トヨタのル・マン・ハイパーカー、正式発表を前にTGR-Eが複数の画像を公開。注目の車名も判明

トヨタのル・マン・ハイパーカー、正式発表を前にTGR-Eが複数の画像を公開。注目の車名も判明

トヨタのル・マン・ハイパーカー、正式発表を前にTGR-Eが複数の画像を公開。注目の車名も判明

View:155

詳細を見る

トヨタが2021年のル・マン24時間/WEC世界耐久選手権に投入するル・マン・ハイパーカー(LMH)...

【試乗】トヨタ FJクルーザーは、遊び感覚満点の大型SUVだった【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、トヨタ FJクルーザーだ。

詳細を見る

トヨタ MIRAI 新型、航続は3割延びて650kmに…欧州仕様車を発表

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は3月3日、燃料電池車の新型『MIRAI』(ミライ)の欧州仕様車を発表した。

詳細を見る

スペースシャトルを引っ張る馬鹿力! フルサイズピックアップトラックの雄 トヨタ タンドラを写真でチャック

アウトドアブームの高まりと共に、日本でも注目が集まっているピックアップトラック。今回はピックアップトラックの本場である北米で販売され、スペースシャトルとそれを載せたトレーラーを引っ張った逸話を持つトヨタタンドを写真と共にご紹介しよう。

詳細を見る

【トヨタ新型ヤリス】2021年5月マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

トヨタが、コンパクトカー「ヤリス」の改良日本発売を予定しています。 改良により魅力をアップするトヨタ新型ヤリスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

詳細を見る

2台体制で挑むTGR UK、MOTULカラーの2021年仕様『トヨタ・カローラBTCC』の画像を公開

 潤滑油のメジャーブランドとしてグローバル展開するMOTUL(モチュール)と、そのイギリス市場での公式輸入業者および販売業者であるWithamMotorsport(ウィザム・モータースポーツ)は、2021年のBTCCイギリス・ツーリングカー選手権に先立ちトヨタ陣営のSpeedworksMotorsport(スピードワークス・モータースポーツ/SWM)と2年間のタイトルスポンサー契約を締結。今季から2台体制にプログラムを拡大するTOYOTAGAZOORacingUKのトヨタ・カローラBTCCは、新カラーリングで戦うことがアナウンスされた。

詳細を見る

トヨタ、新型コンパクトカーを開発中… GA-B車台採用、アイゴ 後継車か

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は3月3日、欧州Aセグメント向けの新型車を開発していると発表した。「GA-B」プラットフォームを採用した3番目のモデルを生産する、としている。

詳細を見る

【トヨタ MIRAI 新型】高圧水素タンクにナイロン6樹脂を採用、宇部興産と共同開発

トヨタ自動車が発売した燃料電池自動車(FCV)新型『MIRAI』に、トヨタ自動車と宇部興産が共同開発したFCV用高圧水素タンクライナー向けポリアミド(ナイロン)6樹脂「UBENYLON1218IU」が先代モデルに引き続き採用された。

詳細を見る

みんなが驚いたピンク色! 「ピンクラ」ことトヨタ 14代目クラウンを写真でチェック

トヨタ14代目クラウンは独特な稲妻のようなグリルを備えたアスリート、縦に厚みを持たせた大型グリルのロイヤルの2本立てで2012年にデビューした。中でも話題となったのは、新開発のピンク色を採用した特別仕様車「ReBORNPINK」のクラウンだ。鮮やかなピンクの外装だけでなく、テリー伊藤さんがプロデュースしたピンクの内装もおしゃれポイント。今回はピンクで彩られた14代目クラウンを写真と共に振り返る。

詳細を見る

トヨタ GRヤリス、2021ワールドパフォーマンスカー第2次選考に残る…日本車唯一

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2021ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー」の第2次選考5車種を発表した。

詳細を見る

欧州トヨタに新CEO、モビリティ企業への変革を主導…4月1日就任

トヨタモーターヨーロッパ(ToyotaMotorEurope)は3月2日、マット・ハリソン氏が4月1日付けで、社長兼CEOに就任すると発表した。

詳細を見る

トヨタ「Woven Planet債」発行を計画---SDGsに貢献するプロジェクト資金を調達

トヨタ自動車は、SDGs貢献に資するプロジェクトに対する支出を社債発行により調達するため、「WovenPlanet債(ウーブン・プラネット債)」の発行を計画。発行規模は円建社債・外貨建社債あわせて最大5000億円程度を予定している。

詳細を見る

トヨタ ヤリス 新型、欧州カーオブザイヤー2021受賞…初代以来21年ぶり

欧州カーオブザイヤー主催団体は3月1日、「欧州カーオブザイヤー2021」(CarofTheYear2021)を、新型トヨタ『ヤリス』に授与すると発表した。

詳細を見る

トヨタ ヤリスが欧州カー・オブ・ザ・イヤー 2021を受賞。トヨタとしては2005年の2代目プリウス以来の快挙

2021年3月1日、ジュネーブで「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2021」の授賞式が行われ、トヨタのコンパクトカー、ヤリスが栄冠を獲得した。

詳細を見る

次世代のエース、トヨタのロバンペラがWRCで2位入賞。チャンピオンシップに新風【モータースポーツ】

2021年2月26日から28日に行われたWRC第2戦アークティック・ラリー・フィンランドで、次世代のエースと期待されるトヨタのカッレ・ロバンペラが2位に入賞した。パワーステージではトップタイムをマークしてボーナスポイントも獲得し、2020年にWRCのトップクラスに昇格したばかりの20歳の若武者がドライバーズランキングのトップに立った。

詳細を見る

北米で最も売れているトヨタ車、RAV4が「発火の恐れあり」として調査対象に。バッテリー搭載方法/位置に問題の可能性、最大で190万台が影響

この記事のもくじ1 | 自動車はどんな状況においても「確実性」が期待されている |1.1 実際にトラブルが発生した個体も1.2 RAV4は北米で「もっとも売れているトヨタ」1.3 合わせて読みたい、発

詳細を見る

トヨタの勝田貴元、WRCフィンランドで総合6位を獲得

2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦アークティック・ラリー・フィンランドの最終日デイ3が2月28日、フィンランド北部ロヴァニエミの南側エリアで行なわれた。…

詳細を見る

トヨタ、飛沫感染対策セパレータをハイエースに設定…安心安全な移動環境をサポート

トヨタ自動車は、『ハイエース』に「飛沫感染対策セパレータ」を設定し、3月1日より販売店装着の純正用品として販売を開始した。

詳細を見る

WRC第2戦、雪のアークティック・フィンランド、ヒュンダイのタナックがトヨタ勢を圧倒【モータースポーツ】

2021年2月26日〜28日、WRC(世界ラリー選手権)第2戦アークティック・ラリー・フィンランドがフィンランド北部のロバニエミを起点に開催され、ヒュンダイのオィット・タナックが優勝した。2位にはトヨタのカッレ・ロバンペラ、3位にはヒュンダイのティエリー・ヌーヴィルが入った。

詳細を見る

ロバンペラが自己ベスト2位で選手権トップ浮上。トヨタ、WRC第2戦を終え両タイトル首位を維持

 WRC世界ラリー選手権第2戦アークティックは2月28日、競技最終日のSS9~10が行われた。トヨタ・ヤリスWRCでシリーズに参戦しているTOYOTAGAZOORacingWRTは、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組が総合2位表彰台を獲得したほか、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組が総合5位、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(1号車)が総合20位でフィニッシュしている。

詳細を見る

【WRC 第2戦】ヒュンダイのタナクが優勝、トヨタの20歳ロバンペラが2位でポイントトップ浮上…勝田は2戦連続6位

2021年世界ラリー選手権(WRC)の第2戦“アークティック・ラリー”がフィンランドで現地2月26~28日に実施され、ヒュンダイのオット・タナクが優勝を飾った。2位はトヨタの20歳カッレ・ロバンペラで、ポイントリーダーに浮上。日本の勝田貴元は2戦連続6位となっている。

詳細を見る

WRCアークティック・ラリー・フィンランド タナック(ヒュンダイ)が優勝。ロバンペラ(トヨタ)が総合2位フィニッシュ

トヨタGazooRacingのカッレ・ロバンペラが総合2位フィニッシュでランキングトップに。優勝は、第1戦でリタイアしたヒュンダイのタナックが優勝

詳細を見る

国内自動車メーカーが1月の実績を発表!トヨタ以外は軒並み生産が「前年割れ」。しかし生産減少の理由は販売不振よりも半導体不足のほうが大きそう

さて、日本の自動車メーカー各社が1月の実績を公開。 グローバルでの生産状況を見てみるとトヨタが101.9%と前年超えを記録した以外、マツダ、スバル、ホンダ、日産揃って前年割れ。 やはりトヨタの強さが際立った形です。

詳細を見る

開幕戦リタイアのタナクが雪辱。WRC第2戦アークティック、トヨタ最上位はロバンペラ

 2月28日、WRC世界ラリー選手権第2戦アークティックはデイ3のSS9、SS10が行われ、初日からラリーをリードしてきたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)が最後まで首位の座を守り抜き今季初優勝を飾った。

詳細を見る

トヨタの若手ロバンペラが2番手浮上。WRC第2戦最終日は「彼に合ったステージだと思う」とラトバラ

 2月27日、WRC世界ラリー選手権第2戦『アークティック・ラリー・フィンランド』のデイ2が行われ、TOYOTAGAZOORacingWRTはカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2番手、チームメイトのエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が総合5番手につけた。一方、前戦ウイナーのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)はデイリタイアを喫している。

詳細を見る

好調タナクが2日目も首位をキープ。トヨタのオジエは痛恨のデイリタイア/WRC第2戦

 フィンランド北部のロバニエミで開催されているWRC世界ラリー選手権第2戦アークティックは2月27日、デイ2のSS3~8が行われた。6本のSSで争われた競技2日目を終えた時点で、総合首位はオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)。トヨタのカッレ・ロバンペラ(ヤリスWRC)が総合2番手につけている。

詳細を見る

トヨタの車種統合に動き、86 新型登場が遅れる理由は---?

『CARトップ』4月号

詳細を見る

【はたらくクルマ】トヨタの「ハイメディック」は、進化を続ける高機能救急車

おとなも子どもも「はたらくクルマ」が好きな人は、けっこう多い。そこで、日本全国津々浦々で活躍する活躍する「はたらくクルマ」にスポットを当てて紹介してみたい。今回は、トヨタの高機能救急車「ハイメディック」だ。

詳細を見る

【トヨタ ハイエース】アルミホイールの交換で大激変! おすすめホイール10選

仕事車と思われがちなトヨタ『ハイエース』だが、ドレスアップの需要は非常に多い。そのためアフターパーツは著しく膨大な数のドレスアップパーツが用意され、自分好みの一台に仕上げて行くには絶好の車となっている。

詳細を見る

トヨタのロバンペラ「ラインが膨らみ、雪壁に突っ込んでしまった」/WRC第2戦アークティック デイ1後コメント

 2月26日、フィンランド北部のロバニエミでWRC世界ラリー選手権第2戦アークティックが開幕した。競技初日はSS1とSS2が行われ、この両ステージでベストタイムを記録したオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)がデイ1終了時点でトップに立っている。そんなアークティック・ラリー・フィンランドのデイ1を終えた各陣営からドライバーコメントが発表された。

詳細を見る

トヨタ“ホーム”フィンランドでロバンペラが初日3番手。ラトバラ「気象条件が不利に働いてしまった」

 WRC世界ラリー選手権第2戦アークティックの競技初日となった2月26日、デイ1のSS1~2が行われ、トヨタ・ヤリスWRCでシリーズに参戦するTOYOTAGAZOORacingWRTは、カッレ・ロバンペラが総合3番手、チームメイトのエルフィン・エバンスが総合5番手につけた。前戦モンテカルロのウイナーであるセバスチャン・オジエは総合9番手となっている。

詳細を見る