースポーツ
同ジャンルのニュース
詳しく記事を読む

【話題】今話題のニュース速報

話題のニュース速報(すべて見る)

見て楽しむニュース

すべて見る

【動画】車・バイクニュース

すべて見る

この記事に関連するニュースまとめ

車・バイクニュース

【速報】車・バイクニュース

すべて見る

【話題】今話題の動画

すべて見る