ソニーが本気で作るEV「VISION-S」の公道走行動画をCES2021で公開。これまでのVISON-Sの軌跡を動画で振り返るVISON-Sまとめ

ブラウザが動画の再生に対応していません。

2021-01-14 07:57 541

ソニーのVISION-Sが公道で走行テストする様子の動画がCES2021で公開。いよいよソニーオリジナルEVの「VISION-S」の実現が本格化、テスラに続きソニーが次世代EV自動車業界で革命できるのか?!

ソニーオリジナルEV「VISION-S」が実用化に向け始動

ソニーが2020年のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で初公開したオリジナルEVコンセプトの「VISION-S」が2020年12月からオーストリアの公道走行テストを開始😉 VISION-Sの開発状況は次のステージに移行しており実際の行動走行テストを繰り返している状況とのこと

最新のVISION-Sが実際に走行する動画がこちら👇



ソニーが「CES2021」に合わせて公開した2分の映像。冬の雪が残るオーストリアの行動テストの様子が収められており、市街地から山林のワインディングまで車両としての完成度が高まっていることをアピール

2021年1月11日から14日まで開催される「CES 2021」は、オンラインで開催。初日に公開したソニーのVISON-Sの映像は、ソニーが初公開した開発中のドローン「Airpeak」による撮影で走行映像としても美しいクオリティで撮影されている

ソニーがEV自動車を作る❓
自動車業界に衝撃が走ったのが昨年のCES2020の事で、初公開された「VISION-S」の完成度が高さもさることながら1年足らずで公道テストするまでに開発が進んでいるようだ
電機メーカーが作るEVカーということもあり、インパネやミラーレスなど随所に最新技術が搭載されている😏
イーロンマスク氏のテスラの評価も上がり、日本も2035年にガソリン車の販売をゼロにするなどEV自動車が今後の自動車の中心になることは間違いない
「VISION-S」についてこれまでわかっている事や公開されている動画から「VISION-S」の魅力についてまとめてみました

ソニーが本気で開発に取り組むEV「VISION-S」の魅力やスペックについてみてみましょう❗️

ソニー「VISION-S」

「VISION-S」

ソニーのEVプラットフォームは、オーストリア・オーバーヴァルタースドルフに本社をもつ自動車製造の「マグナ・シュタイア」を中心に開発

車両に使われるパーツは、大手サプライヤーから調達して作られている

ソニーが得意とするコンセプトとソフトウェアの開発。この「VISION-S」はテスラ同様に自動運転技術の実装が見込まれており、現時点ではレベル2の自動運転に対応しているとのこと(将来的には自動運転レベル4を目指している)

ダッシュボードは全面液晶ディスプレイを搭載したAVシステムが搭載

ソニーの360 Reality Audio(360RA)を搭載し、臨場感たっぷりの音場も演出する

自動運転や運転支援に不可欠なセンサーを40個搭載

サイドミラー、フロント、サイドに搭載されるカメラは18個搭載

レーダー/ウルトラソニックは18個搭載

ソニー「VISION-S」

ソニーの「VISION-S」が実装する自動運転。自動運転レベルとは?

レベル呼び方主体走行領域
0運転自動化なし-
1運転支援限定的
2部分運転自動化限定的
3条件付き運転自動化限定的
4高度運転自動化限定的
5完全運転自動化限定なし

実際の販売時期は未定とのことだが、ソニー「VISION-S」公式サイトは既に出来上がっており、カラーバリエーションやインテリアなども確認ができる



メディアに公開されたソニー「VISION-S」をLoveCarの河口さんが詳細に説明してくれます😉

VISION-S詳細スペック

定格出力:200 kW x 2 (フロント/リア)

加速性能:4.8秒 0-100km/h

最高速度:240km/h

駆動方式:四輪駆動

タイヤサイズ:245/40R21(フロント) 275/35R21(リア)

乗車定員:4名(全席に独立シートスピーカー)

ソニーが本気で作る「VISION-S」の魅力は動画で見て聴くとより伝わる❗️動画で公開されているソニー「VISION-S」の動画をまとめてみました❗️

ソニーのEV車両「VISION-S」の動画まとめ



ソニーの「VISION-S」の開発の様子や、開発にかける想いや状況を開発スタッフのインタビューで答えてくれる



VISION-Sがこだわるインパネ映像。ソニーが作るとこうなるという車のインパネの概念を覆す思考が施されている


ソニーのEV参入からもガソリン車に比べて構造が簡素な分、電機メーカーやソフトウェアメーカーの新規参入も相次いでくるとみられテスラ、ソニーの次にアップルの参入が有力。今後もソニーの「VISION-S」の同行に注目

参照元:

ソニー「VISION-S」

#ev #SONY #vision-s
関連イベント

コメントを書き込む

全角30文字以上4000文字以内

見て楽しむニュース

すべて見る

【動画】車・バイクニュース

すべて見る

【話題】今話題の動画

SNSで1000いいね!以上の話題の動画(すべて見る)

この記事に関連するニュースまとめ

車・バイクニュース

【速報】車・バイクニュース

すべて見る

【話題】今話題の動画

すべて見る