MotoGP バレンシアGP

ポル・エスパルガロ『目標は中上&ホンダを倒すこと!』2020バレンシアGP

MotoGP バレンシアGP

View:138

詳細を見る

『ポル・エスパルガロ:目標は中上&ホンダを倒すこと!』 ★現在、総合順位は以下のとおりで、6位までがタイトル争いに加わっている。 首位ミール(162ポイント、スズキ) 2位クアルタラロー(125ポイント、ヤマハ) 3位リ

【ホンダ ヴェゼル 新型】電気と機械によるハイブリッド方式で高い走破性を実現した4WD

新型『ヴェゼル』の4WDシステムはエンジン部からの出力をプロペラシャフトでリアアクスルに伝える方式を採用している。一般的な4WDシステムといえるが、近年は前後に独立したモーターを搭載するHV、PHEV、EVが増えており、新型車においては、プロペラシャフトが存在する4WDの方がむしろ珍しい。

詳細を見る

ホンダ新型「モンキー125」の詳細がタイで発表された! 新型グロムと同じエンジン&5速ミッションを搭載【2021速報】

2021年3月にタイで先行公開された新型「モンキー125」に関する続報! タイ仕様車の特徴やスペックが明らかになった。

詳細を見る

【ホンダ ヴェゼル 新型】アーバンとカジュアル、2つのスタイルを提案 ホンダアクセス

ホンダアクセスは、フルモデルチェンジした『ヴェゼル』の発売にあわせ、純正アクセサリーを4月23日より全国のホンダカーズにて発売する。

詳細を見る

ホンダ 新型ヴェゼルはガチで買い! その理由はもっと使いやすくなった車内とコネクテッド機能にあり

世界的なSUVブームの立役者であるヴェゼルの新型モデルがいよいよデビューした。初代ヴェゼルが大ヒットとなった最大の理由は超広い車内、そして使い勝手バツグンのシートアレンジ、さらにはそのデザインにあった。新型ヴェゼルは先代モデルで好評だったそれらに加え、コネクテッド機能やハイブリッドシステムを強化するなど、これまたバカ売れしそうな内容なのだ。一体新型ヴェゼルはどんな仕上がりなのか!?これ素直に買いです。

詳細を見る

デザイン一新の新型『ホンダ・ヴェゼル』4月23日発売。HRD Sakuraの風洞で空力を検証

 4月22日、ホンダはフルモデルチェンジを行ったコンパクトSUV、新型『VEZEL(ヴェゼル)』を4月23日(金)に発売するとアナウンスした。

詳細を見る

タイヤ選択に振り回されたイモラ。角田は「様々な状況でのドライブに習熟しつつある」/ホンダ本橋CEインタビュー

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP、走り慣れたイモラ・サーキットでの好結果が期待されたアルファタウリ・ホンダだったが、ピエール・ガスリー7位、角田裕毅12位という結果に終わった。ガスリーが2戦連続5番グリッドを獲得するなど、マシンパッケージの戦闘力は間違いなくマクラーレン、フェラーリと肩を並べる。なのにその速さが、なかなか結果に繋がってくれない。

詳細を見る

【ホンダ ヴェゼル 新型】事前受注1万7000台…うち9割以上がハイブリッドモデル

ホンダの安部典明常務執行役員日本本部長は4月23日に発売する新型『ヴェゼル』の事前受注が1万7000台に達し、そのうちの9割以上がハイブリッドモデルであることを明らかにした。

詳細を見る

【ホンダ ヴェゼル 新型】自動地図更新を初採用、アプリも追加…Honda CONNECTの潜在力

新型『ヴェゼル』に搭載されるHondaCONNECT(ホンダコネクト)の機能は、自動地図更新サービス、スマートフォンがキーになるデジタルキー、車内Wi-Fi機能、アプリセンターだ。自動地図更新サービスはホンダ初搭載。アプリセンターは、アプリが追加され使い勝手が良くなっている。

詳細を見る

ホンダ 新型ヴェゼル発売、価格は227万9200円! 注目はフィット以上の安全装備と広い車内にあった

ホンダは2021年4月22日(木)、コンパクトSUVの新型ヴェゼルを発表した。発売は翌4月23日(金)からスタートする。価格は227万9200円から329万8900円まで(消費税込)。2代目となる新型ヴェゼルは2月18日(木)に世界初披露を果たし、既に内外装デザインなどは先行公開済み。今回ようやく正式な国内デビューとなり、新たに販売価格などが明らかになった。2013年12月の初代デビューからおよそ7年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型ヴェゼル。その概要について速報でお届けする。

詳細を見る

【ホンダ ヴェゼル 新型】進化したパワートレインと足回り、乗り心地や静粛性を向上

4月23日から販売開始となる新型ホンダ『ヴェゼル』は「AMPUPYOURLIFE」をグランドコンセプトとし、新しい価値観を持つ世代に生活の質を向上させるクルマとして設計された。そのため、コンパクトカーからプレミアムカーまでで激戦区と言われるSUV市場の中で、馬力や燃費、ラゲッジスペースだけではない機能や細部にこだわっている。

詳細を見る

【ホンダ ヴェゼル 新型】「e:HEV」搭載など、7年ぶりのフルモデルチェンジ…価格は227万9200円より

ホンダは、クロスオーバーSUV『ヴェゼル』を7年ぶりにフルモデルチェンジし、4月23日より販売を開始する。価格は227万9200円から329万8900円。

詳細を見る

ホンダ「GB350」の特徴・注目ポイントを解説! GB350の発売日は2021年4月22日(木)

2021年の話題のニューモデルといえば、ホンダ「GB350」だろう。いよいよ4月22日に発売! この記事ではあらためて特徴を紹介する。

詳細を見る

バーチャル出展だったカスタムモデル、実車を公開中…ホンダ フィット や N-VAN

カスタムモデルの展示と合わせてDIYで仕立てたカフェやワクワクする世界観を楽しめる企画展「HondaHondaHondaDoItTogether!」がホンダウエルカムプラザ青山(東京都)で開催中だ。カスタムモデルはバーチャルオートサロン2021出展車両で、実車での公開は初となる。

詳細を見る

ランドローバー ディフェンダー、2021ワールドカーデザイン賞に… ホンダe とマツダ MX-30 を抑える

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月20日、「2021ワールドカーデザインオブザイヤー」を、ランドローバー『ディフェンダー』新型に授与すると発表した。

詳細を見る

ホンダの小型EV『ホンダe』、2021ワールドアーバンカーオブザイヤー受賞

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月20日、「2021ワールドアーバンカーオブザイヤー」をホンダの新型EV、『ホンダe』に授与すると発表した。

詳細を見る

【初代ヴェゼル人気オプション】ホンダ 初代ヴェゼルで人気だった純正オプション7選

2013年に登場以来、世界的に大人気を博しているホンダヴェゼル。まもなく新型ヴェゼルの販売がスタートする見込みだが、今回は初代モデルで好調だった7つのディーラーオプションをご紹介!ただでさえデザイン性もハンパないヴェゼルだったが、意外にも個性を主張するようなエクステリアパーツが売れていたという。さっそく具体的に見ていこう。

詳細を見る

「ホンダ ヴェゼル 新型が店ごとやってきた」試乗イベント開催 佐渡島と浜松で

ホンダは、発売前の新型『ヴェゼル』を店ごと届ける試乗イベント「VEZELe:HEVYOURPOPUPSTOREキャンペーン」を佐渡島および浜松市で実施。当日の模様を記録したスペシャルムービーを公式YouTubeチャンネルで公開した。

詳細を見る

VWの新型EV『ID.4』、2021ワールドカーオブザイヤー受賞… ヤリス と ホンダe を抑える

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月20日、「2021ワールドカーオブザイヤー」をフォルクスワーゲンの新型SUV、『ID.4』に授与すると発表した。

詳細を見る

【忘れがたき銘車たち】NSXとターボ、苦難の船出。ホンダNSX GT1

 モータースポーツの「歴史」に焦点を当てる老舗レース雑誌『Racingon』と、モータースポーツの「今」を切り取るオートスポーツweb。両者がコラボしてお届けするweb版『Racingon』がスタートしました。 web版『Racingon』では、記憶に残る数々の名レーシングカー、ドライバーなどを紹介していきます。第4回のテーマは、ル・マン総合優勝を狙い開発されたホンダNSXGT1です。

詳細を見る

ホンダ「ゴールドウイング DCT」インプレ(2020年型) 年式によって仕上がりは変わるものなのか?【伊藤真一のロングラン研究所】

伊藤真一さんがゴールドウイング(2020年型)をインプレッション! 実はこのモデル、登場時にも試乗しているんですよね。なぜ2回目の試乗をしたのか? それには深い理由があるそうで……。語り:伊藤真一/まとめ:宮﨑健太郎/写真:松川 忍/モデル:大関さおり

詳細を見る

ホンダ、ドライビングシミュレーターを大幅改良…プッシュスタートボタンなど最新装備採用

ホンダは、運転免許教習所などで活用されている安全運転教育用「ドライビングシミュレーター」をマイナーモデルチェンジ、最新車両装備の採用やソフトウエア設定項目の追加など、機能を充実させて4月20日より発売した。

詳細を見る

ホンダ 新型ヴェゼルに電気自動車モデルがあった! 上海モーターショーで発表されたクルマが完全にヴェゼルだった

まもなくデビューするホンダ新型ヴェゼルはガソリンとハイブリッドモデルをラインアップ。とここまでは現行モデルと同じ。だが、2021年4月19日に開幕した上海モーターショーに新型ヴェゼルにそっくりなEV(電気自動車)モデルが発表された。まだコンセプトモデルではあるものの、こりゃ完全にヴェゼル!ってほど瓜二つ。一体どんなモデルなのか!?

詳細を見る

【ホンダ フィット 800km試乗】トールワゴン人気を跳ね除ける実力はあるか

ホンダのBセグメントサブコンパクト『フィット』で800km弱ツーリングする機会があったので、インプレッションをリポートする。

詳細を見る

ホンダが上海にて「Honda SUV e:prototype」公開!見た感じはヴェゼルのEV版、HondaブランドのEVを象徴する第1弾に(Honda eはどうなる・・・)

ホンダが上海モーターショーにて未来の電動クロスオーバー、「Honda SUV e:prototype(ホンダ エスユーブイ イープロトタイプ)」を公開。 今回は「コンセプト」と銘打つものの、実際に2022年春には市販されると紹介されています。

詳細を見る

「マックスとルイスの戦いが続くのだと実感した」今季初優勝は、これまでと違う1勝に/ホンダF1山本MDインタビュー

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースは、3番手からスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今シーズン初優勝を飾った。レース直後にインタビューに応じたホンダF1の山本雅史マネージングディレクターは、フェルスタッペンの巧みな走りが光るレースだったと振り返り、また12位に終わった角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)について「いい勉強になったのではないか」と語った。

詳細を見る

ホンダF1田辺TDレース後会見:開幕2戦目の優勝は「開発陣も現場も高いモチベーションを保てるポジティブな結果」

 突然の大雨、目まぐるしく変わる路面コンディションのなか、F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がスタートで首位を奪い、そのまま逃げ切った。1991年のアイルトン・セナ以来30年ぶりのホンダドライバーの勝利に、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは「ホンダ最終年の序盤のレースで勝てた」と率直な喜びを表明した。

詳細を見る

M.マルケス、518日ぶりの完走でホンダ最上位&ポイント獲得「感情が爆発した。すばらしい気分」/MotoGP第3戦ポルトガルGP決勝

 4月18日、2021年MotoGP第3戦ポルトガルGPMotoGPクラスの決勝がポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は7位入賞を果たした。

詳細を見る

ガスリー7位「皆とは違う戦略で大きく後退。次は車の能力を結果につなげたい」アルファタウリ・ホンダ/F1第2戦

 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7位を獲得した。

詳細を見る

レッドブル・ホンダ密着:難しい路面でミスを最小限に抑えたフェルスタッペン。課題のスタートも車体とPUの協力で克服

 スタートの約1時間前に雨が降り出したイモラ・サーキット。2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPは、ピットガレージを出て、ダミーグリッドに着くためのレコノサンスラップからコースオフするマシンが出るほど、難しいコンディションだった。

詳細を見る

ペレス11位「ミスを繰り返した自分にがっかり。タイヤをうまく使えなかった」レッドブル・ホンダ/F1第2戦

 2021年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは11位だった。

詳細を見る