Honda eとN-ONEのレースカーが登場! ホンダアクセスが出展概要を発表【東京オートサロン2021】

Honda eとN-ONEのレースカーが登場! ホンダアクセスが出展概要を発表【東京オートサロン2021】

Honda eとN-ONEのレースカーが登場! ホンダアクセスが出展概要を発表【東京オートサロン2021】

View:122

詳細を見る

ホンダのカスタムパーツなど純正部品を扱う関連会社のホンダアクセスは、オンライン開催される「東京オート...

高級化でも価格据え置き!? ホンダ入魂の新型ヴェゼルは220万円台からか

2021年4月にも発売予定のホンダ新型ヴェゼル。すでに内外装デザインなどが発表され、その見た目から「高級になったから値段も大幅に上がるのでは?」と心配する声も。そこで今回は未だ発表されていない値段やサイズ、さらには使い勝手など、新型ヴェゼルを徹底的に解説!ついでにおすすめグレードも教えます!!

詳細を見る

MotoGPシェイクダウンテストがカタールで実施。クラッチローがヤマハYZR-M1をライド、首位はホンダのブラドル

 3月5日、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットでロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスのシェイクダウンテストが行われた。MotoGPのルーキーやテストライダーなど12名が走行を行い、ステファン・ブラドル(ホンダ・テスト・チーム)がトップタイムを記録した。

詳細を見る

クラッチロー『ホンダの秘密ではなく自分の経験を披露していく』

『クラッチロー:ホンダの秘密ではなく自分の経験を披露していく』 ★3月5日、カタールでモトGPクラスのシェイクダウン(テストライダーおよびルーキー選手のみ参加のテスト)が開催された。 ★カル・クラッチローは2020年末に

詳細を見る

〈MotoGP〉LCR・ホンダが2021年チーム体制を発表【RIDING SPORT】

ライディングスポーツ ドットコム|日本最大級のバイクレースポータルサイト RIDINGSPORT.com 日本最大級のバイクレースポータルサイト。サーキットイベント、バイク用品ショップ、レースニュースなどバイクファン、レースファンのためのポータルサイト。 www.ridingsport.com ※この記事は「ライディングスポーツ ドットコム」で2021年2月24日に公開されたものを転載しております。 LCR・ホンダ・イデミツから中上貴晶、LCR・ホンダ・カストロールからアレックス・マルケスが参戦 LCR・ホンダが2月19日に2021年のチーム体制を発表した。今年はチームにとって創立25周年目の記念すべきシーズン。LCR・ホンダ・イデミツから中上貴晶、LCR・ホンダ・カストロールからアレックス・マルケスが参戦する。 「25年間に渡って我々の活動を支援してくれた全ての人たちに感謝します。...

詳細を見る

〈MotoGP〉LCR・ホンダが2021年チーム体制を発表【RIDING SPORT】

ライディングスポーツ ドットコム|日本最大級のバイクレースポータルサイト RIDINGSPORT.com 日本最大級のバイクレースポータルサイト。サーキットイベント、バイク用品ショップ、レースニュースなどバイクファン、レースファンのためのポータルサイト。 www.ridingsport.com ※この記事は「ライディングスポーツ ドットコム」で2021年2月24日に公開されたものを転載しております。 LCR・ホンダ・イデミツから中上貴晶、LCR・ホンダ・カストロールからアレックス・マルケスが参戦 LCR・ホンダが2月19日に2021年のチーム体制を発表した。今年はチームにとって創立25周年目の記念すべきシーズン。LCR・ホンダ・イデミツから中上貴晶、LCR・ホンダ・カストロールからアレックス・マルケスが参戦する。 「25年間に渡って我々の活動を支援してくれた全ての人たちに感謝します。...

詳細を見る

ホンダ「X-ADV」がフルモデルチェンジ! 新型はライディングモードを搭載、最高出力もアップ【2021速報】

2021年3月5日、ホンダが新型「X-ADV」の国内仕様車を正式に発表した。発売日・価格・スペックも明らかに!

詳細を見る

ホンダ「X-ADV」がフルモデルチェンジ! 新型はライディングモードを搭載、最高出力もアップ【2021速報】

2021年3月5日、ホンダが新型「X-ADV」の国内仕様車を正式に発表した。発売日・価格・スペックも明らかに!

詳細を見る

ホンダ、個性派クロスオーバー『X-ADV』をフルモデルチェンジ…パワーと利便性向上

ホンダは、大型クロスオーバーモデル『X-ADV』をフルモデルチェンジし、3月25日より販売を開始する。

詳細を見る

【ホンダ】初のフルモデルチェンジ! 大型クロスオーバーモデル「X-ADV」が3/25発売

ホンダは大型クロスオーバーモデル「X-ADV(132万円/税10%込み)」をフルモデルチェンジし、2021年3月25日(木)より全国のホンダドリーム店で発売する。

詳細を見る

【ホンダ レジェンド 新型】境界を超えたホンダセンシング エリート…自動運転中に何ができる? 何をしてくれる?

ホンダは3月4日、国土交通省よりレベル3の「自動運行装置」として初めて型式認定を受けた「HondaSENSINGElite(ホンダセンシング・エリート)」搭載の新型『レジェンド』を発表した。レベル3の「自動運行装置」についてどういったものなのかを解説したい。

詳細を見る

ホンダアクセス、2021年Modulo SUPER GT参戦マシンのカラーリングを公開

ホンダアクセスは3月4日、SUPERGTGT500クラスに参戦する「モデューロナカジマレーシング」のマシンカラーリングを公開した。

詳細を見る

ホンダ「ジャイロキャノピー」【1分で読める 2021年に新車で購入可能なバイク紹介】

ホンダ「GYRO CANOPY」 税込価格:57万900円 3輪ビジネススクターの定番であるジャイロXをベースに、フロントマスク一体でワイパーまで備えた大型スクリーンとルーフを装備し、雨や風からライダーを保護することを可能とした全天候モデル。 3輪ならではの安定性、積載性に優れた耐候性がプラスされることで、ジャイロX以上にさまざまな用途へ活用されている。 エンジン形式:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒 総排気量:49cc ボア×ストローク:NA 圧縮比:12.0:1 最高出力:4.6PS/7500rpm 最大トルク:0.45kg-m/7000rpm 燃料供給方式:PGMーFI 燃料タンク容量:5.9L キャスター角:NA トレール量:NA 変速機形式:Vベルト無段変速 ブレーキ前・後:ドラム・ドラム タイヤサイズ:100/100-12・130/70-8 ホンダが電動三輪バイク「ジ...

詳細を見る

ホンダ「ジャイロキャノピー」【1分で読める 2021年に新車で購入可能なバイク紹介】

ホンダ「GYRO CANOPY」 税込価格:57万900円 3輪ビジネススクターの定番であるジャイロXをベースに、フロントマスク一体でワイパーまで備えた大型スクリーンとルーフを装備し、雨や風からライダーを保護することを可能とした全天候モデル。 3輪ならではの安定性、積載性に優れた耐候性がプラスされることで、ジャイロX以上にさまざまな用途へ活用されている。 エンジン形式:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒 総排気量:49cc ボア×ストローク:NA 圧縮比:12.0:1 最高出力:4.6PS/7500rpm 最大トルク:0.45kg-m/7000rpm 燃料供給方式:PGMーFI 燃料タンク容量:5.9L キャスター角:NA トレール量:NA 変速機形式:Vベルト無段変速 ブレーキ前・後:ドラム・ドラム タイヤサイズ:100/100-12・130/70-8 ホンダが電動三輪バイク「ジ...

詳細を見る

【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本部長「事故ゼロ社会の実現に向けた大きな一歩」

ホンダは『ホンダセンシングエリート』と名付けた自動運転レベル3の機能を備えた先進安全技術を旗艦モデル『レジェンド』に搭載し、3月5日から100台限定でリース販売を開始すると発表した。価格は1100万円。

詳細を見る

【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本本部長「レベル3でブランドの先進性を訴求」…リースのみで価格は1100万円

ホンダは3月4日、フラッグシップセダンの新型『レジェンド』に「レベル3」の条件付き自動運転車に適合した技術を搭載し、5日に発売すると発表した。

詳細を見る

アルファタウリ・ホンダとDAZNがパートナーシップを締結。角田裕毅がDAZNアンバサダーに

 3月4日、各種スポーツが楽しめる動画配信サービス『DAZN』は、F1世界選手権に参戦するスクーデリア・アルファタウリ・ホンダとオフィシャルパートナーシップを締結し、2021年にチームに所属する日本人ドライバーの角田裕毅がDAZNアンバサダーに就任すると発表した。

詳細を見る

【ホンダ レジェンド 新型】優雅さを引き立てる純正アクセサリー発売 ホンダアクセス

ホンダアクセスは、新型『レジェンド』の発売にあわせ、純正アクセサリーを同車発売と同日の3月5日に全国のホンダカーズにて発売する。

詳細を見る

ホンダ 新型レジェンドに世界初の自動運転レベル3を搭載! 価格は1100万円

自動運転社会の実現は遠い未来のモノと考えられていたが、ホンダが大快挙を果たした。そう、新型レジェンドに世界初となる自動運転レベル3を搭載し、高速道路などにおいてクルマ自らが運転してくれる、夢にまでみた自動運転カーを2021年3月5日に発売するのだ。1100万円(税込)と少々高いが、一体これまでの先進技術とは何が違うのだろうか?スゴすぎる実力をご紹介する。ちなみにシステム作動中はスマホの操作やモニターで映画などの映像コンテンツも楽しめるとあって、今までのとはかなり違います!

詳細を見る

【ホンダ レジェンド 新型】レベル3自動運転の意義・意味---Honda SENSING Eliteとは?

かねてよりアナウンスされていたレベル3自動運転機能「HondaSENSINGElite」を搭載した新型ホンダ『レジェンド』が5日より発売される。どんな機能なのか、どんな運転が可能なのかを解説する。

詳細を見る

【ホンダ レジェンド 新型】初の自動運転レベル3…合言葉は「世界をあっと驚かそう」

ホンダは3月4日、改良したフラッグシップセダンの新型『レジェンド』を5日に発売すると発表した。高速道路での渋滞時に搭載システムが運転操作する「レベル3」の自動運転技術を、世界で初めて実用化した。

詳細を見る

ホンダe とマツダ MX-30、2021ワールドカーデザインオブザイヤーにノミネート

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2021ワールドカーデザインオブザイヤー」のノミネート5車種を発表した。

詳細を見る

ホンダレブル1100DCT乗ってみました!丸山浩速攻インプレ!

丸山浩さんがホンダレブル1100DCTをインプレッション。MOTOR STATION TV女子アナ陣によるインプレッション、引き回しもあります。車重のあるレブル1100DCTですが、重心が低いため、苦にならない!こりゃあ売れるな。

詳細を見る

ホンダが新型レジェンドに自動運転レベル3の技術を導入し発売。限定的にアイズオフが可能に

2021年3月4日、ホンダ(本田技研工業)はレベル3の自動運転が可能な先進安全技術「HONDA SENSING ELITE(ホンダセンシング エリート)」を搭載したレジェンドを3月5日に発売すると発表した。

詳細を見る

2021ワールドアーバンカーにフィット、ホンダe、ヤリスが残る…第2次選考5車種

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2021ワールドアーバンカーオブザイヤー」の第2次選考5車種を発表した。

詳細を見る

ホンダ「ベンリィ」「ベンリィ プロ」【1分で読める 2021年に新車で購入可能なバイク紹介】

ホンダ「BENLY」「BENLY PRO」 税込価格:24万2000円 / 25万3000円(PRO) 経済性、信頼性に優れる水冷eSPエンジンを搭載した、ビジネス用途向け50ccスクーター。2017年モデルから平成28年度排ガス規制に適合を果たし、最大積載量を30 kgとした。 バリエーションモデルとして用意される「PRO」は、大型のフロントバスケットとリアキャリアを装備して、大幅に積載性を向上させた配送業務特化モデルだ。 エンジン形式:水冷4ストロークOHC2バルブ単気筒 総排気量:49cc ボア×ストローク:39.5×40.3mm 圧縮比:12.0:1 最高出力:4.4PS/7750rpm 最大トルク:0.43kg-m/6000rpm 燃料供給方式:PGM-FI 燃料タンク容量:10L キャスター角:NA トレール量:NA 変速機形式:Vベルト無段変速 ブレーキ前・後:ドラム・...

詳細を見る

ホンダ「ベンリィ」「ベンリィ プロ」【1分で読める 2021年に新車で購入可能なバイク紹介】

ホンダ「BENLY」「BENLY PRO」 税込価格:24万2000円 / 25万3000円(PRO) 経済性、信頼性に優れる水冷eSPエンジンを搭載した、ビジネス用途向け50ccスクーター。2017年モデルから平成28年度排ガス規制に適合を果たし、最大積載量を30 kgとした。 バリエーションモデルとして用意される「PRO」は、大型のフロントバスケットとリアキャリアを装備して、大幅に積載性を向上させた配送業務特化モデルだ。 エンジン形式:水冷4ストロークOHC2バルブ単気筒 総排気量:49cc ボア×ストローク:39.5×40.3mm 圧縮比:12.0:1 最高出力:4.4PS/7750rpm 最大トルク:0.43kg-m/6000rpm 燃料供給方式:PGM-FI 燃料タンク容量:10L キャスター角:NA トレール量:NA 変速機形式:Vベルト無段変速 ブレーキ前・後:ドラム・...

詳細を見る

ホンダ、ヤマハ、KTM、ピアッジオが、電動バイク用の交換式バッテリーのコンソーシアム(共同事業体)を設立!! はたして、どのような未来が訪れることになるのでしょう・・・?

先日、日本のホンダとヤマハ、そしてオーストリアのKTMグループとイタリアのピアッジオグループが、電動バイクなどに使う交換式バッテリーのコンソーシアムを設立することが報道されました。この電動バイクの普及を加速させることになるであろう試み・・・今後どのような展開を見せることになるのか、注目です!

詳細を見る

日本ブランド3車種、2021ワールドカーオブザイヤー第2次選考に残る…ホンダe、MX-30、ヤリス

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月2日、「2021ワールドカーオブザイヤー」の第2次選考10車種を発表した。

詳細を見る

ホンダe、最高のシティカーに選出…2021英国カーオブザイヤー

ホンダの欧州部門は3月1日、EVの『ホンダe』(Hondae)が「2021英国カーオブザイヤー」の「シティカーオブザイヤー」を受賞した、と発表した。

詳細を見る

誰もが作れるカスタムをめざしたホンダ N-VANカスタム3rd Place VAN…デザイナー[インタビュー]

ホンダは東京オートサロン2021に出展予定だった『N-VANカスタム「3rdPlaceVAN」』を一部報道陣に公開した。アメリカンテイストを纏ったこのモデルについてデザイナーにその思いを語ってもらった。

詳細を見る