クレア・ウイリアムズがF1チーム売却を振り返る「スタッフの雇用を保障するため、チーム存続が最優先だった」

クレア・ウイリアムズがF1チーム売却を振り返る「スタッフの雇用を保障するため、チーム存続が最優先だった」

クレア・ウイリアムズがF1チーム売却を振り返る「スタッフの雇用を保障するため、チーム存続が最優先だった」

View:121

詳細を見る

クレア・ウイリアムズは、2020年のウイリアムズ・レーシング売却について、決断した理由のひとつは、経...

ウイリアムズ2021年型F1『FW43B』:かつての名車にインスパイアされたカラーリングに。新たなスポンサーロゴも加わる予定

 ウイリアムズ・レーシングは3月5日、2021年型F1マシン『FW43B』をオンラインで初公開した。

詳細を見る

【FW43B】ウイリアムズF1が2021年型マシン「FW43B」を初公開!動画で見るFW43B

2020年のF1シーズンでは最下位。復活を目指すウィリアムズF1が2021年の新型マシン「FW43B」を初お披露目

詳細を見る

世界アンチドーピング機構がハースF1のカラーリングに関して調査に入った模様

F1情報通より 世界アンチドーピング機構がハースF1のカラーリングに関して調査に入った模様 のページ

詳細を見る

ウイリアムズF1が2021年型マシン『FW43B』をアンベイル。ランキング最下位からの脱出を目指す

 3月5日(金)、ウイリアムズ・レーシングは、2021年型マシン『FW43B』を発表した。チームは2021年もジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィを起用することを決定しており、コンストラクターズ選手権最下位からの脱出を目指す。

詳細を見る

【F1新車発表】ウィリアムズが2021年型マシン「FW43B」を発表、様子が変わった

F1情報通より 【F1新車発表】ウィリアムズが2021年型マシン「FW43B」を発表、様子が変わった のページ

詳細を見る

F1ポルトガルGPが2021年の第3戦(5月2日決勝)として開催決定

F1情報通より F1ポルトガルGPが2021年の第3戦(5月2日決勝)として開催決定 のページ

詳細を見る

F1、開催地未定の第3戦をポルトガルで開催。ポルティマオで2年連続のグランプリが決定

 3月5日(金)、F1は2021年シーズンの第3戦として『ハイネケン・F1ポルトガルGP』をポルティマオのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催すると発表した。

詳細を見る

F1開幕戦バーレーンGPのチケット販売を開始。ワクチン接種など条件付きで観客を動員へ

 バーレーン・インターナショナル・サーキットは、2021年シーズンのF1開幕戦バーレーンGPに向けて、チケットの販売を開始した。ただし購入には条件が設けられており、専用のアプリを使って条件を満たしていることを証明する必要があるという。

詳細を見る

ゲッティイメージズ、F1とオフィシャルフォトエージェンシー契約締結

ゲッティイメージズは、F1とのオフィシャルフォトエージェンシー契約を締結したと発表した。

詳細を見る

F1の表彰式でFERRARI(イタリア)のスパークリングワインが使われることになった模様

F1情報通より F1の表彰式でFERRARI(イタリア)のスパークリングワインが使われることになった模様 のページ

詳細を見る

アストンマーティンF1代表、ベッテルの要望に耳を傾け「最高の調子を取り戻せるようにする」と主張

 アストンマーティンF1のチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、今年はチームがセバスチャン・ベッテルの“要望やニーズ”のすべてに耳を傾け、4度の世界チャンピオンである彼からベストな力を引き出すようにすると述べている。

詳細を見る

ウイリアムズF1、エイトケンとのリザーブドライバー契約を延長

 ウイリアムズF1チームは、ジャック・エイトケンが2021年もチームの公式リザーブドライバーを務めることを、3月4日に発表した。

詳細を見る

F1、表彰式での祝杯にフェッラーリ・トレントのスパークリングワインを使用。2021年からの3年契約を締結

 F1は2021年シーズンを前に、公式スパークリングワインとしてフェッラーリ・トレントと3年にわたる契約を結んだ。これによりフェッラーリ・トレントのスパークリングワインが、表彰式やF1のパドッククラブなどで使用される。

詳細を見る

ハースF1シュタイナー組長「マシンのカラーリングを思い付いたのはロシア国旗禁止発表よりも前」

F1情報通より ハースF1シュタイナー組長「マシンのカラーリングを思い付いたのはロシア国旗禁止発表よりも前」 のページ

詳細を見る

【2021年F1新車技術解説】アルファタウリAT02:ダウンフォースを取り戻す工夫とフロント部の改良

 2021年F1プレシーズンテストが近づくなか、各チームのニューマシンが次々に発表され、シェイクダウンが行われている。F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが、アルファタウリの2021年型マシン『AT02』の分析を行った。

詳細を見る

F1デビューのミック・シューマッハー「この名前をF1に再びもたらせることは大きな誇り」注目によるプレッシャーは否定

 2021年にハースF1チームからF1デビューを果たすミック・シューマッハーが、『シューマッハー』の名前をF1に再びもたらすことができ、とても誇りに思うと語った。ミックは7度のF1チャンピオン、ミハエル・シューマッハーの息子だ。

詳細を見る

ベッテルがピンクの新ヘルメットで登場。ストロールと共にアストンマーティンF1『AMR21』のシェイクダウンを実施

 アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1チームは、3月4日、2021年型マシン『AMR21』のシェイクダウンを行った。ファクトリー近くのイギリス・シルバーストンでフィルミングデー走行を実施、レギュラードライバーのセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールが新車のステアリングを握った。

詳細を見る

メルセデスのトト・ウォルフ、DTMの成功例を挙げてF1のスプリントレース試験実施を支持

F1情報通より メルセデスのトト・ウォルフ、DTMの成功例を挙げてF1のスプリントレース試験実施を支持 のページ

詳細を見る

『バイク擬人化菌書』TF125 話「しぶとく強かに」 作:鈴木秀吉

「バイク擬人化菌書」全6巻発売!

詳細を見る

ハースF1 2021年型マシン「VF-21」のカラーリングを発表!スポンサーのロシアカラーに一新

ロシアカラーに一新したハース「VF-21」と思いきや、発表されたのはマシンのカラーリングのみ。2021年型「VF-21」の発表は12日

詳細を見る

生産わずか64台、北米に正規輸入されたマクラーレンF1はわずか7台。その1/7の個体が中古市場に登場し、価格はASKなるも20億円は下らない?

さて、わずか64台のみしか生産されなかったマクラーレンF1。 そのうちアメリカに輸入されたのはわずか7台と言われますが、今回その7台のうち1台が中古市場へと登場しています。 近年の相場を考慮するに、その価格は20億円をくだらないと考えられます。

詳細を見る

『バイク擬人化菌書』TF125 話「しぶとく強かに」 作:鈴木秀吉

「バイク擬人化菌書」全6巻発売!

詳細を見る

ロシアカラーに一新のハースF1にシューマッハーのスポンサーも加入。2021年型『VF-21』の発表は12日、直前に初始動か

 ハースF1チームが3月4日、世界最大級のカリ肥料の製造および輸出業者であるロシアのウラルカリ社とタイトルパートナー契約を結んだことを発表、それに伴って一新された2021年型マシン『VF-21』のカラーリングを披露した。

詳細を見る

ハースF1、2021年型マシン『VF-21』のカラーリングを発表。ウラルカリがタイトルスポンサーに就任

 3月4日(木)、ハースF1チームは、2021年シーズンを戦う新しいマシン『VF-21』のカラーリングをオンラインで公開した。また世界最大の化学肥料企業のひとつである『ウラルカリ』と複数年契約を締結し、同社がチームのタイトルスポンサーに就任したことも明らかになった。これにより、チーム名は『ウラルカリ・ハースF1チーム』となる。

詳細を見る

ボッタス、2021年は悲願のF1タイトル獲得に向け「かつてないほどに自分を追い込んでいる」

 バルテリ・ボッタスは、過去4年間にメルセデスのナンバー2ドライバーの座に安住しすぎたのではないかという批判を一蹴し、2017年初めにメルセデスに加入して以来彼を4年連続で打ち負かしてきたルイス・ハミルトンと戦うために、2021年シーズンは全力を尽くすと明言した。

詳細を見る

【F1新車発表】ハースが2021年型マシン「VF-21」を発表~そしてロシアンチームへ~

F1情報通より 【F1新車発表】ハースが2021年型マシン「VF-21」を発表~そしてロシアンチームへ~ のページ

詳細を見る

オンリーワンのミニモト・CRF125Fをもっと楽しくする

レディースライダーやエンデューロ初心者、そして上級者でもより逆境を求める一部のライダーに大人気のHONDA CRF125F。セル、キック併設のため安心感もあり、YAMAHAのTT-R125が販売終了となっている今、クローズドでのオフロードデビューには唯一無二の一台となっています。そんなCRF125Fをもっと楽しみたい方、スプロケットの選択肢が増えました。

詳細を見る

F1エンジンのサウンドに対するこだわりみたいなものはいずれなくなってしまうのかもしれんな

F1情報通より F1エンジンのサウンドに対するこだわりみたいなものはいずれなくなってしまうのかもしれんな のページ

詳細を見る

アルピーヌF1のオコンが2021年型『A521』のシェイクダウンを実施「好感触。笑顔で一日を終えることができた」

 アルピーヌF1チームは、2021年新体制およびニューマシン発表会の翌日、2021年型『A521』のシェイクダウンを行った。

詳細を見る

メルセデスAMG GT 4ドアクーペに「Eパフォーマンス」、F1譲りの電動化技術搭載へ…プロトタイプの写真

メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMGは3月2日、メルセデスAMG『GT4ドアクーペ』シリーズの新モデルに、新たな電動化技術「Eパフォーマンス」を搭載すると発表した。

詳細を見る